キーワードをマトリクスで分類してみる


SEOについて理解されていないと思う出来事があった。

「単にSEOしてくれるだけでいいんですけど」

というようなお願いをされたのである。
よく聞いてみるとビッグキーワードでの検索順位を上げて欲しいという意味だった。

私のブログを時々ご覧になっている方だったら、SEOイコール検索順位の向上ではないことはよくご存知だろう。
SEOとは単に検索順位の向上手法であるという誤解が、今でも根強いことは大変残念である。

「最近順位が下がってしまったのですが何とかなりませんか」

順位が下がってしまったキーワードが何か聞いてみた。
ビッグキーワードに見えるが、大した検索数のあるキーワードではなかった。

何とかして順位を回復して欲しいという相談だったのだが、総体として検索エンジン経由での集客力は下がってはいないという状況。
無理に検索順位を上げるようとすることは危険であるため、コンテンツの充実を図っていけばいいという説明をしたのだが、なかなかご理解いただけないという状況であった。

いまだにSEOはビッグキーワードでの検索順位をあげるための技術と考えられているのである。

正しくは検索エンジンから、一人でも多くの見込み客を自分のサイトに集客することがSEOである。

やっと本題である。

このブログでは基本的に、キーワードの検索数を意識しないSEO手法について主に書いている。
しかし、今回は普通のSEOのブログっぽく検索数を意識した手法について書いてみたいのだ。

さて、私が今回書きたかったことはこれだ。

キーワードは検索数とコンバージョンレート(CVR)の2つの有用性から判断されなければならない

コンバージョンレートとは日本語では転換率と訳されるが、
サイトに来たユーザーのうち、問い合わせや、購入といったアクションを起こす割合。
という意味である。
例えば、1,000人のユーザーがサイトに来てそのうち、15人が購入したといった場合のコンバージョンレートは1.5%となる。

コンバージョンレートが低くなるのは2つの理由がある。

  1. そのキーワードを検索するユーザーは情報を知りたいだけである
  2. 検索ユーザーは購入といったアクションを起こすつもりがあっても、自分のサイトがユーザーのニーズに合っていない

という2つのケース。
後者は、サイト内の改善によりコンバージョンレートを改善することができる。
しかし、前者はコンバージョンにそもそも繋がらないキーワードなのだ。
言い換えれば、無意味なキーワード
ということなのである。
※情報提供自体を目的とするサイトであれば無意味ではないこともある。

その観点からキーワードを分類してみよう。

キーワードのマトリクス図

今回もカニを通販で売りたい場合を想定して、キーワードの有用性について考察してみる。

1)ビッグキーワード

検索数が多く、かつコンバージョンが見込めるキーワードである。
例としては、

「タラバガニ」
「お歳暮」
「カニ 通販」

こんなキーワードだ。このようなキーワードで上位表示されれば、確実にある程度以上の集客は見込める。
そのため競合他社も狙っているキーワードでもある。

このようなキーワードにたいしては採るべき戦略は、

・積極的に上位表示を狙っていくという戦略もある
・上位表示しないまでもある程度意識的にSEOするべき。それにより複合キーワードでは上位表示される可能性が出てくる
 参考:幹となるキーワードを強くする必要がある

である。絶対にSEOすべきキーワードだといえる。

2)見せかけのビッグキーワード

「プレゼント」
「カニ」
「甲殻類」(実際は大した検索数があるわけではないがわかりやすい例として挙げている)

こんなキーワードだ。
確かに検索数としてはかなりあるものの、このようなキーワードは

・検索しているユーザーのニーズが漠然としていたり
・情報を知りたいニーズしかない

といったキーワードである。上位表示されたとしても、コンバージョンを得ることは難しい。
このようなキーワードは上位表示させるのは大変なのにも関わらず、それによって得るものが少ないのである。

これらのキーワードは1)と同様に上位表示しないまでも、ある程度狙ってSEOするべきだと考える。
それによって複合キーワードでは上位表示される可能性が出てくる。複合キーワードになればコンバージョンする可能性が高い。

3)ニッチキーワード

あまり検索数はないのだが、検索している人のニーズが明確でコンバージョンにつながるキーワードだ。

「タラバガニ 通販」
「産直 送料無料」
「カニ 産直 訳あり」
「カニ 浜茹で」

こんなキーワードで検索した人は、自サイト内にニーズに合うコンテンツがあれば高い確率でコンバージョンに結びつくだろう。
コンテンツを作ることで積極的に狙っていくべきキーワードである。

4)価値が低いキーワード

あまり検索されることもなく、かつコンバージョンに結びつかないキーワードである。
例えば、
「ヤドカリ下目」
「カニ ハサミ」
「カニ 天敵」
「SEO カニ」

といったキーワードである。
これらのキーワードで検索した人が、カニの通販サイトに来たとしても、恐らく何か買うということはないはずである。
最初から考慮する必要がないキーワードだ。

ちなみに当サイト「SEO カニ」というキーワードで2位である。
私としては、カニをテーマにしたSEOブログを作っているつもりなのでこの結果に満足をしているのだが、誰も検索しないので実際は意味ないのである。


このようにキーワードの種類を考えて、それぞれに戦術を考えることが重要だというのが今回のまとめである。

タグ

2012/08/27 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:essence

ウェブマスター向けガイドラインを守るべき理由


今回のお題であるが、
Google社のウェブマスター向けガイドラインを守るべき理由

である。
私は別に倫理上の問題でウェブマスター向けガイドラインを守るべきだというつもりではない。

それこそが実利に叶うからである。

ウェブマスター向けガイドラインに従っていないサイトでも、上位表示しているサイトは確かに沢山ある。
だからといって、ガイドラインを積極的に破ったほうが上位表示するというわけではない。

スパム的SEO手法を技術的に排除することができないから、ガイドラインで脅して排除しようというのがGoogleの本音だ

というようなことも言われているが、これは正しくない。
ガイドラインに沿ったサイトを上位表示するべくGoogleは作られている。
そうでないサイトで上位表示されているというのは、その点においてGoogleが不完全であるからだ。

Googleはガイドラインに沿ったサイトのみを上位表示させるように常に進化を続けている。
したがって、ガイドラインに沿っていないサイトは常に順位の大幅下落、あるいはインデックス削除の危険があるのだ。

サイトが使い捨てならそれでもいい。
今だけ上位表示すればいいというのであれば、Googleの不完全さを突くためにガイドラインを破るという戦略はありだろう。

しかし、永続的にサイトを繁栄させたいのであれば、危険を冒さないほうがよい。

ガイドライン違反は常につかまる可能性がある。

常にGoogleは進化するから対応して行かなくてはならない

というような言葉も聞かれる。
Googleの不完全さを突こうとすると、常に穴は塞がれていくから、別の穴を見つけなくてはいけなくなる。
だから、「数カ月前のSEO手法は使えない」といった言辞が出てくる。

穴を発見するために労力を掛ける、そしてサイトを修正する。

これは非生産的である。
そんなことをしている暇があったら、コンテンツを充実させたほうが生産的だ。
正しいやり方でコンテンツを充実させれば、確実に資産として残る。

正しいやり方でコンテンツを作れば、様々なキーワードで集客できるようになってくる。
また、徐々にではあるが検索順位も上がってくる。

最近であるが、海外SEO情報ブログが「SEO」というキーワードで検索順位が8位まで上がってきたことを書いておきたい。
SEOというキーワードは上位表示することはブランドあるいは実力のPRにつながるので、SEO業者がしのぎを削って戦いを繰り広げているキーワードである。
当然のことながら超激戦のキーワードであり、

単純な検索ヒット数:907,000,000件
タイトル内に「SEO」を含むヒット数:47,700,000件

という激戦区である。

SEO対応のテンプレートを海外SEO情報ブログは使ってはいるが(ちなみに当ブログも同じテンプレートを使っている)、他にはSEOのために特別なことは何もやっていない。
それでも、コツコツと読者の信頼を積み上げることで、激戦を制することができることを証明したと言っていい。

SEOのテクニックや穴なんかをわざわざ狙う必要はないのである。

Googleの行き着く先は決まっている。
それがウェブマスター向けガイドラインで書かれているもの。

検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトに対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。

これに集約されると言っていい。
Googleはこの方向に向かって進化している。
この方向に向けてサイトを作っていけば、Googleが進化すればするほど、自サイトは有利になっていくということである。

結論としてはSEOのテクニックなどを追求する必要はなく、ユーザー視点で有用なコンテンツを作っていくことに注力すればいいということなのだ。


以下、素晴らしい関連記事です。必見!である。

過去・現在・未来のSEO評価パターンから考える施策 – SEMアドバイザーの揺さBrain!
Googleは不自然リンクの問題を解決できるか

タグ

2012/08/20 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:essence

当ブログは1周年を迎えました


当ブログは昨年の8月に開設しまる1年となった。
社交辞令ではなく、本当にこれまで当ブログにお越しいただいた皆さんに感謝したい。

今回の更新はお盆休暇中ということもあり、読む人もいないと思うので、今まで書いてきた中でのあまり役に立たない雑感をつづることにする。
といったところで、今回は、

SEOブログを1年間綴ってきた中で思ったこと

をテーマにしてみた。

ブログを開設する前は、書くネタがあるかどうか非常に心配だった。
有名SEOブログは定期的に更新されているのがすごいと思った。

SEOという限定された話題の中で、毎日更新されているというブロガーの方もいて、どうしてそんなにネタがあるのやら・・・
って感嘆するやら、不思議に思ったりしたものである。

私がSEOブログを始めて記事を書くことそのものには苦しみながらも、ネタのストックはあったので最初はネタには苦労しなかった。

しかし、案の定2ヶ月程度で最初書きたかったネタは尽きてしまった。

毎週日曜日から月曜日に日付が変わる頃の深夜にブログをいつも更新するのだが、毎週ネタがなく、サザエさんを見ながらいつも憂鬱であった。

※サザエさんを見ていると憂鬱になる原因は、日曜日が終わるからということもあるのだがあれは、家族間の相互不信をテーマにしているからということに気がついた。
あの一家は、ちょっとした過ちとかをすぐにあげつらっていじろうとする。
正直に言えば何の問題もないことなのに隠すため、嘘をつくのが基本的な態度となっている。嘘で隠して結局はバレるというパターンで物語が進行していくというのが基本パターン。
だから、見ていると微妙なストレスを感じるということに気がついた次第である。

さて、私がブログを書くのはこんな流れでやっている。
ブログのネタを思いつくのは通勤の電車の中というケースが多く、もし思いついたらすぐにタイトルをメモ帳に記録しておく。
パソコンの前にいる時なら、WordPressの下書きにタイトルだけ書いておく。

メモ帳にタイトルだけ記録しておいた場合も、あとでWordPressの下書きに転記しておく。
タイトルだけでは何を書くか明確ではない場合、本文中にもあらすじを書いておく。
(それでも何を書きたかったか、後で思い出すことができなかったというケースも時々ある。着想がちょっと面白いと思った記事について、書くことが思い出せなかったというケースもあり、残念に思ったこともある。なるべく具体的に書いたほうがいいみたい)

人気ブログのバズ部は、ネタが思いついた時にすぐ書くことを推奨している。
確かに思いついたときに書くのが、書きたいことが明確に頭の中にイメージがあるから、それが一番いいと述べている。
まったくその通りである。

さて、こんな感じでネタを下書きに入れておくのだが、私の場合にこれを使うことはそれほど多くはない。

思いついたときは「面白そう」「書けそう」「書けるかも」と思ったネタでも、いざ書こうとすると書けないというケースが大半だ。
「面白くなさそう」「書けなさそう」「書けない」とパソコンに向かうと思うわけだ。

そんな記事でも時が過ぎ去ってみると書ける時があるので、そのまま寝かせておく。

下書きの中に書けそうと思ったネタがあれば、その週はラッキーである。
ガツガツっと書いてその週はオシマイ。

でもネタがないと、「世界の果てまでイッテQ!」を見ながら、SEOブログ更新情報を集めている素晴らしいサイト晴練雨読の新着情報を見たりしつつ題材を考える。

※ちなみに、晴練雨読を見て直接題材のヒントが得られたことは、私の経験上ではほとんどない。
やっぱり他の人が書いているテーマをそのまま書くのは嫌だ。また、他の人は書けるテーマでも、自分はそれについては書くべきものを持たないというケースが多い。

日曜日の夜の9時過ぎになって、子供を寝かしてやってから執筆時間。

10時ぐらいから書き始めるというケースが多い。
私の場合は、ブログを書いているときは物音があると集中できないので、テレビなどを消してパソコンに向かう。
その間、テレビを消していたりすると退屈なので、ブログを書いている事自体、家族の中では今ひとつ不評である。

10時になってもネタがない場合、仕方なしにありきたりの陳腐なネタを見切り発車で書き始める。
ちなみに見切り発車で書いた記事はこんなものがある。

相互リンクの正しい方法
かゆいところに手が届く便利SEOツール7選
ホームページを持ちたい人が 無料ブログを使ってはいけない場合

書き上がってみたら、取りあえず多少は自分なりの記事になったようで安心したという感じである。

昔、創作の作法みたいなものを本で読んだことがある。

自分の尊敬する作家と同じ物を書いてみろというようなことが書いてあった。
真似しても同じものは書けないし、書けない部分が自分の個性であるってなことが書いてあった。

だから、他の人と同じ物を書いてもいいのかなって最近は思っている。
同じ物を書こうとしても、同じものは書けないからそれでいいのかって、割り切っているのである。
実際、コピペしない限りは同じものは書けないし・・・。

そんな感じで大体2時間ぐらいかけてブログを書き上げて、夜の0時過ぎにアップする。というのがいつもの流れだ。

最後に

ブログを書き始めて変わったこと

について書いてみよう。

1.いつでもSEOについて考えるようになった

ネタにいつも不自由しているので寝ても覚めてもSEOのことばかり考えるようになった。
冗談抜きで、SEOのことを夢にまで見るようになったのである。

2.SEOのトレンドを常に追うようになった

実際、SEOを業務としてやっている人でも、最新の知識を求められるというケースはそれほど多くはないと思う。
しかし、常にネタを探さないといけないということがあると、否が応でも勉強せざるを得ない。

3.ナチュラルなリンク・口コミの効果について学んだ

ビジネス抜きのブログを運営することは、大変多くの知識を与えてくれた。

・ナチュラルなSEOについての多くの知見
・口コミでの拡散による効果
・拡散はどういう経路をたどるのか

といったことを実感として知ることができた。
これはとてつもなく大きな財産だったと思う。


といったわけで、みなさんもブログをやってみることをお勧めしたい。
SEOに限らず一つのテーマについて書くことで、様々な気づきを得られることは間違いない。
お勧めしたい次第なのである。

追伸
※人気ブロガーさんは30分ぐらいで記事を書いているというが、私には絶対無理って感じである。2時間でかければ早いほうだ。
全く考える必要がなく、書き写すだけでも30分では書けない。
どうして、そんな短時間で書けるのか教えて欲しい・・・。

タグ

2012/08/13 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:superficial

SEO業は何処へ行けばいいのか


今回はちっとも役に立たない話なのだが、すごく重要で、とんでもない難問について書いてみたいのだ。

SEO業というビジネスモデルはどうなってしまうのか?

というのがテーマだ。
近年、パンダアップデート・ペンギンアップデートに代表されるように、Googleのアルゴリズムは大きく進歩している。

アルゴリズムというのは、検索を行った際の順位決定の計算方法である。

とくにこの2種類の動物の名称で呼ばれる順位決定の計算方法の変更は、人為的な順位操作を排除することを目的としている。
(パンダは実際は人の名前だそうですが)

人為的に順位を操作することは徐々に難しくなっており、その延長上にこの2つの変更もあるに過ぎないが、更に厳しくなっていくだろう。

最近はコンテンツを作ることがSEOであるとSEO業者を含む多くの人が語るようになってきた。
つまりテクニックではなく、コンテンツそのものの善し悪しが決定的に重要になったということなのである。

これはSEO業者にとって、今までのありかたを否定するということに等しい。
SEO業者はコンテンツの良し悪しはひとまずおいておいて、SEOのテクニックによって順位を上げることを生業としてきた。
ところが、テクニックよりもコンテンツが重要だと言うのであれば、SEO業者の存在意義がどこにあるのか難しい。

SEO業者は基本的にコンテンツを作ることはできないからである

コンテンツを作るのは、あくまでWebサイトを運営する側の仕事である。

たまにSEO業者がロングテールSEOを目的として、大量のコンテンツを人員を動員して作るというケースもある。
しかし、ほとんどの場合コンテンツが面白くなくリンクは集まらず、上位表示はまずできない。

自然なリンクを集めるには、良いコンテンツを作るしかない。

  1. 心を揺り動かすコンテンツ
  2. 役に立つコンテンツ

このいずれかを作り上げる必要がある。
しかし、これはいわゆるSEO業者にはほとんどできない芸当である。
良いコンテンツ上位に表示されるというのは、単にGoogleの根本的構築原理に沿えばいいという話であって、そこにはSEOのテクニックが介在する要素はない。

従って、SEO業者による「コンテンツ重視による」「上位表示の実現」とは一種の矛盾である。

ではこれからSEO業者はどうするべきなのか?どう生きていくべきなのか?

ということをいつも考えたり、思ったりしているのだ。
漠然とであるが、今考えているのが以下の4つである。

1.さらに巧妙に被リンクを作り今までどおり上位表示対策を継続する

ほとんどのSEO業者はこのような対応を取るだろう。
あるいは取らざるを得ないとも言える。

今まで、この経営戦略は通用してきたので、これからも通用すると信じて頑張るという選択肢だ。

しかし、私はこれに対して懐疑的である。

住太陽氏の「SEO 検索エンジン最適化 ブログ」にこのような記事がある。
Googleは不自然リンクの問題を解決できるかから引用しよう。

Googleが極めて高い精度で不自然リンクを見抜けるようになるのは時間の問題。その他の様々なトリックについても同様
そもそも論で言えば、Googleが公式に「PageRank の操作を意図したリンク」に言及した時点(2002年?)でカウントダウンが始まっていたと考えるべき

私も基本的に同意見である。
いずれはリンク操作によるSEOは通用しなくなる、あるいはナチュラルに見せかけるためのコストがかかりすぎて、成立しなくなると考えている。

私の祖父は桶屋を営んでいたのだが(風が吹けば儲かるって職業?)、プラスチック製品の普及により急速に市場が縮小し全く商売が成り立たなくなった。

外的状況の変化により、全てのビジネスはこのようなことが起こりうる。
常に変わる事ができる準備が必要だと思うわけだ。

いずれ、被リンクによるSEOにもこのような事態が起こるだろう。
桶屋で言えば、プラスチック製品が世の中に出回りはじめた頃ぐらいの状況だと思う。

2.ナチュラルなリンクを得るための定型化されたメニューの提供

・アイオイクス社のインフォグラフィック作成サービス
・バーグハンバーグバーグ社の変てこなコンテンツを作るサービス

これらの会社が制作したものをSEOの専任者であれば目にしたことがある人も多いだろう。

バーグハンバーグバーグ社は、アイレップ社のPRを行なっていて
溜池山王へアイレップ会社移転 ~巨人に踏まれたので本社移転します~
をご覧になった人は多いだろう。
私も、SEOの重鎮渡辺氏が巨人に踏まれている姿を見て、少なからず衝撃を受け思わず拡散したり、ソーシャルブックマークしてしまったりした。またこの記事からもリンクしている。まんまと思う壺にハマっているわけである。

このように狙ってソーシャルでの拡散、及び被リンクを集めるという戦略はこれからのSEOの主流になるかもしれない。

3.SEOに適した内部構造のコンサルティング

ページ同士の検索結果内での共食いを防いだり、
重複コンテンツにならないようなページ遷移や、方法をアドバイスしたり、
モバイルとPCの振り分けといった難しい部分についてサポートしたり、
AjaxのコンテンツのSEOをサポートしたり、

といったSEOの純粋にテクニカルな部分のコンサルティングを行うというサービスだ。
これはニーズはあるけど、大きなWebサイトでもない限り導入する事例はなかなかなさそうだ。

4.SEOを含めた総合的なコンサルティング

松尾茂起氏のWEBライダーなどがこれに該当するだろう。
SEOだけでなく広範囲な知識と経験を有し、あらゆる確度からアドバイスするというサービスだ。
このレベルになるとSEO業者という枠には収まりきらなくなる。


まとめてみよう。

  1. SEOの高度なノウハウの提供
  2. 広範囲な知識・経験によるコンサルティング
  3. オンリーワンとも言える特徴あるサービスの提供

といったサービスを提供できるSEO業者が残り、Webサイトを運営する側の内部のSEO担当者の業務領域になるのではないか?
というような気がしているのである。

タグ

2012/08/06 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:superficial

このページの先頭へ