Google ウェブマスター向け公式ヘルプ フォーラムから今年を振り返る

私事になるが、今年はみのり多き1年だった。
今年の5月より、Google ウェブマスター向け公式ヘルプ フォーラムにて回答をさせて頂くようになったのが最も大きかった。

これはGoogleが公式に運営している掲示板である。
ヘルプフォーラムに参加するようになって、私自身SEOへの理解が大きく深まったことを実感している。
それは以下の3つが役だったためである。

1.遭遇したことのない現象について見て考察することができる。
2.私だったら作らないようなサイトの情報が得られる。
3.他の有識者の見解を知る事ができる。

このいずれも得難い価値であった。

1.遭遇したことのない現象について見て考察することができる。

私は、”SEOそのもの”について多く勉強する必要はないと思っている。そして、技術的な瑣末な知識も不要だと思っている。
SEOは表層的な知識を身につける必要はなく、根本的な原理原則をおさえれば基本的には問題ないと考えているのだ。

しかし立場による。
SEOについてコンサルティングを行う立場であるならば、当然、検索エンジンの最新の技術動向や瑣末な知識も必要になる。

今年の検索エンジンそのもののトピックとしてはこのようなものがあった。
・パンダアップデート(日本への導入時期のことはおいておくとして)
・パージネーションの導入
・スマートフォン用のクローラーの正式発表
・QDFの強化
・ガイドライン違反のお知らせ機能
これら様々なトピックがあったが、実際に自分の管理下にあるサイトで現象を目撃したものは少なかった。
しかし、ヘルプフォーラムにはこれらに対する臨場感ある生の声が掲載されていた。

そのような生の声による事例を考えることは実に有意義で、生きた知識として身につけることができたと思う。

2.私だったら作らないようなサイトの情報が得られる。

実際にペナルティが発動する傾向などについて多く知ることが出来た。
ペナルティに遭遇するということは、実際に体験することはあまりないため貴重な経験である。
ペナルティになった時の状態、改善のために施したこと、そして最も重要なことはその後の状況だ。
定期的にウォッチしていると、順位が回復していたりすることもあり、対策の有効性の仮説の検証などに役立った。

自分で実験をしていなくても、ペナルティ対策を知ることができる機会はヘルプフォーラムしかないように思う。

3.他の有識者の見解を知る事ができる。

考えて回答が出せなかった問題も多数ある。
それらについて他の有識者の回答を読むことは、直接的に勉強になった。

自分で考えた問題であるゆえにとてもためになる。

受験勉強で問題集をやっている時のことを思い出す。
ほとんど考えずに回答を見てしまった場合、強く記憶されることはなかった。
ところが、考えに考え、どうしようもなかった結果、答えを見た場合はっきりと刻印されるように記憶されたことを思い出す。
これに非常に似ている。


SEOの知識、スキルのアップに寄与しただけではなかった。
ウェブマスターの方々との交流や、SEOのプロの方々とコミュニケーションを取ることで、自分自身のSEOへ向き合うモチベーションの向上につながった。

ヘルプフォーラムに参加しなければ、このブログを始めることは絶対になかった。
アウトプットをすることはしんどいことなのだけど、あやふやな知識を確固としたものにする効果があることがよくわかった。
勉強になっているのはブログを読んでくださる皆様ではなくて私自身である。

毎週更新をしていているが、実は毎週、
「こんなつまらん、目新しい内容もないことを書いていいのだろうか?」
と、いつもいつもいつもいつも心の中に、冷や汗をかきながら記事を公開しているのである。
(ちなみにSEOのプロの方や、ヘルプフォーラムの常連の方とかに読んでいただくのは特に緊張する)

こんなブログにお付き合いいただきありがとうございました。
また、来年もよろしくお願いいたします。

追伸 毎週月曜日に当ブログは更新していますが、来年1月2日は更新をお休みします。

タグ

2011/12/31 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:superficial

SEOの噂を検証する

今回のテーマは、

SEOの噂である

様々なSEOブログで取り上げられているテーマなのだが、私も思うところがあって書いてみたいと思った次第なのだ。
効果があるとSEOの初心者は信じている(人が多い)が、実際は効果がないと言われているSEO手法についてである。

さて検証の前に、とある手法がSEOについて効果的であるかないかについての考え方を述べてみたい。
手法が有効か否かは原理原則論から考えれば答えは明らかになる。
Googleの構築の根本をなす思想は、

必要な情報をできる限り速やかに発見できるシステムを提供する

というものである。
そのためには必要な情報を提供しているページを上位表示するというのが原則である。
従って考えるべきは、Googleが目指している目標と合致しているか、合致していないかである。
基本的には作っているコンテンツがGoogleの目標と合致していればよいのだ。

1.ディレクトリは浅いほうが上位表示しやすい

ひょっとしたら、ディレクトリが浅いほうが上位表示しやすいのかもしれない。しかし、私の感覚としては検索順位とまったく関係ない。

「これ」というキーワードで検索してみよう。ヒット数、約1,860,000,000件という超ビッグキーワードである。

「これ」というキーワードの検索結果

最上位に表示されているページのディレクトリの階層を見てみよう。
www6.plala.or.jp/private-hp/samuraidamasii/tamasiitop/robotyuugoku/robotyuugoku.htm
非常に階層が深いにも関わらず、こんなビッグキーワードで上位表示されているのである。
この例からも、ディレクトリと検索順位は関係がなさそうだと言えそうだ。

2.キーワード密度は5%程度がよい

これも単なる噂だと私は考えている。
必要に応じて文章を書けばいいのであって、キーワードの密度を後から考えるというのは間違っている。

1)キーワード密度が低いのに上位表示している例
メディアフェイス公式のSEOブログの記事に面白い記事があった。
「りんご」の検索結果にGoogle画像認識の今を見る?
上記の記事で引用されているページ、りんごの品種には「りんご」というキーワードは4回しか出現しない。ひょっとしたら、画像を「りんご」だと認識していてそれ故に上位表示されている可能性はあるのだが、キーワードとしては4回しか出現していないのだ。

2)キーワード密度が極度に高いのに上位表示している例
「アナゴさん」というキーワードはビッグキーワードではないが、そこそこのキーワードである(みんな知っているだろうし)。最上位に表示されているページが注目に値する。
アナゴさん」というページだが、キーワード密度を高くしすぎるとペナルティになると考えている人にとっては衝撃的だろう。

これを実際にページを開いてクリックしてみると、こんなにキーワードが列挙されている必然性がわかるはずだ。
つまり、必然性があれば、キーワードを列挙したとしてもペナルティにはならないということである。

3.Another HTML-lint gatewayで100点を取るべき

SEOのコンサルタントでもこのようなことを公言している人物が存在している。
しかし、実際は原理原則論に照らすと明らかにおかしいことがわかるはずである。
実際に超ビッグキーワードで検証してみよう。
「これ」などという誰も狙っていないキーワードではなく、実際にビジネスに直結するキーワードである。
「FX」というキーワードで検索した時に、最上位表示されるのは、FX初心者のための入門サイト|FX比較ビギナーズというサイトである。
これを採点してみると-4点だ。
2位に表示されるのも、FX | 外為 | 外為どっとコム | FX取引サイトであるが、これはちょっと点数がいいものの47点止まり。

先ほどの「りんご」のページにいたっては-47点。こんな点数でも上位表示するのだ。
国内で最も知名度が高い松尾茂起氏が開発した「賢威」というSEOのテンプレートがある。これで作成されているページは50点台という点数にとどまる。これでいいということなのだ。100点を取ることよりも他に大切なことはたくさんある。


今回はSEOの噂に関して、有名ブログ内の価値ある記事をピックアップしたので、興味のある方は読んでいただきたい。

αSEO
SEO Japan 
パシのSEOブログ
Web担

タグ

2011/12/26 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:essence

無意識に陥るSEOスパムの罠

SEOスパムはある程度SEOの知識がついてくると、えてしてやってしまうものだ。
順位が上がらないために、さらに様々にいじくり回した結果、SEOが過剰になりその結果順位が下がるというわけだ。
SEOの難しいところは、SEOが足りなくても、過剰でも同じく結果が出ないことである。

やったけど上がらなかった
じゃあ、次これをやってみるか
これもダメか、じゃあ、これもやってみるか
やっぱりダメ・・・

SEOを実践しても、順位が上がらないというのはむしろSEOのしすぎに原因があることが多い。
SEOを実施して、結果が出るまでには時間がかかる。
場合によっては数ヶ月かかる場合もある。
それまでに順位が上がらないからとページをいじくりすぎて、スパムになってしまうというわけだ。

SEOの上級者になると、むしろSEOはそこそこでいいという割り切りを持っている。
内部施策の場合、基本的に必要な要素は下記の4つ。

・titleタグ
・a タグ
・キーワード密度
・h1タグ

この4つぐらいだ。
SEOブログの運営で知られているパシフィカス氏の下記の記事にはタイトル、見出し、テキストの3つを対策する事が重要と書いてある。
GoogleのSEOに効果的なテクニックまとめ
他の記事中では、内部施策はその程度でよいとも言っている。

また被リンクを売っているSEO業者からも時々話を聞いたが、

「最低titleだけはキーワードが含まれていないとさすがに上位表示は無理ですね」

という見解を語っていた。言い換えると、最低限の内部施策はtitleタグの最適化、それにプラスすると上記の施策を全て行えばそれでよいということだ。
もう一つ別な言い換えをしてみよう。

「それ以上、やってもあまり意味はありません。」

ということだ。
ちなみに最近では共起語による内部施策が注目されているが、これはやりすぎるとよろしくないと考えられる。検索エンジンのアルゴリズムの悪用だからだ(※共起語SEOはなぜ効果があるのか?ということについて私見を記事の最後に簡単に記載した)。

あとは、テーマに沿ったページを増やしサイト全体のパワーを上げるといった施策だが、これには時間がかかる。
結局のところ、内部施策はそこそこでいいという結論である。
それ以上いろいろいじくり回すことは、害にこそなっても、あまり益はないということだ。
なので内部施策はし過ぎないことにこそ気をつけるべきということになる。

実は同じことが外部施策にも言える。
順位が上がらないからということで、様々な外部リンクを更に作ったりしても無理な場合は無理だし、相互リンクシステムに手を出したりすると、それが大幅順位下落の原因になったりする。

「順位を上げたい」ということはどういうことか?
ちょっとだけ掘り下げて考えると、それはアクセスを増やしたいということである。
大切なサイトの場合は地道に施策することで、スモールキーワードを含めてアクセスを拾っていくことをお勧めしたい。急がば回れである。


共起語とは、文章中に同時に記述されることの多い単語のこと。SEOの手法として注目され始めたのはごく最近である。
SEOの手法として取り上げたのは下記紹介記事の著者である鈴木氏が一番最初だと思うが、検索エンジンの内部的なアルゴリズムとしては古くから存在する概念である。
「果物」というキーワードに対して、「バナナ」「イチゴ」「八百屋」「フルーツパフェ」といったキーワードが共起語になりうる。
検索キーワードに対する共起語が多く含まれているページは、上位表示されやすいという現象が知られているが、これは当然のことだ。「果物」と検索した時にその周辺の関連するキーワードがたくさん含まれているページは、果物の関連情報が充実していると考えられる。
しかしながら、これをあえて狙う必要はなく、自然に書けば共起語は含まれるはずなのである。

参考記事
・2011年最も施策することが多かったSEO内部対策ベスト3 + その他
・共起語SEOをもう一度解説してみる

タグ

2011/12/19 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:superficial

上位表示のノウハウを教えてもらう必要などない!外部リンク編No.2

リンクには評価されるリンクと評価されないリンクがある。
評価されないリンクは評価がなされないだけでなく、場合によってはサイトの評価が下がる原因にもなる。

では、どのような外部リンクを貼ることが正しいのか?

それは実際に上位表示に成功しているサイトを見ることでつかむことができる。
前回の記事でそのあたりは述べたとおりである。
被リンクを得るのが難しいと言われる営利目的の企業サイトであっても、企業活動をを行なっていく中でリンクを獲得することはできるというのが前回の要点だ。

さて、また別の視点から被リンクを見てみよう。

今回も題材は「タラバガニ」だ。
「タラバガニ」と検索した時に、4位に表示されるサイトに着眼してみよう。
タラバガニお取り寄せ(たらばがに)【蟹のお取り寄せで失敗しないには?】

このサイトはアフィリエイターが運営しているサイトである。
アフィリエイトサイトもまた、一般的には自然な被リンクを得るのが難しいと言われている。
まず調べてみることは、

いつからこのようなサイトをやっていたか?

である。
これを調べるためにはWayBack Machineを使う。

URLを入力して「Take Me Back」をクリックすると、カレンダーが表示され、カレンダーの中にある丸印をクリックすると、その時点のサイトの状態が表示される。
これを見てみると、かつては全く違ったサイトであったことがわかる。

ホームヘルプサービスふきのとう

という、介護支援の会社のホームページであったことがわかる。
2006年、2007年にはサイトがあったことがわかるが、そのあと、2011年まで空白である。
その後、ホームページが現在の状況になったということ。
つまり、これは中古ドメイン(オールドドメイン)だ。
以前から運営されていたサイトは、以前からの評価を引きついていることが多く、それゆえに中古ドメインは上位表示されやすいことが知られている。
中古ドメインはまったく効果がないことも多いが、この場合上位表示に役立った可能性が高い。

一応、ドメインの所有者を調べてみよう。

whoisサービスを使えば、ドメインの所有者を知ることができる。
このドメインの管理者はVALUE-DOMAIN COMとなっている。いかにも中古ドメインという感じである。
ipアドレスは210.172.108.237となっているようだ。

さて、姉妹サイトと思われるものを見てみることにする。
ページ中段のリンク社交ダンス上達のDVDを実際、買って試してみた感想をクリックしてみると、似たような雰囲気のサイトが出現する。

http://www.autovillage99.com/sinoda/

このサイトも同様に調査してみる。
以前は中古車の販売サイトであったようだが、サイト自体はつくったものの、コンテンツを作らずほとんど放棄されていたもののように見える。それでも一応中古ドメイン。
やはりドメインの管理者はVALUE-DOMAIN COM。
ipアドレスは219.94.203.179となっており、ipは分散していることがわかる。

さて、このアフィリエイターの所有サイトを明らかにしてみよう。
はてブを見てみると一目瞭然によくわかる。
「タラバガニのお取り寄せ」をはてブしているユーザは2名。
ukiukirunrun57
manimani25
前者を調べてみると、481のブックマークがあり所有サイトがずらりと並ぶ。
それらを同様に調べてみると、中古ドメインがズラリと並ぶ。

実にすごい数である。

中古ドメインからなる大量のサイト群を持ち、それが相互リンクしているという造りになっている。
いわゆる人間が見れば一目瞭然なのだが、現在のGoogleのアルゴリズムではこのような人為的な被リンクを見破ることはできないということがわかる。

あと、本当の相互リンクも見てみよう。
相互リンク3/相互リンク4といったあたりだ。
相互リンク先を見ると明らかに自分の管理下にないと思われるサイトが多数出現する。
相互リンクといいつつ、様々な会社、アフィリエイトサイトでないサイト、かつ先方からリンクのないサイトが多数存在する。

あと、同一サーバ内にある、別ドメインをチェックしてみる。

http://akimoto.jp/domain/

こんなツールを使ってみるといいだろう。
あまりにもこのあたりは煩雑になるので省略してしまうのだが(あまり書きたくないという気もする)。
すると、様々なサイト群は一つの点につながってくる。
SEOをやっている会社がこれには絡んでいるようだ。
そうでもなければ、これだけの大量の中古ドメインを使って、採算が乗るわけもないってわけでもある。

現在でも大量のサイトを作り、バックリンクを貼るというという方法は有効だということだ。先ほどのはてブ、ukiukirunrun57のサイト群を見ると上位表示されているキーワードもある(例:フラダンス教室/赤ちゃん夜泣き)。

私としてはあまりおすすめはしないが、このようなやり方によって上位表示は可能だということなのである。

タグ

2011/12/12 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:superficial

上位表示のノウハウを教えてもらう必要などない!外部リンク編No.1

当ブログはSEOをテーマにしているにもかかわらず、順位を上げるという取り組みについて全く書いて来なかった。
狭義の意味でSEOというと、世間では上位表示のことを指している。そういう意味では私のブログはSEOブログとは言えないのかもしれない(実際にはSEOは上位表示を指すわけではない)。

そんなわけで、今回はいわゆるSEOブログっぽい記事を書いてみることにしたわけだ。

今回のタイトルの半分は釣りだが、半分は本気である。

「上位表示のノウハウを教えてもらう必要などない!」
という扇情的なタイトルをつけたのにはわけがある。
もっと別の言い方をするととたんにわかりやすくなる。では言い換えてみよう。

「上位表示のノウハウを隠すことはできない!」

ということである。
上位表示しているサイトはなぜ上位表示されているのか?
そのノウハウは全て公開されている。いや、隠すことができないのだ。

こんなキーワードを分析してみよう。

「タラバガニ」

なんで、こんなキーワードかというと、私の好物であり、今、お歳暮の時期でこれもらったら嬉しいなって思ったりしたからである。
さて、このキーワードであるが、ヒット数は330万件といったところで超ビッグキーワードという程のものではない。
月間の検索数は、Google AdWordsキーワードツールで見てみると、部分一致で27,100回、完全一致で5,400回というレベル。
このキーワード単体だけが上位表示されても、それだけでビジネスが成立するという回数ではないが、この程度のキーワードで上位表示できるスキルを持つというのは一つの目標になるかと思う。

さて、このキーワードで上位表示しているサイトを見てみよう。

No.1はタラバガニ – Wikipedia
言わずと知れた、wikipediaである。
wikipediaはオーソリティサイト(権威のあるサイトとGoogleが認識しているサイト)であり、この項目が上位表示されるのは当たり前すぎるほど当たり前である。
オーソリティーサイトについて詳しく知りたい、あるいはなぜ上位表示されるか知りたい人は、SEMリサーチの記事を御覧いただきたい。

No.2はタラバガニ 北海道よりお取り寄せ通販! 北のグルメ便
通販サイトである。

現在でも上位表示のためにはやはり被リンクが大きな比重を占めている。
なので、被リンクを調べてみよう。
YSE(Yahoo! Site Explorer)がサービス終了してしまったため、他の方法を使うしかない。
なので、Open Site Explorerを用いる。
※これで不十分な場合、Googleでこんな検索をして補う。

1)”北のグルメ便” -site:www.kitanogurume.com/
2)”www.kitanogurume.com/” -site:www.kitanogurume.com/

特に2)の検索はかなり使えると思っている。被リンクそのものを見ることはできないが、リンクを含む言及をかなり網羅的に見ることができる。
1)2)及び、Open Site Explorerを併用して見ると外部リンクのかなりの部分を調査することが可能だ。

高橋物産株式会社公式ホームページ
商品紹介サイト
札幌市中央卸売場外市場ホームページ

これらのような自社の運営下にある別ドメインからのリンクがあることがわかる。
サテライトサイトというようなレベルではなく、きちんと作り込んである別サイトからのリンクのパワーは強い。

また、こんなサイトもある。
《激安カニ比較》北海道産の蟹(かに)通販人気ランキング!
北のグルメ|おせち宅配 カニをお取り寄せ

上記のサイトはアフィリエイトのサイトであるが、アフィリエイトのタグではなく直接リンクが貼られている箇所がある。
アフィリエイト広告を使うと、直接リンクを貼ってくれるようなこともあるようである。
(あるいは、アフィリエイト広告を一旦停止した時期があり、その間アフィリエイターがページを削除しなかったのかもしれない。それであれば、これは被リンクをもらう裏技ってことになるかも)

その他、
日本全国 特産品・名産品・地産品・特産物のインターネット見本市 ひのき舞台

こういうところに掲載していたり。

はてブ

などにも地味に掲載されていたり。

あと、企業ページでありながらこれだけリンクを得た理由を考えると、実際に口コミがプラスにSEOで働いているのがわかる。
それほどの数ではないが、口コミでも取り上げられている。
Topsyのページを見るとわかる。
この程度の数であれば、企業活動を行なっている会社であれば、ちょっと顧客に広めてもらうぐらいのレベルで可能だろう。
(忘れてはならないのは、ホームページ内に掲載されている写真の美しさである。食欲という欲求を喚起させる素晴らしい出来だ)

丹念に見ていくと被リンクがバラエティに富んでいることがわかる。これことまさにGoogleが評価するリンクだ。それでいて、一つ一つを見ていくと、自力で何とかなる被リンクばかりである。

この会社自体マスコミに取り上げられたということもあるが、言及数がそれほど際立って多いとは言えない。

取り立ててSEOを行わなくても、採用活動や、営業活動などの外部へのPRを行っていくと、自社ホームページへの言及数で1万以上を稼ぐことは難しくはない。意識してやっていなくても数千件の言及数がついているのはごく普通である。

結局のところ、外部リンクを購入しなくても、企業サイトでもリンクはもらえるということだ。
ここまで書いてきて結局、SEOのテクニックの話ではなくなってしまったので、来週は外部リンクのテクニックについて書いてみたい。

タグ

2011/12/05 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:superficial

このページの先頭へ