最小限やるべきたった4つのSEO施策


今回のテーマであるが、

最小限やるべきたった4つのSEO施策

である。
最近はとんでもなくすごい勢いで、SEOの分析のために数多くのサイトを見ている。
それでしみじみ感じたのだ。

SEOは世の中から認知されていない

アフィリエイターのサイトを除くと、一部上場企業のサイトも含めてほとんどが最低限のSEOの考慮ができていない(アフィリエイターのサイトは、SEOし過ぎっていうのが多いのだけど・・・)。
コンテンツの質を評価すると、上位表示して当然だと思うのに、まったく上位に表示されていない例が多い。

Webサイトは何のためにあるのか?

それは世の中の人に何かを伝えたいからだろう。

しかし、検索結果に表示されないのでは存在しないのとほぼ同じで伝えることはできない。非常に残念なことだ。

なので、今回すべてのWebマスターに向けて、簡単にできる最小限のSEOについてまとめたものをお伝えしたい。

基本的にはSEOに確実な不正解はたくさんあるが確実な正解はない

のがSEOだ。
しかし、ここに書いてあることは、比較的簡単でしかも絶対に損がない施策である。
是非取り組んでみていただきたい。

1.titleタグには必ず検索させたい語句を入れる

SEOの基本中の基本。
これだけできていれば、コンテンツがしっかり作れていれば上位表示することが多い。
それほど大切であるが非常に簡単。やる気になれば数分で修正できる。しかし、これすらできていないサイトが非常に多い。

よくありがちなケースを二つ挙げてみる。

  • キーワードを意識してタイトルをつけておらず、他のページとタイトルがカブっている
  • ページ内ジャンプを多用し、1ページ内に複数のテーマを詰め込んでいる

2つ目は少し説明が必要かもしれない。
ページ内に複数のテーマを詰め込んだ場合、titleタグは1か所しかないため、1つの重要キーワードでしか上位表示されない。
ページを分けても十分なコンテンツの量があればページを別にすべきである。

2.アンカーテキストにはリンク先のページの内容を表すキーワードを含める

アンカーの中にある文字列をリンク先のページの内容を把握する、重大なヒントとしてGoogleは捉えている。ここにはよく、

「戻る」「トップへ」「まとめのページ」といった漠然とした キーワードが書かれていることが多い。

キーワードを入れるとわざとらしくなってしまう場合を除いて、つとめてキーワードを入れてやるようにすべきである。

3.alt属性は適切に設定する

alt属性は非常に重要なのだ。

Googleはユーザーにとって有益な情報を提供したいと考えており、できる限り情報を集めようとしている。
しかし、Googleが判断できる情報は基本的には文字だけである。
画像の中にもしタラバガニの缶詰の写真があったとしても、そこにalt文字列が設定されていなければ、Googleは何が書いてあるか判断できない。
これに対し、
alt文字列に「タラバガニ缶詰6缶セット」などと書かれていれば、Googleはこのキーワードがページ内の情報として存在することを認識できる。

上位表示される、されないという問題ではなく、ページ内に存在しないキーワードはそもそも検索される可能性がないということである。
最低限、alt属性を設定しておけば検索対象になるのだ。

4.meta descriptionはページの内容を表現する文章にする

meta descriptionに書いてある文章は順位に全く関係しない。
しかし、検索結果に表示されるのでとても重要で吟味が必要なのだ。

検索結果に表示されたときに、ユーザーがどのページをクリックするかはタイトルと概要の文章しか判断するものない。
概要部分を構成するのが主にmeta descriptionであり、内容が検索ユーザーのニーズに合致していないとクリックされないのだ。

折込チラシでPRする場合に、チラシ中のキャッチフレーズに全くこだわらない人はおそらくいないだろう。
同じ枚数をまいてもキャッチフレーズによって反響は10倍、場合によってはそれ以上違うこともあるだろう。
それと同じなのだ。

全部のページで同じmeta descriptionが設定されているといったケースはたまに見かける。
これは非常にもったいない。いっそのことmeta descriptionを設定しないほうがよっぽどましである。
設定しなければ、検索キーワードが含まれる適切っぽい部分をGoogleが概要として表示してくれるから、こっちのほうがよいわけだ。

ちなみに当ブログはSEOのブログであるのだが、趣味で運営しているため面倒なのでmeta descriptionを設定していない。
悪い見本である。何らかの収益を得たいのであれば絶対に吟味したテキストを設定すべきである。


ちなみに今回は記事のタイトルを見てお分かりのように「はてブ」などを狙いに行っているわけなのだ。
とは言え、多くの人にとってすぐに役立つ内容を書いたので、是非共有していただければと思う次第である。

タグ

2013/02/25 | コメント/トラックバック(4) |

カテゴリー:introduction

このページの先頭へ