翌日である。
朝礼終了後だ。
洋一は課長から呼ばれた。
嫌な汗が流れるのを洋一は感じていた。心当たりはある。

「お前、昨日順位確認システムを他のパソコンにインストールしただろう。」
「してません。」

なんでそんなことが分かるのか。

「わかるんだよ。わかるようになってるんだよ!」

なんで分かるんだろうか・・・。

「インストールしたパソコンを見せろ!今すぐ案内しろ!」
「いえ、だから私はやってません。」
「何っ?しらばっくれても無駄だ。あのCDにはなあ、1枚1枚にIDが振ってあるんだ。
お前が持ち出したCDのIDがお客とは別のパソコンから送信されているんだよ。だから、間違いないんだ。」

洋一は観念した。

アパートに課長を案内した。
車の中ではまるで死刑を執行される人のような気持ちで、気まずさに耐えながらひたすら沈黙していた。
アパートに着いてパソコンを起動した。
例のソフトがインストールされているのはすぐに分かった。

「このパソコンは没収。あと、CDをコピーしたものはどこにある?」

洋一はパソコンデスクの引き出しからCDを取り出し、パソコンにセットした。
同じセットアップの画面が出ることを確認して課長は、

「もう他にコピーはないか?」
「ありません。」
「そうか。」
「じゃあ、あとはこれだ。」


誓約書

私は無断で会社のソフトウェアを持ち出し、コピーをしたこと相違はございません。
よって、就業規則に定める罰則に従い、金100万円を当書面の日付から3ヶ月以内に支払うことを誓約いたします。


洋一は判を押してサインをした。

「お前、クビね。もう会社来なくていいから。100万円は親やサラ金から借りるとかして払いな。」

課長はパソコンを回収し帰っていったが、その後も洋一は青ざめたまま体を震わせていた。
その日は珍しく23時過ぎに好子は帰ってきた。
きっと早めに切り上げて来たのだろう。