書評 渡辺隆広著「ネットショップSEO2014」


久しぶりにSEOの書評である。

kindleの電子本である。
紙の本だとすると91ページ相当ということで、ボリュームも小さく挿絵などもなく、でも818円という強気の値段設定。
でもこの本は絶対に買いである。

ネットショップSEOと書いてあるが

  1. CMSを導入するサイト
  2. ニュースサイトなど多くのコンテンツを保有するサイト
  3. CGM的な要素があるサイト
  4. 大量の情報を扱うサイト

上記のようなサイトを運営しているWebマスターは必読である。

また、

  1. CGMサイトを構築するシステムエンジニア
  2. Webディレクター
  3. Webコンサルタント

といった職業の方にも役に立つだろう。

またSEO担当者やSEOコンサルタントも読むべきである。というか必読といって差し支えないと思う。
渡辺氏ぐらいのレベルのコンサルタントであれば、必要ないのかもしれないがほとんどの人にとっては多くの気づきがあるはずだ。
少なくとも私は至らない点が多いので、この本には多くの学びを得たのである。

最低限のSEOの知識があればわかるよう平易に書いてあるのだが、深い含蓄が込められている。
(とは言え機動戦士ガンダムのたとえは難しくてよく分かりませんでした。すいません・・・)
サラッと書かれている一文の中に込められた過去の経験に想いを致す。
そこに至るまでに試行した数々の試みなどが脈打って伝わってくるようだ。

kindleにブックマークをしながら読んだら、たったの91ページしかない本なのに、ブックマークだらけになった。

この本は書かれている情報の質に比較してとても安いと断言する。
これだけの知見をごく短い時間とわずかな金額で手に入れることができるのは素晴らしいことだ。

私として最も印象深く役立った一節を引用してみる。

過去のコンテンツをアーカイブしておきたい(2013 年のクリスマス用コンテンツを「/xmas2013/」、2014 年のクリスマス用コンテンツを「/xmas2014/」に格納する)ケースでは、たとえば、当年(2013年)のクリスマス商戦ページは「/xmas/」にしておきます。
そして、翌年( 2014 年)のクリスマスを迎える前には、まず「/xmas/」にある 2013 年分のコンテンツを「/xmas2013/」フォルダへ移動し、そして「/xmas/」には 2014 年分のクリスマス用のコンテンツを格納する、というふうにします。
以降は同様に、2015 年になったら 2014 年分は「/xmas2014/」、2015 年は「/xmas2015/」……といった具合に、つねに最新の年のコンテンツが「/xmas/」に入るようにすれば良いのです。

各々URLにはリンクといった資産があるため、変えずに同一にするべきだが、毎年変わるようなページはどうすればいいか?といった話である。
これは言われてみればごくごく当たり前なのだが、SEOの知識で無理やり考えようとするとわけが分からなくなる例だ。URLが変わったらリダイレクトしなきゃ…って考えるとわけがわからなくなる。

2013 年のクリスマス用コンテンツを「/xmas/」から「/xmas2013/」に格納し、「/xmas/」には2014年のコンテンツを用意する場合に、商戦が始まる半年ぐらい前から「/xmas/」から「/xmas2013/」リダイレクトさせてやるようにして、クリスマス商戦が始まったら「/xmas/」には改めて新しいコンテンツを作り、リダイレクトを解除する????

表層的なSEOにとらわれて考えるとこんなややこしいことを考え始める。
運用として不自然で手間がかかるし、SEO的な観点で考えてもこれまた駄目だ。

※以下は蛇足で、どうでもよい話なので読まないこと推奨である。

なぜSEO的な観点で駄目かというと、本来最も評価を高めなければならない今年の商戦の/xmas/というURLの評価は上がりにくくなる。最終的にはリダイレクトを解除しても、/xmas/というURLにリンクの価値が即座にわたることはなく、また相当部分が失われてしまう可能性もある。
で、昨年のページに対して張られていたリンクであるが、その昨年の内容だから張られていたとしても、結局最終的にリダイレクトも解除されてしまうので、そのコンテンツそのものに対するリンクは残すことができない。
結局、この方法はSEO的にもデメリットしかない。これなら最初から/xmas2013/というURLで公開した方が遥かにましである。

脱線が長くなった。

検索エンジンに対して新しいURLに評価を渡してやることに極端にとらわれる必要はないってことだ。
渡辺氏の書いている解決策は自然で、ごく普通に考えればこうなるという当然の帰結である。

この例をはじめとしてごく普通にごく自然にごくシンプルに考えることが最も正しいことを教えてくれる。
正しい考え方によって、ユーザービリティもSEOも両立させられることが分かる。

この本は知識を身に着けるというよりも、正しい考え方を学ぶ本だと言える。

またWebサイトは作って終わりではなく、普通は作ったところからがスタートだ。拡張、更新が命である。
通常SEOは静的な状態においてどうなすのが正しいのかという視点で語られることが多い。
どのように運用していくべきか?についても含蓄のある示唆が数多く含まれている。


分量も少なくさらっと読めるので是非一読されたい。

簡単に読める本は一見馬鹿にされがちだが、難しいことをわかりやすく簡単に表現することは並大抵ではできない。
血肉にするほど深い理解がなければできないことである。このようなものを書けるのはやはり業界の第一人者だからだろう。

タグ

2014/06/23 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:superficial

ペナルティでなくても検索順位が大きく下がってしまう原因


順位が大きく下がった場合にはペナルティではないか?
と焦るかもしれない。というか焦る人がほとんどだろう。

しかし、ペナルティとは限らないということを今回は書いておきたいのだ。

※ペナルティという言葉が一般的に使われる状況は実際はあいまいで、二つの意味を含んでいる。
ネガティブな要因によってアルゴリズムによる順位計算の結果大きく順位が下がる場合と、スパムを発見されたことによってオペレーターが手動で順位を下げる「マニュアルアクション」の2種類がある。
詳しくはSEO Japanの記事Google、手動ペナルティをほぼ100%ウェブマスターへ報告をご覧ください。
今回はネガティブな要因によって順位が大きく下がる現象、前述の2つをひっくるめてペナルティということにする。

何故にこのようなお題で書いてみたくなったのかというと、ペナルティではないのに順位が落ちた際に、ペナルティかと思っていじくって逆にまずいことになってしまっているサイトを数多く見てきたからである。

ペナルティでもないのに、ナチュラルリンクも否認してしまったり、サイト構造をユーザービリティやSEO的な観点において改悪してしまったりといったことがよく見られる。
このようなことを防ぐための考慮点についてまとめてみたのだ。

1.クローラーが巡回できなくなっている

これは意外に多い。
レンタルサーバーがスパムに対応するために海外からのアクセスを遮断した結果、Googleのクローラーも弾いてしまっているケースだ。このような場合はGoogleウェブマスターツールで確認できる。
クロールエラーの使い方(Googleウェブマスターツール)という非常に分かりやすく、役立つ良記事がnanapiにあるのでご確認いただきたい。
脱線するのだが、最初この記事を見たときは、

「なんでこんなすごい記事がnanapiにあるのだろう?」

と思ったら、記事の最後を見たら辻正浩氏が書いているとあり「さもありなん」と思った次第だ。
ちなみにこの記事であるが、ソフト404の解説は必見である。

2.一時的に下がっただけ

本当に何も原因がなくても一時的に下がる場合がある。
何も修正しなくても1か月ぐらいしてヒョッコリ順位が戻ったりするようなケースもあるので、スパムにあたるようなことをやっておらず、クローラーが正常に回ってこられているのであれば、とりあえずは静観するのが吉であることが多い。

3.同一ドメインの他のページがある

無料ブログなどを使っているとよく生じる問題である。

同一ドメインで検索上位に表示されるのはたいてい1ページのみである。
そのため同一ドメインで(サブドメインが別でもこの問題は生じる)別のページが自分のページの順位を追い抜くと、自分のページは圏外に飛ぶことが多い。
これはごく普通に見られることでやむを得ないことである。

私としては同一ドメインであったとしても、別の人が管理しているブログであればこのような制限に引っかかるのはGoogleのアルゴリズムが間違っていると思っているのだが、現実はそうなのだから仕方がない。

対応策としては独自ドメインに移転するしかない。

4.ほぼ同一のコンテンツが他のサイトにある

原則的に同一のコンテンツについては検索結果上位に2ページ以上表示されない。
代表的なページのみが上位表示されて、あとは表示されなかったり検索順位が著しく下になる。
代表的(とGoogleがみなす)なページと、自分のページの評価が非常に近くても順位は大きく隔たってしまう。

2ちゃんねるのまとめ系サイトを運営しているWebマスターが順位が下がったと言って、Googleに怒りをぶつけているといったケースを見たことがある。
Googleはそもそもその種のサイトを評価しないと最初から明言しているのだから、その種のサイトを作ってGoogleが評価しない怒るのはお門違いなのだ。

アフィリエイトをやるのならまとめサイトではない他の手法を選んでもいいはずだ。
それにもかかわらず、わざわざGoogleが評価しないと言っているまとめサイトをやるのであれば、Google以外から集客を考えるべきなのだ。

5.コンテンツに価値がない

そもそもコンテンツに価値がないケースである。
コンテンツにさほど有用性がなくても順位が上昇する場合もなくはない。

しかし、アルゴリズムの進歩や順位の再計算によってこのようなコンテンツはいずれ順位が下がる。
順位が下がったのは、

あるべき順位に落ち着いた

ということなのだ。
今までの順位のあたりの周辺のサイトと自サイトを冷静に見比べてみて、価値が相応だと思えるかどうかを一度考えてみるのはよいことである。
今の順位が不当に低いと思えば腹が立ったり困惑したりするだろうが、もともとが良すぎだったと思えば納得できるはずだ。これから上げていけばいいと腹をくくるか、あるいはこんなもんで相応だと納得すればいいのだ。


なんにせよ、ペナルティ以外の要因によって検索順位が大きく下がることがあるということを覚えておくのがよい。
これらとペナルティを峻別するため一番大切なことは「気持ちを落ち着けて冷静になる」ことであると最後に述べておくのである。

タグ

2014/06/16 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:superficial

SEO人同士の関係について少々語ってみることにする


今回はものすごく小ネタである。
SEO人同士の人間関係について感じる種々のどうでもいいことについて語ってみたい。
何の役にも立たないので、興味がなければ時間の無駄なのでスルーを推奨である。

私はSEOをやっている人と話すのが大好きである。
まあ、それ以外の人と話すのも好きなんだが、SEO人と話すのは特に好きだ。
SEOを学び始めてから誰からも教わったことはないし、今後も多分そんなことはないだろう。

SEOは多くの人にとって苦悩の歴史であると思う。
順位が上がらないとか、壊滅的に下がったりとか、検索経由のアクセスが徐々に下がっていってついにはほぼゼロになったりとか・・・。自らの境遇をのろったり、悲嘆にくれたり・・・。まあそんな感じである。

そして苦しい時も誰も助けてくれない。

自分の周辺にいて、相談に乗ってくれる人がいればどれほど楽なことか。
たいていの人は誰かにSEOを教わりたかったはずである。
私なんかも、その昔SEOを始めたばかりの頃はSEOがうまくいっているサイトの構成などを真似していろいろやってみて、でも全然うまくいかず、

「なんでうまくいかないのじゃ!」

と地団太を踏んだことが幾度となくある。
今では真似てもうまくいかない理由っていうのは何となくわかる(全部がわかるとは言わないが)のだが、当時はわからなかった。

実は今でもSEOでわからないことはないわけではない。
っていうかわからないことの方がずっと多いって言ってもよい。
今でも悩むことは多々ある。
辻氏ぐらいのレベルに達することができれば悩まないのかもしれないが、その境地に達することは未来永劫無理そうなので、SEOをやめない限り悩みからは解放される日は来なさそうだ。

たいていは周辺に悩みを解決してくれる人がいないのが普通だろう。
SEOの専業の会社でもSEOを深く知っているコンサルタントは大勢いないだろうし。

SEOをやっている人と話をしてみたくなる。悩みを解決したいっていうのはあるのだが、

「ああ、それ・・・、むつかしいですよね」

って語り合うことがきっと救いなのだと思う。
同じ問題にぶつかって、苦闘しているいわば同士みたいな人たちと話をすることは慰めにもなるし、新たな勇気をもらうことでもある。

私は若いころ昔の文学作品を読んだ時に、この偉大な文学者も同じ問題に悩んでいたのか?ということを知って大いに感動したのである。悩んでいるのは自分だけではない、と知った時に時空を超えた過去の偉人と心がつながった気がしたものだ。解決策がそこになくてもいいのである。

SEOはこれに似ているって思う。
解決不能、あるいは解決困難な問題が多々あり、世界中のいたるところでSEO人がぶつかっている。
ある意味同じ悩みを持った同士のようなものだと思うのである。

これらの人々は古典の文学書と違って、今を生きていて時間を共有しているし、アルゴリズムの変化があったりすれば、

「あああ、それそれ!」

みたいな当事者としての意識を共有しているので、観客ではなく同一のフィールドでプレーしているプレーヤーみたいなある種の連帯感がある。

SEO業者はそれぞれが競合他社だと言えるのに、仲がよかったりするのはその辺に原因があるのではないか?と私は思っているのだがどう思われるだろうか?

でもSEO人には大きく分けて2つのグループというか、派閥のようなものがある。
この2つのグループは決して交わらない。

ホワイトハットとブラックハットではない。

SEOをやってきて力がある人でブラックハットに手を染めなかった人はまずいない。
だからホワイトハットかブラックハットか?はあまり大きな対立軸にならない。

ホワイトハットのSEOを推奨している人でも、実際に会って話をしてみるとブラックハットの話も大好きだったりとかするのがなかなか面白い。
まあ、今はブラックハットをやっていない、あるいはブラックハットはもうメインではやっていないってケースが多い。

では2つのグループは何かというと、Googleを究極において信用しているかいないかだ。

自分でブラックハットをやっていても、Googleを信じているグループはサテライトサイトは登録しなくても、重要なサイトはウェブマスターツールやGoogle Analyticsを導入している。
Googleを信じないグループはこれらを導入しないことを推奨している。

ここまで書けば、ある程度SEOをやってきた人であれば、どのSEO人はどっちのグループに属すのがわかるだろう。

この2つのグループ間には驚くほど交流がない。

2つのグループはPR戦略、ブランディング戦略にも大きな違いがあり、くっきりと別れる。

誰がどっちなの?どうPR戦略が違うの?それぞれのグループにおける力関係は?みたいなことを書くのは週刊誌的なネタとしては面白く、バズるのかもしれないが、止めておくことにするのである。
なんで止めておくのかというと、まあ、そこは大人の事情ってことで宜しいでしょうか?

タグ

2014/06/02 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:superficial

SEOコンサルティングの営業と契約はどうあるべきか


今回はSEO業者やコンサルタント向けの記事である。
しかしながら、クライアントにも読んでもらいたい記事でもある。

ホワイトハットSEOのコンサルティングをする場合の重要なポイントだ。

被リンクゴリゴリの外部施策しか提供しないのであれば、別に考える必要はない。
提供する内容が契約前にクライアントにわかったとしても、クライアント自身で実施できないからだ。

ところがホワイトハットSEOというものは誰でもできる。
誰でもとまで言うと語弊があるが、Webサイトのコーディングができる人であれば誰でもできる。
もし、コンサルティング契約前に、

「このような点を改善します」

ということをすべて明かしてしまうと、場合によってはすべて終わりになってしまう。
SEOのコンサルタントができて、Webサイトの制作業者にできないサイト改善は何か?それは、

どのようすればSEOの観点から正しい実装になるか

であり、現時点のWebサイトと理想のあり方のギャップがどこにあり、どうすれば理想に近づけられるかの判断である。
これができるからSEOのコンサルタントは飯が食える。

昔の話なのだが、売上高1兆円をはるかに超える大手企業からSEOの提案が欲しいと言われたことがある。
発注することはほぼ確定だから、できるだけ具体的に改善ポイントをまとめて欲しいという要望だった。
なので、時間をかけてサイトを分析して、レポートをまとめたのだが、

「この内容でしたら、自社のコーダーでできますね」

って言われて結局分析しただけ丸損だった。
後日その会社のサイトを見てみたら、私がまとめた内容に基づいてサイトの改善がされていたという腹立たしい経験である。
自分自身が甘かったのが悪いと言わざるを得ないのだが、ではどうするのが正解だったのだろうか?

1.企画段階で準委任契約をまず締結すること

準委任契約とは、成果を明示しない契約と考えればいい。
弁護士に依頼する場合は報酬を払うが、勝訴を確約するものではない。
この種の依頼をする契約が準委任契約だ。

システム開発などの場合では、設計のフェーズではまず準委任契約を締結しておき、設計がきちんと固まってどれくらいの作業量になるかが確定したら、請負契約に切り替えるといった契約形態が正しいとされている。

ところが、SEOのコンサルティングにおいては準委任契約しか普通はあり得ないし、準委任契約を契約する以前をどうするか?なので、こういうわけには普通はいかない。

2.秘密保持契約で縛りをかける

秘密保持契約(NDA:Non-disclosure agreement)は正式契約前に交わすことが多いので、提案を許可なく流用してはいけないという文面を入れて牽制するって方法はある。しかし、これも確実なものではない。

基本的にはSEO施策を無断でやられてしまった場合、盗用であることを立証することは非常に困難で、裁判に訴えるとしても費用がかかるため厳しい。
(本当に裁判は金がかかる。スラップ訴訟という言葉があるが、資金力がある企業側が個人や中小企業を恫喝するために、自らの非を顧みず嫌がらせ訴訟を起こすことである。個人は負担に耐えかねてたいていギブアップしてしまう。結局は金がないと戦えないのである)
しかし、相手が大手であれば、マスコミのネタになることを恐れることもあるだろうし、秘密保持契約でとりあえず守っておくという選択肢は無効とも言えない。

3.結果のみを提示する

Aという改善を行えばBという効果が得られる。
という内容をすべて提案書に入れるのではなく、Bの部分のみを明示する方法である。
まあ、当たり前っていえば当たり前だ。
典型的なのが、情報商材のセールスレターである。

こんなにいいですよ。
って書いておきながら、核心部分は完全にぼかしてある。
本当にBという効果が得られるのかどうか怪しいのが多くの情報商材だ。

情報商材はそれでも信じて買う人だけ買う。

SEOのコンサルティングもこれと同じでいいと思う。

私を信じるのか?信じないのか?

である。
内部施策は一つ一つの施策は効果があるかどうかが確約できるものではない。
積み重ねて初めて成果が出るが、どの施策が実を結んだのかはわからないかもしれない。
あるいは最初は全く成果が出ないかもしれない。
それでも信じてくれるか?である。

それでも信じてくれるクライアントだけが契約してくれればいいと割り切ってしまうのも良い方法であると思う。

4.一部だけ具体案を提示する

確実に効果がありそうな一部の施策についてのみ営業段階で指摘し、効果が検証できたら契約するという方法である。
基本的なSEOの考慮が全くできていないところなどには有効な方法である。
これができれば3.の信頼ができるので、その後スムーズに進めることができるだろう。
理想の一つであるが、いつでも有効とも限らないので万能の営業手法でもない。

5.契約前には一切何もやらない

「提案には最も金が要る。」これを納得してくれるクライアントとだけ付き合う。

最もいい方法である。

信頼にたるといかに思わせるか?3.よりも更に難しいが、最高無上の方法である。
これができるようにするにはどうするか?

ブランド力を高めるしかないのである。

厳しい道のりだが、日々積み上げていくしかないだろう。


最後にクライアント側の方に向けて一言書いておきたい。

ブランド力には本物と偽物がある。
一見ブランドっぽいものにもたくさんフェイクがあるのがSEO業界だ。
それを正しく見極めるのはどうすればいいかについて書いておこう。

真に自信のある人は自分を大きく見せようとしないことに留意してほしい。
SEOの世界における第一人者の多くにお会いしたことがあるが、皆すべて謙虚である。
彼らは自分を飾る必要がない。

虚勢を張っている感じがあればそのブランドは偽物であると疑ってかかったほうがよいだろう。

タグ

2014/03/03 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:superficial

アフィリエイトは何故嫌われてしまうのか?


私自身はアフィリエイトを否定するものでは決してない。
むしろSEOを勉強する過程において、アフィリエイトを学ぶことから得られる実践的な知見は大きい。
だからむしろ推奨したいと考えているのである。
SEOだけでは、そこからコンバージョンに至る大部分の過程を学ぶことができない。ところが、アフィリエイトをやることで自分でなんらビジネスを所有していなくても、コンバージョンに至るかなりの過程を実践で学べる。だから、アフィリエイトそのものを推奨したいのだ。

さて、今回の話は、私がアフィリエイトを嫌っているのではなく、

何故世間の人々の多くがアフィリエイトを嫌ってしまうのか?

ということを論じているというわけであるので、誤解のないようあらかじめ申し上げておきたい。

さて、アフィリエイトにはこのような大きなメリットがある。

  • 広告主
    コンバージョンが発生して初めて費用を支払うことができるため、広告の費用対効果が明確である。
  • アフィリエイター
    自分で在庫負担などの金銭的な負担なしで、様々な商品やサービスを売って(紹介して)利益を得られる。

さて、少々話は外れるのだが、近江商人の話をしてみたい。
商才に優れていたと言われる近江(滋賀県)出身の商売人は近江商人と呼ばれた。
成功した近江商人はがめつく商売をすることを嫌い、真っ正直に商売をすることで消費者から信頼を得て成功したと言われている。

近江商人は様々な商売哲学を残したが、その中で最も有名な哲学を体現した言葉が

「三方良し」

である。

・売り手
・買い手
・商売に関わる社会の人々

が全て満足する商売が良い商売であるというのである。
私もこの考え方に賛成である。
これを正しいビジネスのありかたと私は定義している。

アフィリエイトは広告主・アフィリエイター共にリスクの少ないビジネス、販促手法である。
アフィリエイトはWinWinのビジネスモデルであると言われるゆえんだ。

しかし、広告主・アフィリエイターともに売り手側である。

買い手、およびそれに関わる社会の人々にとってもよいのか?

と考えてみるとどうだろう?

まず買い手にとってのメリットとは何か?
消費者自身が気がついていなかった商品やサービスに対する発見を与えることである。

知らないモノを知ったことによって購入の選択肢が増えた。
あるいは、あるモノを買うつもりだったのだが、それとは別のモノの長所を知ったことでよりよい選択をすることができた。
といった場合だ。

商品を提供する売り手自身が気がついていない、消費者視点からみたメリットの紹介。
様々なメーカーを横断した比較といった切り口。

これらはアフィリエイターなればこそできる切り口と言えるだろう。
価格.comなども広告収入で成り立っているわけで、アフィリエイトとも言える。この種のアフィリエイトビジネスは消費者の利益の著しい向上につながっている。

最後にそれに関わる社会の人々についてどう影響があるか?

様々な影響があるが、サーバー業者といった産業の売上が増えたりするといった周辺産業への波及効果があるであろう。

さて、こう書くとアフィリエイトには何も批判される理由はないように見える。
しかし、実際のところアフィリエイトのメリットの本質は、

売り手とアフィリエイターがWinWinであることである。
そこに消費者やその他の人々に対する利益という観点が考慮されていないことが多いのだ。
一言で言うと売る側の都合だけしか考えられず、結果として誰かに害をなすということである。

その結果こういうことがおきる。

1.公平性が考慮されない

アフィリエイトで何かの比較サイトを作る場合を考えてみよう。
商品A、B、Cがあったとして、実際はAが最も価格が安く品質も良かったとする。
その次に良いのがBで、Cは値段も高く品質も悪いとする。

ところが、商品Aにはアフィリエイト広告がなく、Bには広告があるものの広告単価が低い、Cは広告単価が高いとする。

こんな場合、多くのアフィリエイターはCを最も高い評価を与え、Bは相対的に低く評価し、Aは紹介しない。
本来は消費者に対してはAを紹介するべきなのだが、アフィリエイトというビジネスの構造上そういうことにはなりにくい。

消費者の判断を歪める原因になりやすいのである。

2.ステルスマーケティングの温床になりやすい

アフィリエイターの目的は自分が広告するものを買ってもらうことである。
なるべく不利な情報は書きたくない。
まあ、それだけならいい。
嘘八百が並ぶことが多い。

そもそも、ほとんどのアフィリエイターは商品についての知識など一切持ち合わせずに適当に書いている。
数万円もするようなものをいちいち買って評価するなんてことは普通はやれない。
数万円どころの話ではなく、数百円のものだって買うことは稀だろう。

知識を持たずに、売りたいがためにデタラメ、嘘八百の誇大広告を書いた記事は有害以外の何ものでもない。

この手の記事が増えると、逆に売り手にとっても悪い影響が出る時がある。

あまりにもあからさまなステルスマーケティングの記事が増えると、企業姿勢を疑われる可能性が出てくる。
一般消費者はアフィリエイトというビジネスモデルを知らない。
企業が組織ぐるみでステルスマーケティングをやっているって思われたりもする。

だからブランドイメージを大切にする企業はアフィリエイト広告という販促手法を取らないことが多い。

売り手にとっても、買い手にとってもこの種のステルスマーケティングは嫌われるのだ。

3.二次情報が氾濫する

前述のとおり、多くのアフィリエイターは自分でその商品なりサービスなりを実際に使ってみることなく、誰かが書いた情報を元にリライトしたり甚だしきはそのまま丸写ししてコンテンツを作る。
これは何ら新たな価値をネットの中にもたらしていない。
それのみならず膨大な二次情報を生み出すことで、本来必要な一次情報を埋もれさせてしまう。

何かについて調べた時に、アフィリエイトサイトばかりが検索結果に表示された場合のガッカリ感はかなりなものである。
何故そんなにがっかりするのか?
それは、

「そこに自分が欲しいナマの情報があると思えない」
「どうせ似たようなことしか書いていない」

と思えるからである。

4.詐欺が多い

特に情報商材である。
情報商材のアフィリエイトは単価が高いため、かなりメジャーなアフィリエイトの分野の一つであるが、インチキな情報が氾濫している。
このインチキな情報をまき散らしているのがアフィリエイトだ。
アフィリエイトがもし存在しなければ、大多数の人はその種の詐欺的な情報商材を目にすることはないだろう。

またアフィリエイト自体が情報商材のネタとして使われていて、

「何もしなくても、毎日5万円入金される驚異のアフィリエイト」

みたいないかがわしいキャッチコピーで流布している。
見るからに怪しい。この手のキャッチコピーにひっかかるまともな人はまずいない。
ギャンブルのような射幸心をあおる詐欺、それがアフィリエイトであるという図式が多くの人の頭にある。

また、この種の詐欺はアフィリエイターが被害者になる。
射幸心を煽る悪のアフィリエイターが、情報弱者のアフィリエイターをカモにするのだ。
カモにしようという気持ちが溢れまくっているので、アフィリエイトイコールいかがわしいというイメージになるのだ。

5.楽をして稼げるという誤解がある

「何もしなくても、毎日5万円入金される驚異のアフィリエイト」
といったこの手のフレーズがいまだになくならないのは、それがある一定確率で信用されているからだ。
いくらこんなフレーズで引っ掛けようにも引っかかる人がいるというのは、それを信じる人がいるからである。

人は他人が羨ましい生き物だ。
毎日働いていても大して給料をもらえるわけでもない。
それ故に、働きもせずにいい暮らしができるなんてけしからん(実際は羨ましい気持ちの裏返し)!

という気持ちを持っている人がいるわけだ。
実際のところ、アフィリエイトって何もせずに稼げるわけでもないので誤解なのだが、その種の誤解を生み出す表現を日々アフィリエイターが生み出しているのでいつまでたってもなくならない。

6.スパムの温床である

アフィリエイターの多くは、手間をかけずに儲けたいと考えている。
また、ブランドイメージを損なうなんてことを考える必要がない。
だから、スパムに走ることが多い。

検索エンジンスパムは、検索ユーザーの利便性を損なう。
人工リンクを中心としたSEOをゴリゴリやるこで、上位に表示させようとするウェブマスターが多くなると検索エンジンは機能しなくなる。
この検索エンジンの機能不全に大きく一役かっているのがアフィリエイトだ。

上位表示させるためには手段を選ばない。
最悪ペナルティを食らっても、ドメイン移転すればいいやぁみたいな戦略は企業は取り得ない。
企業と異なりいくらでも検索結果を汚染するようなサイトを作ることができる。

またメルマガアフィリエイトみたいなものは、スパムメールの温床になる。
スパムメールはインターネットのトラフィックの多くを占めており、ネットワークの負荷の大きな原因になっている。

7.社会通念上許容しがたい商材を扱う

出会い系などはこの最たるものだ。
「女子高生と出会える」みたいなこんな反社会的な広告を作ったりするのはアフィリエイターである。
いくら出会い系サイトを運営していたとしても、業者自身はそのような広告を作ったりはできないから(本音のところは売上が取れれば万々歳)事実上アフィリエイターを黙認する。


アフィリエイトが嫌われてしまう原因を書いてきた。

私は色々書いてきたが、アフィリエイト自体が悪だと言うつもりはまったくない。
アフィリエイトというビジネスは消費者を軽視しがちになりやすい性質を持っているってことを論じてみただけである。

実際に自分が扱う商品なりサービスをきちんと研究して、分析をし独自の視点からユニークな記事を書いているアフィリエイターも多い。
それは結局のところ消費者の利益にもつながり支持を得られるし、最終的にはそれで稼いでいるアフィリエイターもいる。

消費者視点でのコンテンツを作るアフィリエイターが増えて欲しい。アフィリエイターの社会的認知は向上するだろう。
元々の売る側が気が付かなかった視点での記事を作ることは誰にとってもプラスになる、三方良しのビジネスであるはずなのだ。

さて、最後に付け加えておくと、世の中キレイ事じゃないってそんなことぐらい私だってわかっている。でも、

「キレイ事じゃないんだよ!」

って居直るってことは悪だと思われることを肯定していることに他ならないと思うのだ。
嫌われるのが嫌である、あるいは誤解であると思うならば、消費者の視点からアフィリエイトのビジネスを展開して欲しいと切に願う次第である。

タグ

2014/01/27 | コメント/トラックバック(7) |

カテゴリー:superficial

SEO世界を根底から揺るがす新アルコリズムを勝手に予想してみる


今回のテーマであるが、Googleにこれから導入されると私が思うアルコリズムを予想してみた。
まあ、あくまでも予想だが案外実現する可能性は低くはないという気はしている。

1.アフィリエイトタグを元に
 同一のWebマスターのサイトを紐付けるようになる

現時点でも技術的には実装は可能だろうが、冤罪が発生する可能性が大変高いためあえて実装していない、あるいは実験中かもしれない。

アフィリエイトタグを手がかりにして同一管理者のWebサイトを特定する。
あるサイトがペナルティを受けた場合に、ネガティブ評価の一つのシグナルとして使う。
このことだけで他のサイトがいきなりペナルティを受けるというわけではなく、他のネガティブな要素と組み合わさったらペナルティが発動するといった使い方になるだろう。

なぜ冤罪が発生するのかというと、例えば、
他人のブログのコメント欄や掲示板にアフィリエイトタグを貼る。
無料ブログなどでは自分が貼っていないアフィリエイトタグが自動的に貼られる。
といったことが起こるからだ。
でもこのような問題があるが、技術的にはクリアできそうな感じもするし、ペナルティ発動の小さなシグナルとして使うのであれば問題なさそうな気がする。

2.まとめの自動作成

現在NAVERまとめといったキュレーション系のサービスが大流行である。
確かにこれらのサービスは便利である。
その大きな原因は検索エンジンの機能がまだ足りないことにある。

現在の検索エンジンは一つのページを探すという目的のために作られている。
しかし、これでは用が足りないことが多い。

日本近海で採れるカニの種類を調べたいとする。

このような調べ事をしたい場合は、検索エンジン単体ではまったくもって無理である。
そのような知識をまとめたページを検索エンジンを使って探すことになる。

このようなことをネットで調べたいといったケースは大変多いため、NAVERまとめといったサービスには需要がある。

また現在の検索エンジンで最も不便だと思う点の改善にもつながる。
検索上位は同じような情報のページが占めてしまい、必要な情報が探せないことがある。
もし、類似情報を全て一つにまとめてくれれば、ページを数多く送って探す必要がなくなるかもしれない。

私のイメージとしてはこんなインターフェースである。
「日本近海で採れるカニ」
と検索すると、

日本近海で採れる蟹のSERPsから未来の検索を占う

こんな感じで表示される。むちゃくちゃ便利じゃないだろうか?
目的の情報へのアクセスのしやすさからいずれはこのようなまとめをGoogleが自動的につくるようになるのではないか?

と私は思ったりしている。
実際に現在でも下記のようなカルーセルと呼ばれる検索結果が導入されているので、まとめ機能をGoogleが実装する日は遠くないと思う。

「高倉健が出演した映画」と検索すると、こんな検索結果が出現する。

高倉健が出演した映画
※クリックすると拡大します。

3.範囲指定の導入

例えばショッピングといった分野では金額から検索することができる。
「液晶テレビ」とショッピング検索すれば、価格で絞り込むことができる。

これがもっと拡大されるのではないか?
と私は思っている。
現時点においては、ウェブマスターがタグ付けすることによってGoogleは金額などを見出している。
しかし、いずれはそんなことをせずとも文脈解析・図形認識などによって、

「この数字は横幅だろう」
「これは製品の色だろう」

といったことがいずれは自動的にわかるようになると思う。
そうすると、自分は木目調の家具で部屋をコーディネートしていたとする。
そんな場合に隙間に入る丁度いいサイズの木目調の家具とかを探せるようになる。

現在はこのようなインターフェースはECサイトなどにもないので、一気にGoogleはECサイトの実装すべき機能を先取りして実装しちゃうかもしれない。
そんな気がちょっとしている。

4.ランキング表示機能

「日本の高い山 順番」

と検索すると、富士山、北岳、奥穂高岳・・・といったように順番に表示されるって機能はできそうな気がする。

「日本 高い山」

と検索すると、検索2位に注目いただきたい。

なんとなくそんな感じである。
これを拡張したら多分イケるだろう。

5.文章のオリジナリティを解析する

私は今日のブログでは実はこれが一番書きたかったことである。
現時点においてコンテンツの価値を計る重要な要素は今でもリンクである。

リンクは比較的容易にスパマーから操作されてしまう欠点がある。
しかし、リンクを評価から外すことはあり得ない。Google登場前のスパムサイトのオンパレードの検索結果に逆戻りするだろう。
リンクに替わる評価基準はないだろうか?

私は一つあると思っている。
リンクを評価基準から外すのではなく、別の大きな評価基準を作るのである。

それは、一次情報がどれだけ存在するか?

である。
AはBである。
という関連性をコンテンツを解析して大量に抜き出す。
その関係性が初めて記述されたページをオリジナルとして認識して、一次情報とする。
このアルコリズムを実現することは非常に難しいが、原理的には不可能ではない。

現在の検索エンジンは基本的には共起語の有無によってしかコンテンツの内容の良否を判断できない。
ところがこのアルコリズムの導入によって、コンテンツの内容の正否と一次情報が判別できるようになる。

「タラバガニキャンディー」はタラバガニのキチン質の甲羅を使って作られた、新時代の健康志向のキャンディーである。
という文章が、田村製菓という小さい町の洋菓子店のホームページにあったとする。

タラバガニキャンディーはキャンディーだ。
タラバガニキャンディーはタラバガニによって作られている。
タラバガニキャンディーはキチン質が含まれる。
タラバガニキャンディーは健康に役立つ。

ますは田村製菓のホームページから上記のような関連性を見い出す。
この時点ではまだ評価としては未定だ。
正しいか?どれだけ評価すべきかわからないからだ。タラバガニキャンディーなるものは存在しないかもしれない。

その後それが楽天などに掲載された場合や、アフィリエイターや、はたまたテレビで取り上げられて様々に引用されたとする。
すると、上記のような関連性が様々なページ上に掲載される。
それによって、上記の関連性は正しいものとしてGoogleに認識されて、田村製菓のページの情報が一次情報として評価される。

こんなアルコリズムである。
ページのオーソリティが高い二次情報の方が上位表示されてしまったり、類似情報に一次情報が埋没してしまうことを防ぐことができる。

一次情報を加工した二次情報が氾濫しており、どれが正しい情報なのかさっぱりわからない状況が多々発生している。
私は少々二次情報の氾濫には以前からうんざりしているのだ。同意見の方もいらっしゃると思う。
真に貴重な一次情報を特定できるようになるのだ。

構文解析や、リアルタイムのインデックスといった非常に難易度が高いハードルがあるが、このアルコリズムが導入されればコンテンツの正当性を測る指標としてのリンクは価値を大きく減じるだろう。
SEOの常識を揺るがすアルゴリズム変更になるだろうが、みなさんはどう思われるだろうか?

タグ

2013/12/02 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:superficial

今ペナルティでなくてもリンクの否認を行うため被リンクのチェックはすべきなのか?


今回は気になる問題について考察してみたい。

人工リンクを行っていなくても
被リンクのチェックはすべきか?

これである。
近年被リンクのチェックを行う必要性が高まっている。

本来であれば、人為的な被リンクを自サイトに対して行ったためにペナルティを受け、これを回復するために行うのが被リンクのチェックの目的だ。
しかし、人為的な被リンクを貼ることによって、競合サイトの検索順位を下げることができることを、Googleは近年では暗に認めてしまっている。

もしあなたが〇〇な状態であれば、否認ツールを使いましょう
マニュアルアクションとられていなくても、おかしなリンクを発見したら否認ツールを使うべきですか?

Googleのアルコリズムについての広報を行っているマット・カッツ氏は、これらの記事に書かれているように、

「ネガティブSEOが自身のサイトに行われていると感じた時」
 もリンクの否認が有用であると述べている。

本来こんなことはWebマスターの仕事ではなく、Googleにやってもらいたいのだが現実を考えれば已むを得ない。

とは言え、リンクの否認を行うことを前提にリンクのチェックを行うべきサイトは決して多くはないと私は考えている。
では、どんなサイトがこれを行うべきか?私が考えるのは3つのケースである。

1.Webサイトからの集客の重要性が高いか?

業務を行うことは人件費が発生することだ。
一般論としては人件費の使い道として優先度は低いものの、Webサイトの重要性が高くなればなるほど重要になると考えなければならない。

重要なサイトであれば、1ヶ月に1回程度は見ても良いと思う。
特に競合が激しい分野、つまり検索キーワードが直接ビジネスに直結するような分野、例えば金融関連などでは重要である。
被リンクによるネガティブSEOなんてあり得ないと言い張っても、万が一ではあっても被害が出てからであれば遅い。

実際、この手のネガティブSEOが成功させることは難しいのであるが、ネガティブSEOを狙ってリンクを貼ること自体は容易である。
たいてい自動化されているため、数万というリンクを一度に貼ってもコストはたいしてかからない。
しかも、リンクは低品質であればあるほど低価格である。

低品質なリンクを数万、あるいは数十万も貼られれば、たいていのサイトは大丈夫とは言い切れない。
成功率は低いものの攻撃する側としては比較的低コストでできるから、こんな人の道に外れたことを誰もやらない保証はないのだ。

2.人為的な被リンクを行っていたことがあるか?

人為的な被リンクをこれまで行っていたら、サイトの状況は危険水域にあるかもしれないと思っていたほうがよい。
被リンクによるペナルティは、堤防と一緒である。
ある程度の水位までは耐える。
しかし、ある一定の水位を超えると一気に決壊する。

人為的な被リンクは今現在は確かに検索順位の上昇に貢献しているかもしれない。
しかし、確実に水位を上げている。
一番いいのは人為的な被リンクをやめることなのだが、やっているのであれば特に注意せねばならないだろう。
中古ドメインを使っているといったケースも同様だ。

3.スパムペナルティを受けたことがあるか?

このようなサイトはブラックリスト入りしていると考えたほうがよいと私は思う。
憶測にしか過ぎないのだが、私がもしGoogleだったら、かつてペナルティを与えたサイトについては特に警戒する。

会社の金を横領したという過去がある人物がいたら、収監されて処罰を受けて帰ってきたとしても私だったらお金を任せる仕事はさせない。
私だけではなくて、多くの人もそうだろう。

こういうふうに疑いの目で見られるわけで、恐らくはその人物は終生そう思われる。

Googleもこれと同じだろう。
永遠に猜疑心は消えることなく持ち続けると考えたほうがよいと思うのだ。


さて、上記の3つのケースを除きリンクの否認のために、被リンクのチェックをする必要はないと私は考えている。

最後に、どのようなリンクを否認しなければならないのかについて書いておこうと思う。
実際にGoogleから警告が来た場合は、疑わしきリンクは全て外すなり、否認するのが原則である。

しかし、上記のような場合はあくまで予防であり、危険水準に近づいた水位を下げることが目的である。
ナチュラルなリンクを残さねばならない。

誰が見ても確実にSEO目的のリンクだとわかるようなリンクをはずさない限り、水位を下げる効果は小さい。

手っ取り早く水位を大きく下げるためには、アンカーテキストに着眼するのがよいと考えている。
SEO目的の被リンクは、アンカーテキストにSEOしたい文字列が非常に高い確率で含まれるのが特徴だ。
だから、それに着眼すればよいのだ。

ウェブマスターツールにはどのページから、どのアンカーテキストでリンクされているかチェックする機能が残念ながらない。
ダウンロードしたURLについて、どのようなアンカーテキストでリンクされているかチェックするといったツールを作ることは、ちょっとプログラムを作れれば難しくはない。

こんなものを作って、重要キーワードに焦点を合わせてチェックすることが有効だ。
重要キーワードでの、低品質なページからのリンクを減らしてやれば、安全性はぐっと高まる。

これはお勧めである。

タグ

2013/11/25 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:superficial

順位保証による成果報酬型SEO業者の金額設定


いまさら被リンクについて書くのも何なのだが、いまだに被リンクはSEO業者の飯のタネである。

SEO業者が書いているSEOブログの中に、

「Googleのガイドライン違反は危険なのでやめるべきです」

と書いておきながら、サービス案内には順位保証型のSEOが掲載されていたりなんかして、実に香ばしいっていうか・・・
人間には本音とタテマエがあって、本音は隠すことが多いのにここまでくると潔いっていうか、厚顔ぶりにシビれる。

ある程度SEOを知っているのであれば当たり前のことなのだがもし知らないのであれば、覚えておいて欲しい。

順位保証型SEOはGoogleのガイドライン違反なしに成立しない

のである。
順位をあげるために確実性のある方法は2つしかない。

  1. コンテンツを充実させる
  2. 人為的に被リンクを貼る

この2つしかなく、順位保証型のSEO業者が取りうる選択肢は後者のみである。

前者は、不可能ではないのだが不可能に近い。
コンテンツを充実させることで検索順位は上昇するが、ビッグキーワードで一般的な順位保証型のSEOの成果基準となる10位以内にまで達することは非常に難しい。
あまり上がらないこともある。
コンテンツを充実させると、ロングテールキーワードでの集客は取れるようになることは間違いないのだが、順位が上がるかどうかはやってみなければわからない。
しかもコンテンツの充実のためには多大なコストがかかる。

成果が出るか出ないかわからない施策のために、SEO業者自身がリスクを負ってコンテンツを投入することはできない。
また、SEO業者はあくまでSEO業者にしか過ぎないので、自分でコンテンツを作り出すことができない。
というわけでコンテンツを充実させるといった、順位上昇施策によって成果報酬を得る施策は現実的には不可能なのだ。

というわけで後者の人為的な被リンクを貼るという施策しか選択肢はない。
人為的な被リンクはGoogleのガイドライン違反であり、違反を冒さない順位保証型SEOっていうものは存在しないのだ。

「Googleのガイドライン違反は危険なのでやめるべきです」

と言いながら、順位保証型SEOを社業として行うことは矛盾以外の何ものでもない。
私は以前「SEO人のポジションとポジショントーク」という記事の中で、ブラックハットを倫理的に否定するつもりはないと書いた。
ブラックハットを否定するのではないが、この種のポジショントークは否定しなければならないと思っている。
これは明らかに騙しであり、騙そうとする対象は検索エンジンではなくクライアントであるからだ。

「ガイドライン違反はいけません。
でも当社の順位保証型SEO施策は違反ではありません。」

こんな嘘はある程度知識があれば一瞬で見破れる。
しかし、私が憤りを感じるのは正しい知識を持たない素人を騙そうとしていることがミエミエだからである。

熱く語ってしまったが、順位保証型SEOとはイコール人為的被リンクであるということがここまでのおさらいだ。

さて、それでは

順位保証型SEOの金額設定はどのような考え方で行われているのか?

これはSEO業者の立場に立って考えるとわかりやすい。

一見割安に見える料金設定も、業者の都合であることが多いことがわかるだろう。

大手業者であれば何も施策を行うことなく、順位が上がった時だけ成果報酬を取ろうとすることはない。
(順位保証型であれば、所定の順位に達すれば課金が発生するため、実際はほとんど何も施策をしないインチキ業者も存在する)
大手業者や良心的にやっている被リンク系の中小零細業者はボッタクる意図ではつもりはやっていない。

なのになぜ高いか?

その理由は

成功確率にかかっている

のである。

ビッグキーワードになればなるほど、課金金額が高くなるのもこれが理由だ。
いくら被リンクを貼ろうと何をしようと、ビッグキーワードになれば上位表示は難しい。

とにかく1サイトあたり月額30,000円もらいたいと考えたとする。
(これくらいの金額はSEO業者としては割りと普通の設定である感じ)
成果に関係ない固定課金だったら月額30,000円もらえばよい。

ところが、競合サイトとの兼ね合いによって上位に食い込める確率が変わってくる。

上位表示できる確率が5分の1ぐらいしかなさそうと推定したら、30,000円では受注できない。
この場合だと金額を単純計算すると5倍する必要があり、150,000円という金額が適正な金額になってくる。
(実際はこの計算は正しくはない。コインを投げて2回投げても表が100%出るとは限らないのと同じである)。

上位表示できる確率が10分の1であれば、10倍して300,000円が適切であろう。
順位保証による成果報酬型SEOは高く見えるのだが、このような理由で致し方がないのだ。

さて、最近(でもないか)、1キーワードではなく、3キーワードとか5キーワードとかでも上限金額が同じであることが多い。

1キーワード上位表示しても、150,000円だが、5キーワード全て上位表示した場合でも150,000円という設定。

このように割安な感じになる。一見するとお得な気がするがどうしてこうなるのだろうか?

1キーワードだけだと上位表示できる確率は5分の1というケースであれば、5キーワード設定することができれば単純計算で100%の上位表示確率になる。
(実際はいずれのキーワードでも上位表示しない確率は、0.8の5乗となり、32.768%の確率でどのキーワードも上位表示しない。どれかのキーワードが上位表示する確率は67.232%となる)

5キーワード施策しても手間が5倍になるわけではない

どのみち、キーワードは分散させなくてはいけないので、分散させるキーワードについても成果報酬対象キーワードにすればいいだけである。
例えば、「タラバガニ通販」というキーワードで上位表示させようとさせる場合でも、全てアンカーテキストを「タラバガニ通販」にしてしまうわけにはいかない。
全て同じアンカーテキストにしてしまうと、アンカーテキストが不自然にかたよるため順位が上がりにくくなったり、ペナルティになる危険性が著しく増えるからだ。
だから、アンカーテキストはバラけさせなければならない。
そのバラけさせる中に、

「タラバガニ激安」
「タラバガニお歳暮」
「カニ 訳あり」
「お歳暮 カニ 通販」

といった、成果対象キーワードを含めればアンカーテキストが分散して安全性が増す(安全性が増すってだけで、安全になるわけではない)。

なので、施策の手間はさほど増えず、成功率は上がるのでキーワードが増えると安くなったりするわけだ。

とはいっても、これは別にSEO業者がクライアントを騙しているわけではなく、それでクライアント側が納得するならばお互いの利害が一致したということであろう。
運が良ければ複数のキーワードで上位表示することもあるわけだし。

この料金設定は業者・クライアント双方にメリットがあるため、順位保証による成果報酬型SEOとしては最も合理的な料金設定であると思う。

でも、2つ気をつけてもらいたいと思うことがあるので最後に書いておこう。

1.どのキーワードであっても
  上位表示された場合は課金されてしまう

ビジネス的に有用性が低いキーワードでも課金されてしまう。
月間検索数が少ない競合の少ないキーワードが混ざっていると、そのキーワードだけ上位表示されて課金されるという嬉しくない事態が起こり得る。というか、こんなケースが普通に起こる。このリスクを納得した上で施策を依頼するか、全てのキーワードがビジネス的に費用対効果に見合うことを確認するべきである

2.ガイドライン違反なので
  当然ペナルティの危険がある

これは前述したとおり。
リスクを甘受することができるか?
ペナルティを受けた場合の対応策があり、ビジネスに与えるダメージを食い止める策があるのか?

当然ながら最も重要なポイントである。
私は基本的には人為的な被リンクはおすすめしないのだが、ビジネス的なデメリットを理解した上でこれをあえてやるという選択肢はあり得ると思っている。
しかし、デメリットは非常に大きいのでお勧めはあまりできないというのが私の考えではある。

タグ

2013/11/18 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:superficial

CSS Nite LP, Disk 29「SEO 2013」についてレポートしてみる(Part.4)

最後に紹介するのは辻正浩氏である。

辻正浩氏

辻正浩氏は昨年のCSS Nite LP, Disk 24「インハウスSEO」において「事例で考える『SEOの力』」というテーマで公演をした。
この中で公開されたノウハウの多くは一般的に語られていないものであって、多くのSEOの専門家に強いインパクトを与えたことはいまだに記憶に新しいところである。

そして今回の公演も期待を全く裏切らないものだった。

さて、テーマであるが、

SEOを成功させる一覧ページの作り方

である。
これほど面白いテーマはなかなかない。
最も重要な問題でありつつ、SEOの教科書的な情報源からはなかなか得られない情報だからだ。
私自身もWebサイトを作り始めた時に非常に頭を悩ませたし、今も頭を悩ませる問題である。

さて、本題に入ろう。

SEOへのアプローチには3つある

  • マーケティング
  • コンテンツ
  • 技術
  • この3つがあるが、「技術」について主に説明する。

    SEOに必要な技術要件の多さ

    大規模なサイトになればなるほど、必要な技術要件は多くなる。

    数十ページしかないページであれば、ほとんどSEOの知識は必要なく、
    数百、数千ページとなるとかなり多くなり、
    数億ページとなると非常に重要性が高まる。

    ある程度以上の規模のサイトになると、SEOへの考慮が非常に重要になる。

    Webサイトの構造と必要になる技術要件

    • トップページ
      ・特定ワードで評価させる内部修正
      ・重要なページへのリンク
    • 一覧ページ
      ・たくさんありここが重要
    • 末端ページ
      ・テキストを評価させる内部修正
      ・リンクを受けやすくする仕組み
       など

    一覧ページのSEO要件[初級者向け]

    一覧ページにもコンテンツとなるテキストを配置する

    ページへのリンクを表すテキストの羅列は検索エンジンには評価されにくいからだ。
    検索エンジンに評価されるために、一覧ページの上部にユニークなテキストが必要である。

    title要素

    「検索結果」といったtitleは論外(検索結果に表示されたとしてもほとんどの人はクリックしない)
    一覧のカテゴリの名称入るのは絶対条件

    札幌の一覧であれば「札幌の店舗一覧」といったようにカテゴリの名称が入っていなければならない。

    nanapiの事例
    「LINE(ライン)の使い方徹底ガイド116記事」
    といったようにカテゴリの名称が入っている。
    (※筆者注:LINE・ラインって両方入っているのも小技)

    一覧ページへの内部リンク

    主要ページから内部リンクを貼る。
    SEOだけではなくユーザービリティの観点でも必要である。
    nanapiの事例では、グローバルナビゲーションやパンくずリスト、一覧ページで各記事タイトル下部にそれぞれ設置したパンくずリストなどからリンクしている。

    一覧ページヘの内部リンクの重要性は知っていると言いながら、できていないケースが多いので重要である。

    一覧ページのSEO要件[中級者向け]

    一覧ページのSEO上の役割とは

    • 1ページ目を特定キーワードで評価させる
    • より多くのページにより良い内部リンクを渡す
    • より多くのページを認識させる

    より多くのページを認識させるためには、

    1.ページ送りリンクに配慮する。

    「次へ」で延々とページ送りしないと、後ろのページにたどり着かないという作りはだめだ。
    nanapiの事例では、ページ送りは少ないクリック数で後ろのページにたどり着けるよう配慮されている。

    2.重複コンテンツを避ける。

    重複コンテンツの問題はサイトの規模が大きくなると苦しむところだ。
    重複コンテンツになりやすい理由としては以下のようなものがある。

    アイテムの追加により1ページ目から2ページめへ押し出されたページが全く同じものになることがある。
    1ページに5件しか表示されない仕様であれば、5件追新しいデータが追加されたら2ページ目と新しくできた1ページ目が全く同じになってしまう。

    1ページに表示される件数を増やすと重複になりにくい

    先ほどの例で言えば10件表示される仕様に変更すると、2ページ目には5件のデータが1ページ目から押し出されるが、新しい1ページ目との類似度は50%となるためかなり影響が軽減される。

    また1ページに表示される件数を増やすことは、検索エンジンから同じ一覧ページのインデックス数でも多くのページへ内部リンクできることにつながる。
    一覧ページが10ページだけしかインデックスされなかった場合を想定すると、
    1ページに5件表示の場合は、内部リンクがされるのは50ページ。
    それに対して10件表示であれば、内部リンクがされるのは100ページとなり、後者の方が有利になるということだ。

    また一覧できる数が増えることはユーザービリティの向上にもつながる。

    title、h1にページ番号を入れる

    title、h1が重複すると重複コンテンツと判定される可能性がある。
    そのためページ番号を入れて重複になることを防ぐ必要がある。

    ソース上部の共通情報を減らす

    検索条件設定といった内容のページの先頭部分に膨大なHTMLのソースが存在する場合もある。
    (プルダウンの全選択項目といったHTMLのソースは人間が目で見ている以上に大きく、これらのプルダウンがたくさん並んでいたりすると膨大なHTMLのソースが存在することになる)
    このような場合などは重複コンテンツと判定されやすい。
    iframe化して検索エンジンから認識されないようにするとか、画面の下部に持っていくとかして防止するのがよい。

    パラメータはしっかり整備する

    検索エンジンに認識させるべきでないURLを反映させない。
    (※筆者注 アユダンテ株式会社の安川洋氏も同じセミナーの中で同様のことを述べていた
    これが難しいならばcanonicalを使って正規化、それも無理であればウェブマスターツールのパラメーターの設定を行いパラメータを無効化する。
    とは言え、ウェブマスターツールのパラメーター設定はなるべく行わないほうがよい。

    一覧ページのSEO要件[上級者向け]

    SEO技術面では内部リンクが一番重要であり、すべてを左右すると言える。
    その中でも一覧ページは内部リンクを最も操作しやすいテンプレートであり重要だ。

    どのリンクがGoogleからどれだけ評価されているかは人間からはわかるわけがない。
    わかることは以下の4つである。

    1. ウェブサイトによっても似たようなリンクであっても全く違う
    2. この半年でかなり変わった
    3. 検索エンジンがほぼ無視する内部リンクも増えている
    4. ユーザーを移動させるリンクには評価がある

    高度な内部リンク最適化の二つの道

    • 実験を続けてアルゴリズムを追いかける 修羅の道
    • ユーザー観点での内部リンクを突き詰める 平和な道

    この2つがある。
    (※筆者注:私はこの修羅の道という言葉には深く打たれて感動したのだが、この日のセミナーに参加した人々もやはりそうだったらしい。
    SEOで飯を食う人間であれば、クライアントにはそのようなことはさせなくても、自らは修羅の道を往くべきではないか?というように思う。
    私は最近はアルコリズムをほとんど追っておらず忸怩たる思いがあった。それ故に己の怠惰を喝破されたようでこの言葉には非常に深く打たれたのである。)

    理想の一覧ページとは

    ある要件を忘れているところが多い。

    ページを訪れた人が、わかりやすいページになっていますか?

    一覧ページにユニークかしたテキストを入れることはユーザーの利便性にもつながる。
    これをつきつめたのが、「コンテンツ化一覧ページ」である。

    例えば、「デジタルカメラ 通販」と検索した人の検索意図を考えてみよう。

    このような検索キーワードであっても必ずデジタルカメラを買いたい人とは限らない。
    実際にカメラ屋に行った時に、
    「さあ、どれにします」
    と目の前にデジタルカメラを突き出されたら、困惑することになるだろうがWebサイトもこれと同じである。
    実際の店舗でやられて困るようなことが、Webサイトでは普通に行われていると言える。

    様々なデジタルカメラの購入に関する情報を知りたいといったニーズがあり、買いたいというニーズはその中のごく一部かもしれない。

    「デジカメは今が買い時な理由」

    こんなコンテンツをページの上部に置くのがよいだろう。

    一覧ページコンテンツ化で達成できること

    一覧ページにランディングした時の

    直帰率の低下
    PVの上昇
    コンバージョンレートの上昇
    キーワードの順位の上昇
    流入キーワード数の上昇

    といったことが実現できた。
    ユーザー観点もSEO観点も満足させるのがコンテンツ化一覧ページだ。

    ユーザー観点での改善は技術要件も満たす場合が多い!

    検索エンジンは検索結果に検索結果を出したくない

    多くのユーザーはWebサイト内の検索結果ページが、Googleの検索結果に表示されることを望んでいない。
    検索から訪問するページとして、ユーザが望んでいないページを出そうとするSEOで成果が上がるわけはないのだ。
    (※筆者注:たいていのユーザーは、自分が必要とする情報そのものズバリがあるページが、検索結果に表示されて欲しいと考えるだろう。Webサイト内の検索結果ページには必要とする情報はたいていは存在せず、その中からまた探さねばならないことになる)

    SEOへのアプローチには3つあり全てが必要

  • マーケティング
  • コンテンツ
  • 技術
  • マーケティング、コンテンツこの2つだけだと、せっかく価値があっても見てもらえないという残念な状況に。
    技術、マーケティングこの2つがよくてもコンテンツが欠落しているSEOはスパムである。
    技術、コンテンツこの2つがよくてもマーケティングが欠落していたら売上につながらない。

    まとめ

    バランスのよいSEOを継続するには。
    いいSEO施策はユーザーにも評価される。
    ユーザ利点の薄いSEO施策は安定しない。

    タグ

    2013/10/21 | コメント/トラックバック(0) |

    カテゴリー:superficial

    CSS Nite LP, Disk 29「SEO 2013」についてレポートしてみる(Part.3)


    次に紹介するのは、アユダンテ株式会社の安川洋氏である。お題は、

    事例で学ぶキーワードとカテゴリー

    安川 洋氏

    である。
    一度だけアユダンテの方とはお話をしたことがある。
    真性のホワイトハットSEOであり、システム連携といった難易度の高い案件などに参画し技術力で食っている会社であるらしい。

    多くののSEO業者はホワイトハットと言いつつ、実際話を聞いてみると、

    「やっぱり被リンクですよ」

    ってな感じが普通であるため、かなり驚いた記憶がある。

    その会社の代表が安川氏であり、やっぱり否が応でも期待するところであったが、期待を裏切らずセミナーの内容は非常に濃いものであった。
    惜しむらくは時間が押していたことと、元々の持ち時間が少なかったため、話された内容を頭のなかで理解するための時間が取れなかったことが残念だった

    さて、本題だ。

    海外レディースファッション通販サイトWajaの事例でECサイトにおけるSEOの急所について語ってくれたのがこのセミナーである。

    SEOとは何か?二つの視点

    何に対してオプティマイゼーションするのか?

    1. ユーザーの視点
    2. 検索エンジンの視点

    この2つの視点がある。
    ※情報供給者の視点で考えてはいけない。

    1.ユーザーの視点

    検索キーワード「H&M」の例
    handm

    ユーザーは意図を検索キーワードに込めて検索を行う。 
    検索結果に表示される説明に検索意図と合致するページがあればクリックするし、なければ戻るボタンを押す。

    「H&M」というキーワードで検索した場合の例。

    検索結果はよく対策されている。納期の説明も書かれているのがよい。

    サイトに来訪したユーザーの意図

    • キッズの商品はどこかな
    • H&Mのドレスがほしいんだけどな

    といったニーズがあって来訪している。
    それらのニーズに答える選択肢があるのであれば、ファーストビューの中にクリックできる選択肢を入れ、ユーザーを適切に誘導できるようにする。
    そうすればGoogleもそれを認識してサイトリンクに表示するようになる。

    ユーザー視点のポイント

    ・キーワードが重要

    子供服を売っているのであれば、「子供服」というキーワードで最適化を行うべきだ。
    「キッズ」というキーワードを使うと、多くの検索ニーズを取りこぼしてしまう。
    しかし、キーワードを組み合わせた時に、「ブランド名 キッズ」の方が「ブランド名 子供服」よりも検索数が多い場合もあるためチューニングが必要だ。

    ・検索結果を見て買いたくなるか
    ・ファーストビューに、ユーザーが最初にしたくなる絞り込みが表示されるか

    ECサイトにはどんなキーワードがあるか

    ※コーディネート、といったような直接的にコンバージョンに結びつかないキーワードは今回の対象にしない。

    キーワードの種類ごとにコンテンツと施策を考える

    • ビッグキーワード(例:海外ファッション/ファッション通販)
      施策すべきページ:トップページ
    • コンテンツ:海外ファッション通販のメリットなど

    • ブランド名(例:カルバンクライン/ケイトスペード)
      施策すべきページ:ブランドページ
      コンテンツ:ブランド名は商品の羅列になりがちだがSEOを考えるとそれだけでは弱い。
      ケイトスペードと検索した人に対して、ケイトスペードの商品を数千羅列したようなページを出すのがいいのか?っていう話だ。
      ブランド名を検索する人はそのブランドの歴史といったものを知りたい人もいるわけで、商品情報だけではなくブランドについての解説といったコンテンツも必要だろう。商品のランキングといったコンテンツもよい。
    • アイテムカテゴリ(例:ダウンコート/財布)
      施策すべきページ:アイテムカテゴリページ
      コンテンツ:そのアイテムにおけるトレンド、ランキング、商品情報
    • ブランド・アイテム掛けあわせ(マックスマーラー ダウンコート/ケイトスペード 財布)
      施策すべきページ:クロスカテゴリーページ(ブランドとカテゴリをかけあわせたもの)

    ブランド軸とアイテム軸

    クロスカテゴリにおいてどっちの軸を優先に考えるべきか?

    「ケイトスペード バッグ」「バッグ ケイトスペード」

    通常は前者になる。ブランド名の方がユーザーに対するコミットメントが強いからだ。

    ブランドはコンバージョン性行が非常に高い。
    ブランドにも、アイテムにも強豪は多くどっちも重要。

    有名なブランドならブランドを優先し、ニッチなブランドであればアイテムを優先すべき。

    ブランドカテゴリ

    ブランドとは?

    ブランドとは指名で購入されるということ
    ブランド名が命。「トリーバーチ」なのか「Tory Burch」
    日本語で検索されることが多い。アルファベットは綴りが長くなると、アルファベットで検索されることはまずない。
    「トリーバーチ」といったように検索される。

    ブランドの並べ方について

    アルファベット順でよいのか?
    人気のブランド、SEO的に重視すべきブランドをフィーチャーするようにする。
    これらの特別なブランドについてはフラグを立てて(他のデーターと違うことをデータ項目として持たせておくこと)前に並べる、複数のページで表示されるといった対策が必要だ。
    お店でも売れ筋を全面に押し出して陳列するのと同じである。

    アイテムカテゴリ

    勝てるキーワードを選ばなければならない。
    例えば、「ワンピース」1語、これで勝てるか?
    ワンピースは漫画のワンピースが検索結果の多くを占めてしまうから、これに勝つのはまず無理だろう。

    そこで「ワンピ」といったキーワードを考える。この検索結果にはワンピースは混ざらない。
    でっかいキーワードで無理矢理1位にしようすることは得策ではないのだ。

    巨大なワンピースジャンルのなかにも宝物がある。

    「マキシワンピース」「マキシ丈ワンピース」「リネン ワンピース」「フォーマル ワンピース」
    こんなキーワードである。
    (「リネン」は素材だよね?カテゴリじゃないんじゃない?そんなこと気にしなくていい)

    属性カテゴリの処理

    属性カテゴリとは・・・レディース、メンズ、子供服、ベビー服マタニティなど

    基本的にはレディースとメンズはユーザービリティ的に分けたいが、検索数が少なくSEOの観点におけるキーワードとしては優先度が低い。
    検索数の多い子供服・ベビー服を第一階層に置き、レディースとメンズはアイテムで絞り込んで、その後の絞り込みとしたほうがよい。

    絞込階層の例)
    Tシャツ -> メンズ
    子供服 -> Tシャツ

    バランスを整える

    カテゴリで絞り込んでいくと、特定カテゴリが多すぎたり、少なすぎたりしてバランスが悪くなることがある。
    統合する・分割するなどしてアイテム数のバランスを整える必要がある。

    クロスカテゴリの処理

    複数のカテゴリを指定して絞り込んだ場合の表示結果。
    絞り込みの要素は2つがよい。3つ以上の絞り込みを使う場合には細心の注意が必要になる。

    存在しないカテゴリを作らないように注意すること。絞込んだ結果が存在しないクロスは作らないようにする。
    リンクがグレーアウトまたは非表示といった処理を行う。また、絞り込み結果が少ないものは他のカテゴリに統合する。
    4つ以上の絞り込みを行う場合は、ファセットナビゲーションを用いることになるが、階層構造を検索エンジンに伝えることができないため用いないほうがよい。

    絞り込みの主軸を考えることが大切。
    最優先となる主軸はブランドを持ってくるべき。URLもパンくずリストも。

    例)
    URL: /brand/handm/t-sharts
    パンくずリスト: ブランド >> H&M >> Tシャツ

    2.検索エンジンの視点

    検索エンジンの中の人はこう考える

    • ユーザーが「マンゴ」と検索した場合
      どの「マンゴ」のことか分からないなあ。取りあえずは検索結果の中に少しずつ色々入れたほうがいいな。
    • クロール中にトレンチコートをオススメ順に並べたページと価格の並べかえを見つけた。
      どっちも検索結果に表示するのはユーザーの利便性が下がるからどっちかだけにしよう。
    • クロール中に似たような大量のページを見つけた
      いちいち重複を確認するのも大変だから、サイト全体が低品質だってことでいいとしよう。
    • クロールバジェットとは

      1サイトのコンテンツボリュームに対するGoogleの評価価値のこと。
      PageRankが高いとこれが一般的には大きいと考えられる。

      (※筆者注:クロールバジェットについてはWeb担当者Forumパンダ・アップデート後の重複コンテンツを知る – 重複コンテンツ対策完全ガイド #1に詳しい)

      クロールバジェットに対してはこれを増やす、節約する2つのアプローチがある。

      • 自然なリンクを増やすことで、サイト価値を増すことでクロールバジェットを増やす。
      • 価値のないページをクローリングさせないことで、クロールバジェットを節約する。

      canonicalに出会ったクローラーの中の人

      あれもこれもcanonicalってやめて欲しいって考える。
      どれもこれもcanonicalってなっているとせっかくクローリングしたのに、その処理が全部無駄になってしまう。

      canonicalは使うな

      間違えて使うぐらいなら使わない方がよい。
      canonicalを使わなくても、重複コンテンツの排除は可能だ。

      検索キーワードにならない並べ替えの表示結果はAjax、FORM POSTなどを使ってインデックスさせないようにする。
      URLにパラメータを持たせるのではなく、Cookieを使用する。

      といったような方法を用いることで、canonicalを使わなくても重複ページを回避することが可能だ。

      重複コンテンツの排除

      商品数がゼロのページ。
      並べかえ、一部の絞り混み、おすすめ順のページと安い順のページはほぼ確実に重複になる。
      絞り込みの順番が違うことにより異なるURLが生成される場合は非常に危険。

      URLの設計が大切

      • 階層を強く意識したURL
        絞りこみの主軸をメインにURLを構築し、パンくずもこれに合わせる(前述の通り)。これによって検索エンジンが主軸を重要だと認識する。
      • ページネーション
        1ページ目
        /brand/handm/shirt/
        2ページ目
        /brand/handm/shirt/2/
        最後は/で終わるようにする。実装する技術要素に依存しなくなる。
        .php .asp .htmlといった拡張子がつくようなURLにすることは好ましくない。
        PHPで実装されていたサイトを、別の言語で実装し直すとURLが変化してしまったりする。
        1ページ目に戻った時
        ◯ /brand/handm/shirt/
        × /brand/handm/shirt/1/
        1ページ目に戻るときは、/1/ にならないようにする(重複コンテンツになってしまう)。
      • 絞り込み
        主な絞り込み条件にならない条件をURLに反映させない。
        例)/color/red/,/size/m/
        色とかサイズといった条件で検索する人はいないので、上記例のようなURLは存在させないほうがよい。
      • クロールさせないテクニック
        ・robots.txt 特定のページだけを除外しようとするのは面倒
        ・nofollow,noindex クロールバジェットの節約効果が低い
        ・Ajax
        ・FORM POST
        ・ウェブマスターツール 他の手法と併用可。しかし、設定ミスなどでまとめてインデックスされなくなるなどの問題もある。

      こちらもご覧ください。
      CSS Nite LP, Disk 29「SEO 2013」についてレポートしてみる(Part.1)
      CSS Nite LP, Disk 29「SEO 2013」についてレポートしてみる(Part.2)
      CSS Nite LP, Disk 29「SEO 2013」についてレポートしてみる(Part.4)

    タグ

    2013/10/15 | コメント/トラックバック(0) |

    カテゴリー:superficial

    このページの先頭へ