Googleウェブマスターツールは必ず導入すべき

今回お題であるが、

Googleウェブマスターツールは必ず導入すべき

である。

Google社は公式にこのようにアナウンスしている。

Google ウェブマスターツールは、あなたのウェブサイトとGoogle の相性を簡単に高めることができるツールです。

実際に、これを活用することでSEOのみならずユーザーへの利便性を高めることができるツールだ。

Google Analyticsも確かに重要なのだがAnalyticsを日々丹念に見るよりも、ウェブマスターツールを毎日サラッと見たほうがいいと考えている。
※現在Analyticsにウェブマスターツールは統合できるので、旧ウェブマスターツールをAnalyticsから見るのもよい。

その理由を述べてみよう

1.自サイトの状況を定点観察する必要がある

Analyticsを見始めるとつい色々見たくなって、時間を食う。
Analyticsはテーマを決めて仮説を立てて検証したり、改善のための問題点をあぶり出すために使うために、じっくり使うのがよい。
しかし、日常的にのんべんだらりと見るのは時間の無駄であるというのが私の考えである。

ウェブマスターツールはサイトに問題があり検索エンジンから評価を下げられたり、日々の様々な施策によりアクセスが徐々に増えているという様子をざっくりとらえるのに良い。
同じ指標で常に観察していると、サイトの評価の変化がよくわかるが、把握するための最小限としてウェブマスターツールの画面がちょうどいいのだ。

  • 表示回数
  • クエリ数

ウェブマスターツールでこの2つを見る。

  • 検索エンジンでの「表示回数」を見れは検索エンジンからの評価が上がったか下がったかが把握できる。
    ネガティブな要因があると「表示回数」がガクッと下がったり、徐々に下がり自然回復しないという現象が起きる。
    特定のキーワードでの順位が著しく下落した場合でも、「表示回数」がほとんど変わっていないのであれば、サイトにネガティブな要因はないことがほとんどである。
    だから、順位で検索エンジンからの評価を確認するのではなく「表示回数」を見るべきなのだ。
  • ロングテールのSEO施策を私は特に重視しているのだが、「クエリ数」の増減でロングテールSEOの効果を測ることができる。
    ロングテールSEOの目的は、様々なキーワードでの検索結果への露出を増やすことだ。
    クエリ数が増えるということは、検索対象となるキーワードが増えることであり直接効果をはかる指標となる。
    「表示回数」と同じくネガティブな要因があると、キーワード数も減少していく。

2.Googleからのメッセージが届くかも知れない

Googleから警告メッセージが届く時がある。
「スパム施策を行なっている」「不自然な被リンクがついている」といったメッセージが届けば、適切に対処できる可能性がある。
特に2012年導入のペンギンアップデート以降被リンク警告は数多く送付されており、この重要性は高まっている。

3.サイトの立ち上げ時に必要

sitemap.xmlを登録するためには、Googleウェブマスターツールへの登録が必須だ。
ページ数が数十ページ程度しかない小規模なサイトであれば、リンクの階層が深くならないように配慮すれば基本的に全てのページがインデックスされる。しかし、sitemap.xmlを登録したほうがインデックスは圧倒的に早いし確実である。

sitemap.xmlの送信はもう一つ重要な意味がある。

送信した後で、インデックスへの登録ができない場合がある。
私が経験したのはWordPressでクローラーがブロックされてsitemap.xmlが登録できなかったというケースである。
robots.txtが存在しないのに、なぜかクローラーがブロックされているというエラーが出て登録できなかった。ところが、WordPressのsitemap生成のプラグインを外したらブロックが解除されたということがあった。
ウェブマスターツールがなければ、なかなか気がつくことができなかったであろう。

他にもクローラビリティに関する診断ツールが、ウェブマスターツールには用意されている。

Fetch as Google
クロールエラーの表示
インスタントプレビューの表示

といった情報を見られることにも大きな価値がある。

また、Fetch as Googleはクローラビリティの診断だけではなく、インデックスを促進させるための強力無比とも言えるツールでもある。

4.サイトのパフォーマンスを調査する

前述の中で特に「サイトのパフォーマンス」は無料のツールとして強力無比とも言えるツールだ。
サイトのパフォーマンスは、ユーザーの利便性に大きく関わる。
amazon.comでページの表示を遅らせると、どれほど収益に影響するかというテストが行われたことがある。
@IT Chromeはなぜ速いのかに詳しいが、たった100ms(10分の1秒)遅くするだけで、大きく収益が下がるということがわかったそうなのだ。
SEOという観点というよりも、ユーザーの使い勝手という観点でこの指標は重視すべきなのである。

※このツールは廃止になった。現在は、Analyticsの「サイトの速度レポート」が利用できる。

5.CTRを改善する

表示回数の割にクリック数の少ないクエリを把握することがでえきる。
検索順位を上げることで、クリック数を2倍にすることはなかなか大変だが、もともと少ないCTRを2倍にすること比較的たやすい。
特にdescriptionが検索結果に表示されている場合は、この内容を改善するだけでCTRを大きく改善できる可能性がある。
CTRが1%を切っているようなクエリについては、改善を検討したほうがいいだろう。

SEOというと順位を上げるということにばかり目が行きがちであるが、検索エンジンに自サイトそのものの存在、ページの存在をPRをすることがまず前提だ。

そして、自サイトの正しい評価を知り、対策を打つことも重要だ。

ウェブマスターツールはGoogleに対して自サイトを知らせる、連絡をもらうという双方向のコミュニケーションが可能な最良のツールである。

無料ブログを使っているといった導入ができない場合以外は導入すべきだ。

さて、最後になるが、

「ウェブマスターツールを導入しないほうがよい」

という意見について書いておきたい。
現在のSEO施策がGoogleに筒抜けになるため、ウェブマスターツールを導入しないほうがよいというSEOのコンサルタントもいる。

しかし、通常のWebサイトの運営をしているのであれば、Googleに知られて困ることはない。自作自演の被リンクなどを行っているからGoogleを恐れる必要が生じる。

自作自演の被リンクはSEOではない

SEOは「検索エンジン最適化」であり、不当に順位を上げようとする行為は「最適化」ではない。
正しくSEOを行っている限り、Googleを恐れる必要はないのだ。


当ページでは、ウェブマスターツールの使い方について解説していないので、わかりやすく使い方が書いてあるページを挙げておく。

タグ

2012/02/27 | コメント/トラックバック(12) |

カテゴリー:superficial

自作自演不要 企業のサテライト戦略

企業サイトで被リンクをもらうのは難しい。
まず、被リンクをもらう代表的な戦略としては、相互リンクが挙げられる。
しかし、相互リンクは非常に労力がかかるため、あまり労力対効果はよくない。

自社でSEOを行う際に、最も考えなくてはならないのが、労力対効果であるというのが私の持論である。

SEOのためにやるべき戦略は無数にある。
しかし、投入することができる労力は有限であるため、その範囲内でいかなる戦略を選択するのかが最も重要だ。
内部施策、外部施策共にやったほうが確実にプラスになる戦略は無数にある。

内部施策については私はロングテールSEOをお勧めすると以前に書いた。

外部施策について、スパムにならずに被リンクをもらえて、かつ、労力のあまりかからない手法はないか?

お勧めの方法がある。

自社名で検索してみるのだ。

意外に自分の会社名を検索して、検索結果を丹念に見ている人は少ないと思う。
よく見ると自社が作成した、あるいは作成を依頼した以外のサイトが、はるかに検索結果に多く出現していることに気がつくだろう。

抽象的な話をしてもわかりにくいので、具体的な例を挙げてみよう。

せっかくの機会なので、私が子供の頃から大好きな「株式会社科学教材社」について分析してみたい。
私のブログは大したアクセス数があるわけでもないが、ほんのちょびっとは宣伝になるかも知れないし、きっかけになって電子工学に興味を持ってくれる人が一人でも増えたら嬉しいからである。
※ちょっとはSEO効果もあるだろうし・・・。

さて、このように検索してみる。

intitle:科学教材社

このように検索すると、titleタグの中に「科学教材社」という文字が含まれているページが見つかる。
2012/2/19現在、Yahoo!で検索したら672件ヒットした。

かなりたくさんある。
もちろん、老舗でもあるのでその会社のファンというものも存在する。だからそのような人が記事を書いているというのもあるが、それだけでは全くない。

企業の場合は、電話帳データを元に自動的に生成したページが沢山存在する。

1.まず電話帳データから作られたサイトに着眼してみる


検索順位8位:マピオン電話帳
株式会社科学教材社 – 千代田区/教育教材:マピオン電話帳
検索順位11位:foursquare
foursquare :: 科学教材社 :: 千代田区, 東京都
検索順位18位:hotfrog
科学教材社 教材 千代田区, 東京都
検索順位29位:lococom
株式会社科学教材社(03-3291-7271:千代田区神田錦町2丁目5 …
検索順位47位:エブリタウン
科学教材社 – 千代田区【エブリタウン】
検索順位64位:電話帳ナビ
株式会社科学教材社 – [電話帳ナビ]基本情報
検索順位75位:e-shops
株式会社科学教材社 < 千代田区(教育材)【e-shops】
検索順位87位:エブリタウン モバイル
「科学教材社」 千代田区【エブリタウン モバイル】


検索100位以内にこのようなページがある。
中で検索8位のマピオン電話帳を除いては、無料で掲載情報の修正ができそうだ。
企業のPRをページごとにきちんと手作りで作ってやると、効果は確実にあると考えられる。
なぜならば、

  1. 検索結果に表示されている。
    検索結果に表示されているということは、上記のページは検索エンジンから多少なりとも評価されているという証拠である。
  2. 相互リンクと異なり、一方的にリンクを受けられるということに価値がある。
  3. 上記のサイトはそれなりにドメインの評価が高い。
  4. これらを活用することで被リンクがドメイン分散する。
  5. 直接的な集客効果も期待できる。

といったわけだからだ。

この例は決して稀ではない。
普通の株式非公開企業でも、この程度以上は使えるページはあるので使わない手はないと思う。

さて、検索結果からわかるもう一つの着眼点は、

2.自社について言及のあったブログなどにコメントする

である。この方法が取れるケースは少ないかも知れない。
もし、自社にとって誰かが好意的な記事を書いてくれている場合、それに対して心を込めて感謝のコメントを書くということだ。

それは本来あるべきWebの姿である。
自社のファンを増やすことができる。
またSEOの効果が期待できる。ナチュラルなリンクであるからだ。


自社でサテライトを作ることは外部施策として、まっさきに思いつくところであろう。
しかし、それより先に前述の2つの戦略を検討することをお勧めする次第である。

タグ

2012/02/20 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:superficial

書評 | Google上位表示64の法則 藤井慎二郎著

今回はSEOの書評である。
SEOの書籍というと、先月松尾茂起氏が「WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の新SEO戦略マニュアル」を上梓し、話題になったのでこれは読まれた方も多いだろう。
それに隠れるようになってしまったせいか、残念ながらあまり話題にならなかったSEOの書籍がある。

「Google上位表示64の法則」である。

SEOを専門でやっている人にしか読まれなさそうな書籍であるが、今回はこの書評をやってみたいのだ。

タイトルは地味だが、帯についているサブタイトルはすごい。

SEOの「都市伝説」をぶった斬る!
1万2500ページの検証で、勘と経験則のSEOが終わる。

だそうだ。
SEOを職業としている、あるいはSEOを研究しているという人にとっては、魅惑的にすら感じるキャッチフレーズだろう。

そうして実際に手に入れてみると、今まで見たことのない本だった。
SEOの理論書は文系的な論述が多い中で、統計的手法を駆使した純理系的な考察が斬新だった。

さて、著者の藤井慎二郎氏について紹介しておこう。
藤井氏はソーシャルメディアなどでほとんど情報発信していないので、知っている人は少ないかも知れないが、株式会社Axisという札幌のSEO会社の代表である。表に出てくることはほとんどないもののキーワードの扱い高において国内屈指のSEO会社だ。

氏とほんの少しだけお話をさせていただいたことがあるのだが、並々ならぬ経験の裏付けが感じたものだ。
個々の施策の要素がどれだけ重み付けを持っているか、膨大な検証結果の蓄積が感じられたのである。

それでは本題に戻る。

本書はSEOの64の仮説を取り上げ、統計的にその仮説が正しいかどうかを検証したものだ。

SEOは複雑系であるというのが私の持論だ。
複雑系の例として天気予報がよくあげられる。
個々の地点のわずかな風の流れ、湿度といったものが全て気象に影響を及ぼす。

「バタフライ効果」という言葉がある。
東京で蝶が飛んだら、その空気の流れの影響によってニューヨークに雨が降ったりしてしまうという意味である。
これこそ複雑系の本質を言い表している言葉だ。ほんのわずかな事象が数多く組み合わさって未来は決定する。
言い換えると未来に影響を及ぼす事象の数が多すぎて、未来を正確に予測することができないもの、それが複雑系というものの一つの意味である。

SEOはまさしく複雑系なのだ

Googleは200を超える指標を用いて順位計算を行なっているため、施策を行った際に順位がどう変わるかという正確な予測を行うことができない。
だから、SEOに携わる人間のほとんどはおおよその指標によって進路を決めている
天気予報の例でいえば、

「富士山に傘がかぶると雨が降る」
という言い伝えがある。
富士山の笠雲を河口湖側から望む
こんな感じに富士山の頂上部分に、傘のような雲がかかった後に雨が降る確率が高いことはよく知られている。実際に24時間以内に雨が降る確率は70%以上になるという。

SEOに関する経験もこれに非常に近い。

Googleがガイドラインに明記している施策以外は、全てこれと同じような経験則である。
いやになるほど、うんざりするほど散々議論されている問題として、
「検索キーワードの比率は○○%がよい」
というものがある。
Googleは別にそんなことを明言していないが、経験則で何%ぐらいがいいと言っている人が多いということだ。

先ほどの富士山に笠がかぶると雨になるかは、統計的に検証したところ正しいということが分かっている。
「Google上位表示64の法則」は富士山の例と同様、SEOに関する経験則が統計的に正しいかを検証している。
それが前述の「1万2500ページの検証・・・」というキャッチフレーズだ。

本書の分析によれば検索キーワードが1語であった場合

  • 検索10位以内のグループのキーワード含有比率の中央値は約2.1%、平均値は約3.3%
  • 検索20位以内のグループのキーワード含有比率の中央値は約2.1%、平均値は約3.5%
  • 検索30位以内のグループのキーワード含有比率の中央値は約2.2%、平均値は約3.5%
  • 検索40位以内のグループのキーワード含有比率の中央値は約1.9%、平均値は約3.3%
  • 検索50位以内のグループのキーワード含有比率の中央値は約1.7%、平均値は約3.2%

意外に含有比率が低いのがわかると思う。
そして、検索順位間において若干の比率の差があることは確かなようだが、大きな差ではないということがわかる。
本書には、キーワード比率だけではなく、文字数における統計分析もなされており同時に考察がなされている。
どうやら、単純な比率ではなく文字数との兼ね合いがあるとのことだ。

複数の考察を関連付けてもおり、非常に興味深い調査もある。

  • 仮説58:サイト内リンクが多いと検索順位が上がる
  • 仮説59:サイト外リンクは検索順位とは関係ない
  • 仮説60:サイト内外へのリンクはリンク数のバランスが評価されている

といった調査は仮説58・59から仮説60に考察を深めているのが面白い。
結論としてはリンク数のバランスは評価されているという結論である。この結果は非常に頷けるものであった。


とはいえ、この統計的手法については一つ問題がある。
1つだけ例示してみよう。

仮説4:本文の文字数が多いと「情報が豊か」と判断される

において順位と文字数に関連があることは確かに示されている。

しかし、文字数が多いページはナチュラルなリンクがついて、上位表示しているかも知れない。
あるいは、WEBサイトにかけられる予算が豊富にあって、様々な施策を行なっているという可能性もある。

実際はこのように隠れた要因があるかも知れないのだ。
とはいえ、このような考察は決して無意味ではない。

我々はGoogleの中身を直接見ることはできない。
外面的な様々な状況を分析して、Googleはどのように評価をしているのかを間接的にしか知ることができない。
Googleは何をどのように評価しているかを知る手法として、統計的な分析は数少ない有力な手法だ。

労作ともいえる膨大な調査と考察があるので是非一読を薦めたいのである。

タグ

2012/02/13 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:superficial

誰でもSEOを理解できる思考方法

今回の記事は初心者、特にSEOについて道しるべがなく困っている人に読んでもらいたいのである。
この記事を何度も読み返してもらえれば、これをきっかけにしてSEOの本質をつかむことができるかも知れない。
一見すると目新しいことは何もなく陳腐であるが最も重要なことを書いたつもりだ。
このブログの中で一番重要な記事かもしれない。
(一番マシって意味かもしれないが)
この記事がSEOに困ったときに、正しい行き先を示す光にでもなってくれたら幸いである。

さて、私であるがSEOを勉強し始めて2年間ぐらいは全然わからなかった。 理屈は知っていても、わかっていなかった。


SEOのわからないポイント


・著者により異なる見解が書いてありどっちが正しいか迷う
・真偽がわからない
・個々の細かい状況は書籍やWebサイトなどに書かれていない

勉強するほど、わからなくなるという状況に陥るのである。 私はこのブログの中で何度も書いているが、SEOには確かな正解というものがない。そのため人によって見解が異なる。

見解が割れるものの代表例としてこんなものがある。

・相互リンク
「そんなもん不要だ」「やったほうがいい」
・有料ディレクトリサービス
「まずやるべき」「予算に余裕があったらやるべき」「やらなくていい」
・IP分散
「絶対効果がある」「自作自演がばれないために必須」「意識する必要はない」
・HTMLを正しく書くこと
「Another HTML-lintで100点に近づけるほどSEO的には有利」「HTMLの正しさと検索順位は関係ない」

自分が今やれていないことについて、ひょっとしたらそれをやったら順位が大きく上がるのではないか? というように思うのだ。
上記の例で言えば、
「Yahoo!カテゴリに登録すればいきなり上がるんじゃないか?」
とか、
「やっぱりIP分散しないと駄目なんじゃないか?」
とか、
「Another HTML-lintで100点を取れればもっと上がるんじゃないか?」
などと迷い考えたりする。
実を言うと自分もそんなことを考えていた。
今ではどうでもいいと思えるのだが、当時は相当悩んだものだ。

SEOには間違いない対策から、都市伝説じみた怪しいものまである。
順位が上がらない、アクセスが集められないとなると色々情報を収集して、桁外れの奇怪なSEOの都市伝説とかをどこかで聞いたりする。
そうすると、それをやってないせいで上がらないのでは?と疑心暗鬼になってくる。
一度この状況になってしまうと、様々な怪しい対策をやり始めて本来のSEOから離れて行ってしまう。
しかし、対策をやっている本人はそんな事に気がつかない。

「まだまだ勉強不足、実践していない、だから駄目だ。」

と思い始める。
こうなってしまうと逆に正しいことが、嘘に思えてくるという状況に陥ってくる。

書籍に書いてあるSEOの知識はほんのごく初心者向けの表面的な知識にすぎない。
やっぱり上位表示のノウハウというものは一部のSEOの上級者が抱えていて、高額な料金を払ってセミナーや情報商材を買うことでしか得られない。

と思い始める。

amazon.comのレビューを見ていると、誤解を抱いている人が多いことに気がつく。

この本にはSEOの表面的な知識しか書いていません。
これだけ知っても上位表示はできません。
初心者のためにはいい本だとは思いますが、
SEOをある程度知っている人には役に立ちません。

いい書籍ほど、この種のネガティブなコメントがつく傾向がある。
SEOには特殊な技術が必要と誤解している人が多いということだ。


ここまでが前置きである。

実はSEOに必要な知識はさほど多いものではない。
原則を理解して、個々の局面に原則を当てはめればいいだけだ。

検索エンジンの原則に立ち返れば全ての答えがある

これだけが重要だ。

私の経験の話だ。
たったこれだけのことが納得できた瞬間、全てが変わったのだ。
うまく表現ができないのだが目の前の霧が晴れて、視界がいきなり開けたような不思議な気持ちがした。
脳科学者の茂木健一郎氏風に言うなら、「アハ体験」ってやつなのかも知れない。

検索エンジンはユーザーが必要とする情報を表示するように作られている

これが原則。これに合致するのが答えである。

答えが合致しないこともままあるのだが、それはイレギュラーであって原則に従えば間違いない。
答えが合致しないという部分を狙って、上位表示をさせようとする行為はスパムに該当する。一時期はうまくいってもいずれ検索順位が下がる、あるいは検索結果から完全に排除される。
Googleという会社は、世界中のトップクラスの優秀な頭脳を揃え、日々アルゴリズムの進化を図っている。
SEOスパムと検索エンジンの進化はイタチごっこの関係にあるが、近年検索エンジンがSEOスパムを圧倒しつつある。最終的には確実に検索エンジンが勝つ。
だからこそ、実利を重んじればなおのこと原則に従わなければならない。

原則に従って考えるとはどういうことかを例を挙げて考察しよう。

相互リンクはした方がいいのか "リンクの価値はそのページが見るに値するかどうかを検索エンジンが知るための指標である。従って、価値のあるリンクは検索エンジンが評価をする。 リンクから相手のページに行く可能性がある場合はそのリンクには価値があるということだ。 相互リンクの場合でもこの原則に従えばよく、ジャンルなどの類似性があったり、人間関係的なつながりがある場合などにはリンクに価値があるため評価されるであろう。 それ以外の無関係な相互リンクからは相手のページに行く可能性はごく少ないので、リンクの価値はごく少ないだろう。" 有料ディレクトリーサービスは使う価値はあるか "有料ディレクトリは人間が内容を精査しており、ある一定以上の価値があるとみなされるページしか掲載されていない。また、Yahoo!カテゴリといったディレクトリサービスは、リンクをたどってリンク先にユーザが行くことがかなりあると考えられるため、有料ディレクトリへの掲載は高い評価を得る。 しかしながら、そのリンクから多くのユーザーが行くというわけではないので、価値は限定的である。" IP分散の効果はあるのか "一般ユーザーにとって、Webサイトが存在するサーバーがどこに存在するかということはどうでもいいことである。 自作自演の被リンクについても同様で、もしバックリンク用のサテライトサイトがユーザーにとって価値があり、そこからリンクをたどって本サイトに行くことに意味がありそうであれば、そのリンクは価値がありIPが同一であろうとなかろうと関係がない。 もし、サテライトサイトのコンテンツ自体に価値がないのであれば、そこにあるリンクにも価値はない。" HTMLを正しく書くことで上位表示するか 人間が見てコンテンツの中身がちゃんと理解できる程度にHTMLが書けていれば、内容を見ることに問題はない。そのため基本的にHTMLの正しさと、表示順位には関係がない。

原則に基づいて判断をすると上記のような結果になる。
実際は検索エンジンはこれと異なる判断をすることもあるがこれが正解である。
もし、これと異なる結果が生じた場合はそれは一時的なものにしか過ぎない。

まずは原則を正しく理解してやれば、SEOで迷った時に正しい結論が出るはずなのだ。

タグ

このページの先頭へ