検索エンジンの挙動を知る


今回はSEOの初級者向けの記事。

検索エンジンが検索順位を決定する基本的な決定メカニズムは、
検索エンジンになったつもりで考える内部・外部施策で述べたとおりである。

これは自サイトに直接かかわる要因である。
言い換えれば自サイト、自サイトへリンクしているサイトが変わらなければ変化しない要因と言える。

では
「自サイトに関わる要因が変化しなければ検索エンジンからの評価は変化しない」
のであろうか。

SEOについて多少なりとも専門的に学んだことがなければそう思うだろう。

原則論としてはおおむね正しいのだが、若干の例外がある。

今回はこの例外について書くのだ。
この例外について知ることは、検索エンジンの挙動を知る上で非常に重要な要素でもある。

検索エンジンはどのような利便性を提供したいのか?
について大きく理解を深めることができるのだ。

さて大きな例外は2点ある。

  1. QDF
    「Query Deserves Freshness」
    の略である。
    たった今、話題になっているキーワードについては、更新の新しいページの記事を優先する仕組みである。

    これは何のためにあるのかはちょっと考えればわかるであろう。

    たった今、急に検索数が増えたりソーシャルメディアなどで爆発的に言及数が増えたりした話題は、今までにない何か注目を集めるような状況が生じたということである。
    古いページには、現在の話題の状況について語っている内容は少ないと推測される。
    だから、その注目を集める状況について説明できるようなページ、言い換えれば新しいページを表示しようとするのだ。

    例えば新型のiPhoneが発売された場合などには、iPhoneについて言及されているページの中でも新しいページを上位に表示させようとする。

    もう一つ例を挙げれば、オリンピックの最中などでは、競技の結果について速報で知りたいというようなニーズが増える。
    こんな時は「卓球」といったキーワードで検索をすると、オリンピックでの卓球の試合結果といった記事が上位表示される。

    このように速報性を求められる状況に対応するアルゴリズムがQDFである。
    QDFを用いてリンクを獲得しサイトの評価を高めるSEO手法について「大量のナチュラルリンクを獲得するSEO戦略
    に詳しく書いたことがあるので、ご覧になると更に理解を深めることができるだろう。

  2. QDD
    「Query Deserves Diversity」
    鈴木謙一氏の記事に詳しいが、ここでも解説してみよう。
    「山田太郎」と検索する人のニーズは何であろうか?
    私の場合は野球漫画の主人公の山田太郎を思い浮かべるが、実在、非実在もふくめた様々な山田太郎が存在する。
    歌手の山田太郎氏について知りたいというケースもあるだろう。

    山田太郎の検索結果

    ご覧になるとわかっていただけるだろうが、様々な山田太郎が検索結果に表示される。
    漫画の登場人物・実業家・歌手・政治家・書類の書き方に現れる架空人物の例など、本当に色々な山田太郎さんが存在することがよくわかる。

    Googleは検索結果の1ページ目だけをぱっと見てもらって、見たいページにサッサと行ってもらうことを目標にしているという。
    出典:グーグル秘録

    検索結果の1ページ目だけを見てニーズを満たすためには、検索キーワードに対して様々な話題がある場合、できる限り多くの話題について1ページ目に盛り込もうとする。
    その一つの結果が前述の画面である。

    Googleはこれらの山田太郎のページを別の話題として認識しているということが判るだろう。
    Googleは検索キーワードを単に文字の羅列ではなく、ある程度は意味として捉えているのである。

    QDDについては注意を払うべきポイントがある。
    同一のドメインであれば基本的に数多く同一の検索結果に表示されないことに留意すべきである。

    同一のドメインからあまり多く検索結果に表示させてしまうと、多様性が損なわれると判断されるからだ。
    その意味でも無料ブログなどでなく独自ドメインを使うべきである。
    詳細はホームページを持ちたい人が 無料ブログを使ってはいけない場合をご覧頂きたい。

さてまとめてみよう。
検索エンジンはページそのものを評価するだけでなく、取り巻く状況についても広く判断し、できる限りニーズに沿う検索結果を表示しようとする。
そのための仕組みの中で重要なものがQDDとQDFである。
この2つのアルゴリズムによる挙動を知ることは、検索エンジンがユーザーにどんな利便性を提供しようとしているのかを理解する大きな手がかりになるのである。

タグ

2012/12/25 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:essence

SEOで考えないことが重要


Google ウェブマスター向け公式ヘルプフォーラムには時折、SEOの観点からは答えが出せない質問が寄せられる。

渡辺隆広氏はCSS Nite LP, Disk 24「インハウスSEO」というセミナーの中で、
インハウスSEO 成功する担当者 失敗する担当者」という講演を行なっていた。その中で、

SEOの問題ではないことをSEOで考えてもしょうがない

ということを述べていた。
これは非常に重要なことであり、そうして残念ながら一般的に浸透していないので記事にしてみるのである。

SEOの問題ではないというのは、例えばこのようなものだ。

  1. 自社で管理しているサイト間で相互リンクをさせていいのか?
  2. ページ上部にキャッチコピーを入れることのSEO効果は?
  3. リンク文字列にh2を指定することの是非は?

この種の質問はSEOで考える事柄ではない。
SEOという観点ではなく、そのサイトを利用しようとするユーザーに対してどうあるべきかを考えればよい。

  1. 利便性
  2. デザインとの折り合い
  3. ユーザーに伝えたいメッセージとは何か

といった観点で考えればおのずから答えが出るはずだ。

しかし、
SEOにおけるメリット・デメリットで考えようとすると、「差がない」あるいは「差はごくわずか」であるため、答えを出すことが非常に難しいのである。

私はこう思うのだ。

今日の昼食をラーメンにするかカレーにするか
ディスカッションして合理的に決めよう

こんな問いに非常によく似ている。
どっちを選んでも大きな違いがない事柄は、理詰めで結論を導こうとすると難しいわけだ。

このラーメンとカレーの例と同じような理由において「ほとんどの疑問はSEOの知識では解決できない」のである。

でもなぜSEOを気にするのか?

実は昔の自分の振り返って思い出してみるとその気持がわかるのである。
スパムをやる意図がなくても、Googleからスパムと勘違いされて順位を落とされたりするのではないか?
という不安が根底にある。

Googleが巨大なブラックボックスであり、どのように判断されるか分からないから怖いと感じるわけだ。

だから私は断言する。

Googleを怖いと考える必要はない

Googleは世界中の誰よりも多くのページを記録しており、様々なパターンのHTMLのソースなどを蓄積して解析してきている。
我々が思うようなことは配慮していると考えてよい。

Googleのアルゴリズムはユーザーの利便性に合致するように作られているので、ユーザーの利便性さえ考慮すればよいのだ。
(ユーザーの利便性を考慮するとはどのようなことかは誰でもSEOを理解できる思考方法をご覧頂きたい)


まとめてみよう。
ユーザーの利便性を損なうことをしない限り、SEOに悪影響をおよぼすことはない。

SEOのためにすべきでないことを判断するためにSEOの知識は不要なのである。

その逆はどうであろうか。

SEOのためにすべきことを判断するためにSEOの知識が必要なのである。

これは間違いない。
Googleはユーザーに対する利便性と一致するようにアルゴリズムを進化させてきている。
しかし、ウェブマスターツールやcanonicalなどのGoogleとのコミュニケーションツールなどを多く提供しているため知識は必要である。

SEOについて知識がないからといってGoogleを恐れる必要はない。
普通にサイトを作って運営してやれば基本的にはOKであり、より自然検索からの集客を強化したいのであればSEOを勉強しなければならないというだけだ。

タグ

2012/12/17 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:essence

Ray Grieselhuber氏に聞くアメリカのSEO事情


Ray Grieselhuber(レイ・グリセルフーバー)氏はGinzamarkets, Inc.のCEOである。

SEOツールのGinzametricsを開発している会社の代表だという方が通りがいいかも知れない。
著名なSEO人であるBill Hunt氏が推薦しているツールでもある。
※このツールは日本語にも対応しており、30日の無料トライアルがあるので、興味があったら使ってみるといいだろう。

  • 特定のキーワードだけを追いかけるのではなく、多数のキーワードを日次で追跡しファインダビリティを日々チェックできたり
  • また、サイト内の全ページのHTMLソースの解析し、基本的なSEOのアドバイスを行ったり
  • SEOMozと契約しなくても、自サイト競合サイトの被リンク分析ができたり
  • 35ヶ国語に対応、グローバルなSEOに対応できたり

GRC・Analytics・hanasakigani.jp・SEOMozを統合したような、サイト全体のSEOを俯瞰することができる実務的によく考えられたツールであると思う。
(念の為にステマではないことをお断りしておく。ペリエ1本以外は何ももらってないし・・・)

さて、昨日渋谷のカフェ「Fields」にて、Ginzamarketsによる開催のブロガー向け小セミナーがあり、参加してきたのでレポートするというのが本日のお題である。
あらかじめブロガーからメールで質問を送っておき、それに対してRay氏がセミナー当日こたえるという形式である。

Ray氏自身の日本語の能力は素晴らしく、ほとんどネイティブと変わらないぐらいである。
これにはとても驚いた。
関係ないのだが、ルックスもかなりイケていたことを追記しておく。

昨日のセミナーは招待されたブロガーが対象とのことで、SEO人がたくさん来るかと期待していたのだが、SEOに関連する人物は残念ながら私だけのようだった。
あと、会場がカフェということもあり、BGMが大きくかなり聞き取りにくかったことも残念ではあった。

質問は多数あったのだが、SEOに関する質問だけについてまとめてみたい。
BGMが大きくて聞き取りにくかったことと、体調が優れず集中力が持たなかったというのが実は本当の理由であったりする。

  • SEOはアメリカではなぜコンサル型が多いのか?
    昔はアメリカでも被リンク提供サービスが多かった。
    しかし、被リンク販売をやっているというだけで、もう顧客から相手にされなくなってきたためである。
    日本にもペンギンアップデートやパンダアップデートが導入されたので、このような状況になっていくだろう。
  • SEOコンサルタントはどんなサービスを提供してくれるのか?
    新しいコンテンツを考えたり、アクセス解析をしたり、A/Bテストを行ったりなどなど様々な支援を行なっている。
  • SEOコンサルタントとWEBコンサルタントの境は曖昧になっているように思えるが違いは何か?
    SEOコンサルタントの特徴は自然検索周りに詳しいこと。Webコンサルタントは自然検索に詳しいとは限らない。
  • SEOコンサルタントはどうやって養成されるか?
    規模の大きいSEOの会社は社内研修などもあるが、基本的には独学が多い。
  • コンサルタントのレベルはどんなものか?
    ピンキリである。
    知っている人から紹介してもらわないかぎり、いいコンサルタントに担当してもらえるかは全くわからない。
  • SEOのコンサルタントの人数はどれくらいいるのか?
    たぶんアメリカ国内では数万人ではないか。
  • SEOの料金は?
    スタートアップ向けで50万円/月ぐらい、大規模向けで100万円/月ぐらい。
  • 50万円からとなると零細企業はSEOコンサルタントに依頼するのは無理なのか?
    零細企業向けに1万円/月ぐらいからサービスを提供しているところもある。
  • 1万円ぐらいの業者はどんなサービスを提供してくれるのか?
    SEO対象のキーワードの洗い出しなどの支援をしている。とはいっても値段が値段だけにちゃんとやっているとは思えない。
    ちゃんとやっているように見せかけているのかな?
  • 被リンクの提供サービスはあるのか?
    ナチュラルリンクをもらうためのコンサルはあるが、人工リンクの提供サービスはもうない。
  • ナレッジグラフによってSEOで変わったところはあったか?
    悪影響がでたという例はなさそうだ。芸能人などについてはネガティブな情報が表示されるケースが出てしまうケースがあるぐらいか。

この質問はSEOではないのだが、印象的だったので書いておく。

  • 日本ではまだ実物を見ないといけないという文化だが、高級品を売りたい場合どうすればいいと思うか?例えば高級仏壇とか・・・
    作り方でどんなところが違うのか?というところを細かく細かく伝えることがコツではないかな。あとは有名人が支持している理由といったところとか。

他に、SEOで最も重要なことは何かという質問に対する答えは、titleタグですとのこと。非常に初歩的な質問なのでこの程度で割愛。
スマートフォン向けのSEOはどうすればいいのか?といった質問などもあったが、これは別にRay氏に特別に聞くべき内容でもないので、割愛。
あと、WordPressとMTとどっちがいいのかというような質問もあったが、これも割愛してしまうのである。

タグ

2012/12/10 | コメント/トラックバック(3) |

カテゴリー:superficial

クローラビリティが悪ければ全て始まらない


SEOにとって最も大切なことはなんだろう。
今回はそれ以前の問題について書いてみたい。

クローラビリティが悪ければ全て始まらない

である。
「人間にとって一番大切なものは何か?」
という質問があって、
「愛」「やりがい」「お金」・・・
まあ、色々な答えがあるだろうが、それらよりも大切なものとして、
「食料」あるいはもっと切迫した欲求として「酸素」といったものもある。

食料や酸素が重要なのと同じように、クローラビリティはSEOにおいて重要である。

クローラビリティとはクローリングしやすさのことだ。
クローリングとはWebサイトの中のコンテンツを検索エンジンが取得すること。
(※詳しくは検索エンジンの基本的な仕組みを理解するを参照のこと)

クローラビリティが悪ければ、コンテンツを検索エンジンが取得できず、取得できないコンテンツは存在しないのと同じ事なのだ。
クローラビリティが確保されなけれは始まらないわけだ。

本題である。

クローラビリティを確保するために必要なことは何か?

である。
まずは、クローラビリティを阻害する要因について書く。

1.人為的ミス

これは意外によくある。
サイトリニューアルにあたって、テスト用のサーバー上で作成することがほとんどである。
テスト用のサーバーではrobots.txtや.htaccessの設定によって、検索エンジンに登録させないようにするのが普通である。
これをそのまま本番サーバーに移してしまうと、当然クローリングできないという事態になる。

この影響は甚大で今まで培ってきた検索エンジンからの評価を失ってしまうので、絶対避けなければならないミスだ。
まったくHTMLなどの知識がなく、Webの制作を外注しているようなケースだと気がつかない。

リニューアル後はFetch as Googleでトップページを確認し、ウェブマスターツールのクロールエラーを確認したほうがよい。
これは自社にHTMLがわかる担当者がいない場合などでは更に重要で、やりかたが分からなければ制作会社に確認してもらおう。
そのやり方が分からないと言われるのであれば、そのような制作会社とは付き合わないほうが賢明である。

2.クローリングしにくい技術要素

1)Flashの使用
2)JavaScriptの使用

FlashやJavaScript内からのリンクをGoogleのクローラーはたどるように作られているが完全ではない。
どこまでクローリングされるかどうかは、実際にやってみないと分からないのだ。

特にFlashはスマートフォンやタブレットでは表示できないことが多くなっている。
これからFlashを用いたページを作るのは論外で、現在使っている場合も対策が必要である。

3.ページ中に多数のリンクを置かない

余りにもリンクが多い場合、クローラーがリンクをたどらないことがある。
以前はGoogleはガイドラインの中でリンクは100個以内に抑えることを推奨していた。

現在は100個という数字はガイドラインからはなくなっており、妥当な数にするようにとなっている。
このあたりの情報は、海外SEO情報ブログ「1ページのリンクは100未満に抑える」は過去の話だけど、やっぱり抑えたいに詳しい。

ページのリンクがコンテンツの構成上、非常に多くなってしまう場合は以下のような対応を取るべきである。

    • 同種のページへのリンクをまとめて別ページにくくり出す

例えば海産物の通販のページの場合、

・タラバガニ足600g
・タラバガニ足800g
・生タラバガニむき身セット2kg
・・・
・伊勢海老3尾1kg
・伊勢海老2尾700g
・伊勢海老オーブン焼きセット
・・・
・天然あわび300g
・天然あわび150g
・あわび酒蒸し500g
・・・

こんな感じで大量にリンクが並んでいる場合は、
「タラバガニ」「伊勢海老」「あわび」・・・といった商品のカテゴリ毎にページを分けるのがよい。
そうすれば通販のページからは、リンクは商品のカテゴリの数だけに抑えることができる。

これはクローラビリティを改善するメリットがあるだけではない。

      • ページ構成がすっきりし、ユーザーの見やすさが改善される。
      • 商品のカテゴリのページは、同カテゴリの商品へのリンクがまとまるため、検索エンジンに対してよりテーマを強く認識させることができる。

この2つは違うメリットに見えるが、実は同じことであることに留意すべきである。

人間にとって使い勝手がよいページ、わかりやすいページは、検索エンジンにとってもわかりやすいページである。

ということである。

  • 重要なページヘのリンクはページの上部に置く
  • ページヘは複数経路を用意する

これらはクローリングされないリスクを軽減するための措置である。

4.トップページからできる限り少ないクリック数で到達できるようにする

基本的には3.と相反する場合が多いため、両立させるために、

ページの遷移を工夫する、sitemap.htmlを置く、経路を複数化する、パンくずリストを設置する、といった様々な方法を考える必要がある。

5.サーバーのレスポンスを改善する

極端に安いレンタルサーバーなどは非常にレスポンスが悪いケースがある。
このような場合は、クローラビリティも悪くなる。
また、ユーザーからの使い勝手が著しく悪化する。
たった0.5秒の遅延であっても、ECサイトでは売上の減少がみられるという結果が出ている。
※参考Chromeはなぜ速いのか

クローラビリティの観点だけではなく、レスポンスの改善に努めるのは重要である。

6.sitemap.xmlを置く

sitemap.xmlファイルを読み込ませることはほぼ必須だ。
サイトマップのファイルには2つがあり、人間が見るためのsitemap.htmlと検索エンジンに読ませるためのsitemap.xmlがあり混同している人も多い。
両方共必要なのである。

7.不要なページをクローリングさせない

検索結果に表示させてはいけないページについては、クローリングさせない工夫が必要である。
例えば、

・ブログの未来日のページ
・カテゴリで絞り込んだ結果0件しかないページ

などだ。
詳しくはCMS設計時に必須のSEO考慮点12項目の「9.ほぼ同一内容のページを多数インデックスさせない」をご覧頂きたい。

8.ページ送りを極力減らす

記事が長くなった場合に、ページ送りがつけられる場合がある。
例えば当ブログのケースであれば、

SEO小説 カニのオマージュは、記事が長いのでページ送りがある。
このようなページ送りが多くなると、ある程度のところで検索エンジンはクローリングを打ち切ってしまうケースがある。

ページ送りを減らす方法としては、1ページあたりの文字数を増やすといった方法が簡便だろう。

9.マルウェアへの感染に気をつける

私が最近遭遇したケースでは、WordPressの脆弱性を突かれたことがあった。
普通にサイトにアクセスした場合は何ら問題なく見えるのだが、検索エンジンの検索結果から自サイトにアクセスしようとすると、全く違うサイトに飛ばされるケースである。
こんな場合は、自サイトにクローラーは正常にアクセスできなくなっている可能性が高い。

Analyticsを定期的に見るなどしていれば気がつくはずであるが、早く気が付かないと危険である。
定期的にAnalyticsは見るようにすべきだろう。


クローラビリティが悪ければ全て始まらないため、この配慮は最も基本なのだが実は難しくSEOの奥深い部分でもある。
上記のような観点から十分な検討を行うことが必要なのである。


※追伸
ありがたいことにこの記事に住太陽氏からGoogle+でコメントをいただいた。

クローラービリティで最も重要なことは

情報がウェブ上に掲載されている

ことです。
社長の頭の中にしか存在しない、サポート係のメーラーやイントラの中にしか存在しない情報はクロールできません。
そこらへん、追記してもよろしいかと思います。

このコメントは一見当たり前のことを語っているように見えるが、幾つかの意味において非常に深い知恵が隠されている言葉だと思った次第である。

    • 存在しないコンテンツは検索対象にならないことは、当然過ぎるほと当然なのだがこれがわかっていない人がまず多い。
      Webサイトを作りさえすれば、インターネットから引き合いが取れるという勘違いが現在も存在する。野球で言えば練習をするしない以前に、バッターボックスにも入らずにホームランを打ちたいって願うようなものだ。

※ちなみにバッターボックス云々という比喩は黒須敏行氏の表現でした。

  • SEOはコンテンツを作る以前に始まっている。
    社長の考えやユーザーサポートが蓄積した知見などは重要な情報であり、これらはコンテンツとして表現される必要がある。
    しかし、表現されていないことが多いのだ。

タグ

2012/12/03 | コメント/トラックバック(3) |

カテゴリー:essence

このページの先頭へ