かゆいところに手が届く便利SEOツール7選

SEOのツールには大きく分けて3種類がある。


1.外部施策・内部施策を自動化するツール
2.SEOにおける問題点を分析するツール
3.作業負荷を軽減するツール

この中で1.のアクセスアップ系のツールはおすすめできるものはないと言っていい。
代表的なものとしては下記のようなものだ。
・自動的に被リンクを獲得するツール
・相互リンクを自動化するツール
・掲示板に自動的に書き込みを行うツール
・コンテンツをかき集めて大量にページを自動的に生成するツール
これらのツールは有害である。
さて、共通点があることに気がついた方も多いだろう。
共通点は「自動的に」という言葉が含まれることである。
省力化そのものは悪ではないが、これらを自動化するということは検索エンジンが求めているものに反することになる。

・被リンクは人気度の指標であるから、これを自動化することは検索エンジンを騙すことになる。
・有用なコンテンツを表示させるのが検索エンジンの目的だから、他からかき集めたコンテンツには価値がない。

ということである。
これらのツールを使うことは、検索エンジンの求めることと正反対になるため、常にスパム判定の危険がつきまとう。
手を出さない方が懸命である。

さて本題であるが、2.3.のツールはどんどん使うべきだと思う。
とはいえ、SEOのツールは大量に存在しており、役にたつもの、あまり役に立たないもの、玉石混淆である。
その中で私が役に立つと思い、日常的に使っているツールを紹介したい。

1.Google ウェブマスターツール
言わずと知れたツールであるので、説明は不要かと思う。
私は実はこれを一番見るのだが、ロングテールSEOをコツコツ実践していると、検索キーワード数が増えていく、これ励みになるのである。

2.Mozbar
松尾茂起氏もお勧めしているツール。
日本語化されていないのだが何でもありの超多機能。無料版でもかなり使える。
サイトの分析においては、follow/nofollowのリンクの箇所を蛍光ペン状に見せてくれたりとか、metaや、h1/h2、bold、altなどのテキストが一目瞭然に見ることができる。隠しリンクを見つけたりとか、そんな使い方も可能。
一番すごい点と思うのが、こんな感じで検索結果で競合サイトの簡易的な比較ができる点である。
mozbarでの競合サイトの分析例
とにかく多機能、一つ一つの機能について見ていくことで、SEOの勉強になるぐらいである。

3.SEO Site Tools
seo site toolsキャプチャ画面
Chromeの拡張機能である。ページランクが見られるし、SeoMoz Linkscapeの数値がワンクリックで見られるのが非常にいい。
被リンクが見られなくなったのでだいぶ利便性が下がってしまったものの、それでも便利なツールである。
よい紹介記事があるので、詳しくはこちらをご覧いただけたらと思う。

4.Website Explorer
Website Explorerキャプチャイメージ
これまた超多機能のサイト分析ツール。Windows上で動作するフリーのソフトウェア。Macintoshなどでは残念ながら動作しない。
サイト内のページの一覧、階層構造の表示、各ページの文字数の一覧、内部・外部のリンク切れのチェック、リダイレクトされているページのチェックなどが一瞬でできる。
また、以外に利用価値があるのがsitemap.xmlの生成機能。
数千ページ、数万ページあろうが生成が可能。フリーのsitemap生成ツールは、ページ数の制限があるがWebsite Explorerは制限がない。
大量のページ数のあるサイトのsitemapを作成する必要がある場合は、利用してみるといいだろう。

5.Another HTML-lint gateway
これまた有名なツール。
HTMLのチェックを行い、減点法で点数表示をしてくれる。
間違ってはならないのは100点満点を目指す必要はないことだ。
しかしながら、-9というポイントは致命的なエラーであり、検索エンジンが正しく解釈できない可能性があり修正を行う必要性がある。

6.Lynx
テキストベースのWebブラウザ。
検索エンジンはテキストだけを基本的に解釈する。したがって、テキストだけを見るブラウザで見たほうが、実際の検索エンジンが解釈する内容に近い。
Lynxで見ると通常のWebブラウザで見てわからない、ペナルティになりそうな内容がわかるときがある。知らず知らずのうちに埋め込んでしまった隠しリンク(ブログパーツなどによくある)、グローバルナビがキーワード詰め込みに見えるなど様々なことがわかる。
お勧めなのである。
また、Webブラウザで見られるサービスとして、seo-browser.comがある。
これは簡便なのでこちらのほうが便利かもしれない。

7.Sitemap.xml Editor
sitemap.xmlの生成ツール。
モバイルのサイトマップも簡単に作れる。
パラメータの指定もできる多機能(それ自体あまり意味はなく、デフォルトのままでもほとんど問題はないが)。
たまに手でxmlファイルを作っている人もいるが、はっきり言って時間の無駄だ。こういったツールでサクッと作ったほうがいいが、多数ある中で私はこれが一番使いやすいと思っている。


さて、ここまで紹介してきたが、ツールは無理して使う必要はない。
ツールは使うもので使われるものではないからだ。
しかし、上記ツールで使ったことがないものがあれば利用をお勧めしたい。新しい発見があることうけ合いである。

タグ

2011/11/28 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:superficial

SEO初心者へ5つのべからず

SEOの難しさは大きく分けて2つあると思う。

1.絶対の正解はない
2.施策を実施したときに、やり足りない場合も、やり過ぎの場合でも順位が上がらない

この2点があるために、特に初心者は疑心暗鬼に陥るのである。
検索順位が上がらない、アクセスが増えない、そんな時にハマりがちな落とし穴がある。

中級者でも疑心暗鬼に陥るとハマることがあったりもするが、初心者には以下の5つをしないように強くアドバイスしたい。

1.情報商材を買う

情報商材というものがある。
独自のノウハウをうたった情報を販売しているものが情報商材。
数千円から数万円、あるいは十万円を超えるような高額な金額と引き換えに、情報をダウンロードできるという商品だ。
「まったく苦労なく1週間で5キロ痩せる」と称したダイエット法とか、「5分だけ作業するだけで毎日3万円入手できる」といった、様々な情報が販売されている。
この中にはSEOに関する商材も多数存在する。
「1週間でアクセスを100倍にする秘密のSEO作戦」といった具合のもの。

情報商材は心の隙間に入り込んでくるのが上手で、買いたくなってしまったりする。
しかし、SEOに関してはこのようなものは金を出す価値はないと断言してもよい。

SEOについて一般に公開されていない上位表示に役立つ裏技などない。
もし、そんなものがあれば、わずか数万円で販売しない。
一般にSEO業者は月額数万円から数十万円という金額でSEOのサービスを提供している。
それほど金が取れるノウハウを売ってしまうか?と考えれば自ずとわかるであろう。

では情報商材は全く役に立たないのか?

そんなことはない。私は大いに情報商材に学ぶべきだと考えている。

学ぶべき点、それは、「人の心理をうまく読んでいる」ということだ。
自分が心動かされた商材をよく分析しよう。
そこには、売れるホームページを作るためのヒントが必ずある。

2.ネットからだけSEOの情報を仕入れる

私がこれを書いている時点で既に矛盾してしまっていて恐縮なのだが、この点もいくら強調してもし足りない。
正しい知識を身につけた上でないと、これらの情報はむしろ邪魔になる可能性が高い。
ネットにはSEOの情報が氾濫しまくっているが、嘘の情報、有害な情報も多数存在する。
有害な情報ほど魅力的な外見を備えていたりするのがまた始末が悪い。
まずは正しい情報に触れて、自身の中にSEOの核となる知識の体系をキッチリ身につけるのが先決である。
正しいと考える情報については、こちらの記事を参照されたい。

3.相互リンクシステムを使用する

相互リンクシステムを使いたいと考えている人もたくさんいるだろう。
確かに、被リンクはいまだに上位表示するための大きい要素である。
簡単に被リンクを得られる相互リンクシステムのシステムは魅力的に映る。
しかし、簡単だけに仕組みもすぐに見破られる。

実際に、私が運営している相互リンクシステムを使っていた実験サイトで、ある日を境にして検索エンジン経由でのアクセスが激減し、ずっと減り続けほぼゼロになったという事例がある。
3ヶ月以上ほぼアクセスがゼロであったが、相互リンクを外したところ2週間ほどたってアクセスが近いレベルまで回復したのだ。

4.SEOのツールを使う

様々なSEOのツールが出回っている。
SEOのツールとして、分析系のツールがあるがこれらは大いに活用していいと思う。
しかし、ページを瞬時に数百ページも一気に生成できるとか、被リンクを自動的に獲得できるとかいう類のものには気をつけなければならない。
相互リンクシステムもSEOのツールの一種であるが、楽をしてやれる対策はそれだけ危険性があることを認識するべきである。

楽をしてできるSEO対策として中古ドメインの利用なども、初心者は絶対に避けるべきだ。

急がば回れは真理である。

5.コピーサイトの作成、トラックバックスパムなどを行う

SEOスパムは行うべきではないというのは、単に倫理的な問題ではない。
Googleはスパム行為を行なっているサイトの通報を受け付けている。
もし、誰かにGoogleに通報されてしまい、それによりスパム認定を受けると、もうそのサイトはまったく検索されなくなってしまう。
いわゆるGoogle八分というやつである。

また、コピーサイトは明確に著作権違反である。アフィリエイトサイトなどでこれを行なっていた場合、アフィリエイトのアカウントの抹消といった厳しい措置が取られることもある(単なる脅しではなく実際にある)。

このようなリスクを犯してまで、コピーサイトを作ったり、トラックバックスパムを行う理由はないだろう。


さて、これは単なるモラルを説いたものではない。
実際にこの通りにしたほうが利益にかなうと考えているのだ。

SEOは結局のところ、原理原則をさえ正しくおさえることが最も重要である。

テクニックはあとからついてくる。
また見聞きしたテクニックが正しいか正しくないか?という判断基準を自分の中に持つことができる。
一見遠回りのようだが、原理原則を学び、王道とは何か?を体得することが最も近道なのである。

タグ

2011/11/21 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:introduction

検索エンジン・SEOの未来を予言する

今回はSEOそのものではなく、検索エンジンはどこに向かっていくのかを予言してみたいと思う。

Googleで「人生 宇宙 すべての答え」と検索してみるとどうなるだろうか?

Googleの電卓機能により、「42」と表示される。
これは一種の高尚なジョークなのだが、
(このジョークの意味を知りたい方は人生、宇宙、すべての答えは「42」を御覧ください)
これはGoogleが到達すべきだと考えている、究極的な目的地を示している。

現在は、
「キーワードが含まれているページの中でユーザーのニーズに合致しているであろうページを表示する」
という機能を持つサービスが検索エンジンと呼ばれている。
ところが、実際に検索をしたい人はページそのものを見たいのだろうか。

富士山 高さ

と検索すると、富士山の高さについて言及されているページが多数表示される。
しかし、真にユーザーが知りたいのは富士山の高さにまつわる情報ではなく、富士山の高さそのものであろう。

聖徳太子 生没年

と検索すると、聖徳太子の略歴などが表示されるだろう。
しかし、略歴が必要なわけではなく、ユーザーは生没年を知りたいだけである。

渋谷 美味しいラーメン屋

と検索した場合、渋谷のラーメン情報が表示されるが、ユーザーはそのコンテンツを読んで、内容を取捨選択する必要がある。
Googleは情報の交通整理に大いに役立っているが、いまだに一つの解だけを示すまでには至ってない。

キーワード検索にはそもそも限界がある。
幅が60cm以下の本棚
を検索したいといったニーズに応えることはできない。

これらの問題点には共通点がある。
つまり、
「キーワードを意味として認識していない」
ということである。

Web3.0という耳慣れない言葉がある。
Web3.0なるWebのイノベーションとして重要な位置を占めるのが、セマンティックウェブであろうと言われている。
これは文章の中に意味をもったデータを埋め込むことによって、意味のあるデータとして文書を取り扱う技術、方法などの総体を指す。

もしセマンティックウェブが実現したら、上記のような「富士山の高さ」「聖徳太子の生没年」「渋谷の美味しいラーメン屋」「幅が60cm以下の本棚」といったものを即座に知ることができるようになるだろう。

現在、セマンティックウェブへの取り組みが現在Googleなどによって急速に進められている。
レシピ、レビュー、商品、店舗などについてデータの意味化が始まっている。
主にページの製作者が明示的にページに埋め込む、あるいはGoogleに登録するという方法である。

私は、数年後という近い将来、文章をGoogleが自動的に解読することによって、セマンティックウェブが普及するようになるのではないか?と考えている。
これによって、

1.高さが1000メートルから1200メートルまでの日本国内の高さの山を表示する
2.生没年から人名を逆引きする
3.地域の中で特定のジャンルで美味しい店を上位順に表示する
4.大きさを指定するとその中に入る家具を表示する

といったことができるようになるだろう。
これによってインターフェースも劇的に変わるだろう。

これは千趣会が運営している家具を検索するための実験サイトである。上記の4を検索するという好例だ。
ベルメゾンラボ スペースサーチ
家具を収納するスペースをマウスで変化させるだけで、該当の家具が表示される素晴らしいインターフェースである。
実際に裏側にあるのは、縦・横・高さという情報なのだが、それらを入力させるという必要もなく、直感的にわかりやすく実用的である。

セマンティックウェブが進展すると、このような直感的なインターフェースが普通になるだろう。

家具にとどまらず様々な切り口において、自動的にウェブサイトを分類、抽出し、答えだけを表示するのだ。

例えばこんなインターフェース。
画像素材販売のアマナイメージズのインターフェースが非常に興味深い。
写真を感性という観点から分類し選択表示を行うことができるのだ。
amanaimages写真感性検索

少々わかりにくいのだが、上記の画像からリンクした先のページの上部にENTERがあるので、そこから画像検索を行うことができる。
是非やってみていただきたいのだが、
「可愛い感じの写真が欲しい」
っていうような漠然としたニーズに応える事ができる検索である。

まさに答え、あるいは答えの候補を指し示すサービスだ。

セマンティックウェブは、インターネット検索、ひいてはインターネットそのものを根本から変えるであろう。
しかし、Googleがコンテンツの内容を理解して、様々な確度から自由自在に、ニーズに即した答えを導いてくれるまでにはまだ時間がかかる。

「人生 宇宙 すべての答え」
をGoogleが知るには時間が必要だ。
しかし、着実にその答えに向かおうとしているとしている。

その過程において、近い将来インターネット検索は根本から変革されるだろう。
変革がなされた時SEOはどうなるか?
SEOはその時、死ぬであろうと私は予言するのである。

タグ

2011/11/14 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:essence

中小企業のSEO担当者がやるべき事

一般サイトに比較して企業ホームページのSEOは難しい。
有用なコンテンツを作って、被リンクを集めるという戦略を取るのがSEOにおいて理想だ。
しかし、そもそもそれ自体非常に難しい上に、自社の製品を売るというコンテンツの延長上で発想しなくてはならないので更に難しい。

さらに中小企業となると他業務と兼任であり、ホームページの運営は片手間であるということの方が多い。

このような状況でSEOに取り組むのはさらに困難だ。


1.予算
2.時間
3.スキル

上記のいずれかがあれば、他の不足をある程度カバーすることができる。
例えば、
「予算が潤沢にあればアウトソーシングすることができる」
「スキルがあれば社内で制作したり、安価な業者を選定できる」
といった具合である。
ところが、このいずれも足りないというのが現実だろう。
このような制約下において、SEOを行なう必要があるならばどうすればいいか?

最も大切な事それは感覚・知識を身につけることだと、私は考えている。
スキルだけは唯一自分で準備できるからだ。
そうして、スキルは他の不足を埋め合わせることができる。

それでは必要なスキルを順番に書いてみよう。
まるっきりホームページの知識がないのであれば、下記の順番で勉強していくことをお勧めする。

1.ホームページの良し悪しを評価できること

そのホームページを見て、買いたいと思うかどうか?
という観点で評価できるようになることだ。
実は私はこのスキルが一番重要なのではないか?と思っているのだ。
いくら集客したとしても、ホームページの出来がダメだったらまったく意味がないからである。
ある程度以上の品質のホームページを作ることが、全ての前提だからだ。

まずは同業他社だけではなく、様々な業種、トップアフィリエイターと言われる人たちが作っているホームページをたくさん見てみる。
漠然と見ていても徐々に見る目は養われていくが、下記のような観点を常に意識しながら見ることをお勧めしたい。

・誰に見てもらいたいかが明確になっているか
・ベースとなるデザインは見てもらいたい人の属性と一致しているか
・色の統一感があってかつメリハリがあるか
・最も誘導したいページへのリンクは目立つようになっているか
・製品やサービスの特徴を端的に表現しているか
・信頼感を感じられるか

このようなことを考えながら、100サイトぐらいを見てみると明らかに評価するスキルがアップするはずである。
100というと非常に多いように思われるかもしれないが、私などは1日か2日でこの程度は見ている。
また少しずつこなして毎日10サイトずつみていけばたった10日だ。

2.ホームページ制作の基礎を理解すること

覚えなくてはならないのは、HTMLの基礎・CSSの基礎・FTPの使い方だ。
HTMLやCSSがまったく理解出来ないとなると、最低限必要なSEO対策ができないばかりでなく、SEOを外注する場合に業者の信頼性の判定もできない。
ごく簡単なホームページぐらいは作れる知識は必須である。
簡単なホームページを作れるぐらいになるのはこれも数日で可能だと思う。

3.自社の商品の特徴・有用性を知ること

あんがい自社の商品がどのような有用性があるかわかっていないというケースが多い。
特にホームページの担当者は、システムの運用者や総務担当者などが兼務しているケースではこの傾向が顕著である。
営業担当者などにヒヤリングするなどして、どのようなユーザーが自社の商品を求めているのかを把握しておく。
またカタログ上の有用性ではなく、誰がどのようなときに自社商品を買うといいのか?を具体的に想定できるようにしておく。
※関連記事ロングテールSEOの基本No.2では、自社の商品の強みを知ることがいかに重要かを述べている。

4.SEOの基礎を知ること

SEOの関連書籍はたくさんある。
しかし、読むべき書籍はそれほど多くはない。
まずはGoogleというもの知ることが、SEOの一番の近道であると思う。
その意味でおすすめしたい本が1冊ある。
Google秘録というドキュメンタリーだ。

Googleとは一つの思想・あるいは擬似人格だと私は考えている。
例えばある人がいて、その人のことをよく知っていれば、
「こんな時、あの人はどうするかな?」
っていうことが想像がつく可能性が高い。
SEOもこれに近い。

「こういうことをしたらGoogleの基本的な考えからしたら、どう判断されるだろうか?」

ということが体得できる数少ない本である。
インタビューを元に構成された本であるが、これを読めばGoogleとは何かが分かるはずである。並のSEOの本よりはるかにためになること請け合いだ。

また、1冊だけはしっかりしたSEOの知識の本を通読して理解しておくことが重要。
たくさん読むより、1冊をきちんと理解したほうがいいと私は考えている。
その中で渡辺隆広氏の書籍は間違いがなく、かつ必要な知識を網羅しているのでお勧めだ。
(2011年10月時点では下記の本が最新)

近年、SEOの知識はWeb上に氾濫しまくっていて(まあ、このブログもその一つなのだが)、何もSEOのことがわからない人がそれらを読むと混乱する。まずは、SEOの基本を体得してからWebの知識は見たほうがよい。
私が紹介した2冊の本を消化すれば、Webに書いてあることを読んだ時に何が正しそうで、何が間違っていそうか判断できるようになると思う。

5.アクセス解析の基本を知ること

Google Analyticsの使い方を知ること。
敵を知り己を知れば百戦危うからずという言葉がある。
他のホームページは外面的につかめる情報だけはつかめるようになって、あとは自社のホームページである。
アクセス解析がわかるようになると、定量的に自社のページの状況がつかめるようになる。
その入門書として「できる100ワザGoogle Analytics」をお勧めする。


さて、上記ができたらSEOに必要なスキルは揃ったと思う。
実際にSEOにとりかかるのだが、このような順番がいいだろう。

1.自社のホームページを評価し、結果から問題点をリストアップする。

 ・デザイン面
 ・使いやすさ、構造の明確さ
 ・登録のしやすさ
 ・Analyticsで見て自社のターゲットとなる顧客とずれていないか
 など検討を加える。

2.問題が大きければリニューアルすること検討する。

また現状で簡単にコンテンツを追加できないようになっているのであれば、コンテンツを追加できる仕組みは最低限設けた方がよい。外部の無料ブログでコンテンツをいくら追加したとしても、SEO的な観点からは自社のサイトの強化は基本的にできないのでこの点は最低限予算化して実施する必要があるだろう。

3.ロングテールSEOの観点から足りないコンテンツをリストアップする。

コンテンツの発想方法は以下の記事をご覧頂きたい。
 ロングテールSEOの基本 No.1
 ロングテールSEOの基本 No.2
 ロングテールSEOの基本 No.3

4.リニューアルが必要であればホームページ制作業者を選定する。

できれば自社の近隣のホームページ制作業者がよい。
候補となる制作業者のホームページを吟味し選定する。
また、SEOは実質ホームページ制作業者が担うことになる場合が多いので、デザイン面だけではなくSEOの知識について調査する。
下記の項目をクリアできれば最低限のSEO知識はある可能性が高い。
1)制作業者のページを調査する。
 ・wwwありなし/index.htmlありなしが正規化されているか
 ・Another HTML-lint gatewayで、-9となってしまう項目はないか。
2)ヒヤリングを実施
 ・301リダイレクト、canonicalの動作
 ・alt属性の正しい考え方
 ・nofollow、noindexの動作及び指定をする理由

5.ホームページ制作業者を使わない場合はHTMLの修正を自分で行う。

 論理的なマークアップになるように修正する。

6.コンテンツを定期的に追加する。

 これは実は一番難しい所で、時間を確保して行うようにしないと、他の業務に流されてまったくできなくなってしまったりする。

7.定期的にチェックする。

 ・ウェブマスターツールでどのようなキーワードがGoogleに対して認識されているか?ペナルティを受けていないか確認する。
 ・Google Analyticsを見て定期的に確認する。


このように運営していけばおそらく1年もやれば、かなりWebに詳しくなるはずである。
SEO業者に外注するのはその後でいいと思う。ここまでできるようになれば、SEO業者が必要になれば自分の力で選定ができるであろう。また自分自身で順位アップということもできるはずだ。

タグ

2011/11/07 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:introduction

このページの先頭へ