よく流布している古いSEO知識について


SEOの知識ほど陳腐化の早い知識もそうそうないのではないだろうか?
ITはそもそもそういう分野であるのだが、特にSEOは陳腐化が早いと思う。

昨日の知識が間違いになってしまっているかもしれない技術分野はそうそうはない。

なので私はSEOの技術を追わず、本質を追求することをお勧めしたい。
詳しくは、正しいSEOの戦略に書いたとおりである。

Googleが目指している究極の場所は決まっているのだから、それを目指してSEOすればいい。
Googleの目指す究極の場所とは、コンテンツの価値を正しく判断して、検索意図に対する適合性の高い順番に正しく並べて表示させることである。

だから、究極的にSEOとは、

ユーザーの検索意図を洞察し、充足させるコンテンツを作ること

に他ならない。

究極的にはSEOとはそのようなものだ。
しかし、SEOのテクニカルな知識を覚えると、大きく有利になる。
究極の場所にたどり着くまでの道のりはまだまだ果てしなく遠いからだ。

だから、Googleに対して正しくコンテンツの価値を評価させるための手がかりを与える必要がある。

手がかりを与えることが現在のSEOである。
Googleはコンテンツを正しく評価したいと思っている、でもできない、だからWebマスターはGoogleに協力してやる必要がある。
正しく評価させる(過大に評価させる方法をSEOと呼ぶ人もいるが、それは最適化ではないのでSEOではない)方法をSEOと言うのだ。

さてようやく本題。

正しく評価させる方法は日々変わる。
それはGoogleが日々進化しているからだ。

昨日までは重要な手がかりであったことが、今日まったく無効になってしまっていたり、場合によっては逆効果になったりすることがある。

そんな古くなったSEO知識を書いてみる。
このブログを読む人は知っている事ばかりかもしれないのだが、世間では意外に知られていなかったりするのだ。

1.meta keywordsは重要である

これはかなり古いSEO知識。
こんなことをいまだに書いている作者や、そんなことを言っているWebコンサルタントがいたらSEOについてはド素人だと思っていい。
今だにいるのだが、まるで化石である。

実際は完全に不要である。Googleはmeta keywordsについて評価していないからだ。

むしろmeta keywordsは設定しないことを推奨したい。
私は競合サイトのSEOに対する取り組みの状況をよく調査するが、まず真っ先にmeta keywordsを見る。
競合にどのkeywordを意識しているかという情報を与えてしまうだけ損だと思うのだ。

2.meta descriptionは上位表示の重要な要因だ

これも1.と同様にかなり古いSEO知識。
まったく順位計算には関係ない。

しかし、全く必要ないわけではない。
descriptionに設定した文章は、検索結果に表示される。
検索キーワードを含めるのではなく、検索ニーズに応じた魅力的な文章を設定することでクリック率が上がり訪問者を増やすことができるため重要なのだ。

当ブログではdescriptionについても設定していない。
これは趣味で運営しているブログであるため、面倒なのでやっていない。
皆さんは是非設定してください。

1.2.についてはSEOのホワイトハットジャパンさんのMETAタグ(keywords description)の使い方に詳しいので、更に情報を集めたい方は読んでみると良いだろう。

3.ディレクトリの階層が浅いほうが上位表示する

今はそんなことはべつにない。
少々前であるが、SEOの噂を検証するという記事を書いたのでご覧いただければと思う。

4.プレスリリースはSEO効果がある

ValuePress@Pressといったプレスリリース配信代行サービスは、様々なWebの媒体にプレスリリースが掲載されることを売り物にしている。

ValuePressは提携サイト数90、@Pressは同じく86と書いてある。
これだけのサイトからリンクされるのであるから、被リンクの効果絶大と言われたものだ。

しかし、現在プレスリリースそのものにSEO効果はないと思った方がよい。
このようなプレスリリース配信サービスを利用した法人の多数のWebサイトについて、検索順位が上昇しているかを継続的に追跡したことがある。

際立った効果はなかったというのが結論である。

Googleはこのような同一の情報からのリンクについて、同一の情報であると認識しているのだろう。
効果がないだけだけだったらいいかもしれない。
しかし、プレスリリースには危険があるかもしれないのだ。

「プレスリリースは広告と同じ、リンクにはnofollowを付けるべき」とGoogleのジョン・ミューラー氏という鈴木謙一氏の先月の記事(2013/07)を読まれた方も多いだろう。

全てのプレスリリースにnofollowがつくわけもない。
そのことが即危険につながることを意味するわけではないのだが、プレスリリースはGoogleの非推奨の行為となってきたと言える。

SEO目的でのプレスリリースは効果は少なく、リスクがあるため今となってはおすすめできない施策となったわけだ。

5.重要なページにのみリンクジュースを流すためにnofollowを用いる

これは渡辺隆広氏のSEMリサーチの下記の記事に詳しい。
SEO:Google、nofollowリンクの仕様変更、「PageRankスカルプティング」無効に

簡単に例を上げて説明してみよう。
あるページの持っているGoogleの評価が100だったとする。

そのページからリンクが10本張られていれば他のページに対して、単純計算で100割る10となり、10ずつ評価が渡るってわけだ。
ところがSEOの観点から不要なページについてはnofollowにすることで、他のページに評価を多く渡せることにより、重要でないページにはnofollowをつけるテクニックだ。
5本のリンクにnofollowをつければ100割る5となり、20ずつ評価を渡せる。

ところが現在では、nofollowをつけても他のページに多く評価は渡らない。
5本のリンクについているnofollowについてリンク数に含まれるが、リンクの評価は渡らない。
つまり計50しか評価はリンク先に渡らず、残りの50の評価は消滅してしまう。


なんでこんな記事を書いたのかというと、このような古いSEO知識が流布しており、しかもそれが比較的新しい情報源に存在していたからだ。
2012年に発行された本であれば、その直前ぐらいまでのSEOの知識については間違いないと普通は思うだろう。

しかし、2012年の情報であるにもかかわらず、5.のPageRankスカルプティングが堂々と書かれていたりなんかするようだ。
だから、私は危険を喚起しておきたいのだ。

ではどうすればいいのか?

確かな情報源から情報を仕入れるしかない。

SEOのテクニカルな問題を解決するために適切な情報の入手先であるが、まずは以下の3冊の書籍をお勧めしたい。

「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書 」は非常に古いが、SEOの本質を理解するためにお勧めできる。
「WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル」は比較的新しいため、テクニカルな意味でもほとんど古くなってはいない。
初心者の人には、読みやすいので一番お勧めかもしれない。

書籍はしかし古くなるのが宿命であり、また実務で困ったときの様々な情報を得られることは少ない。
そんな時はSEOブログを読むことになるだろうが、SEOブログはまさしく嘘八百が書かれている事が多く、どんなオカルトですか?というような奇怪なSEOの知見が書かれていることもある。

そこで以下のブログをお勧めしておきたい。
自分の知りたい情報についてググった時に、これらのブログの中に書かれていることはほぼ間違いない。
また、現在も更新されており信頼出来る情報源である。
(古い記事についてはアップデートされていない可能性があるので、そこだけ要注意)

ちなみに並び順はサイト名をエクセルで自動的に昇順に並べ替えを行ったものであり特に意味はないことをお断りしておく。

1.SEOの権威が執筆しているブログ

  1. SEMリサーチ

    http://www.sem-r.com/

  2. SEO Japan

    http://www.seojapan.com/

  3. SEO 検索エンジン最適化 – 自分で施策するための最新SEO情報サイト

    http://www.searchengineoptimization.jp/

  4. web>SEO | SEO辻正浩のブログ

    http://webweb.jp/blog/

  5. パシのSEOブログ

    http://www.jweb-seo.com/blog/wordpress/

  6. 海外SEO情報ブログ

    http://www.suzukikenichi.com/blog/

2.Googleによる公式発表

  1. Google Webmaster Central 日本版 公式ブログ

    http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/

3.有用なSEOブログ

  1. Re:very

    http://lblevery.com/blog/

  2. SEMアドバイザーの揺さBrain!

    http://yusabure.sem-adviser.com/

  3. SEO Imagination

    http://holy-seo.net/blog/

  4. SEOだけじゃない Web集客コラム

    http://www.nj-technology.co.jp/marketing/

  5. SEOとその周辺

    http://minnano-seo.com/

  6. SEOのホワイトハットジャパン

    http://whitehatseo.jp/

  7. SEOまとめ

    http://www.seo-matome.jp/

  8. Webutubutu!

    http://webutubutu.com/

  9. WEB戦略ラウンドナップ

    http://www.7korobi8oki.com/

  10. アフィリエイト野郎

    http://afi8.com/

  11. クロスウォークのSEOブログ

    http://blog.mf-seo.com/

  12. バカに毛が生えたブログ

    http://www.baka-ke.com/

  13. ムラウェブドットネット

    http://seo.muraweb.net/blog/

  14. 世界へボカン通信

    http://www.s-bokan.com/blog/

  15. 葬儀社のためのSEO

    http://www.sogisya.net/

※手前みそで恐縮です・・・。


最後にPRであるが、日本人対象の唯一のSEOのGoogle+上のSEOの公開コミュニティ、SEO同好会メンバー募集中である。
初心者歓迎のゆるーいコミュニティを目指して運営中。
現在120名を超え、活発に発言するメンバーが増えてきて盛り上がってきていて面白い感じである。

興味のある方は是非ご参加下さいませ。

タグ

2013/08/26 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:superficial

Webマスターは自衛を考えるべき


昨今、Googleが変調をきたしているように思う。

変調のきっかけは不正リンクに対して積極的にペナルティを課すようになったことだ。
不正リンクに対して、ペナルティを課すことは間違いではないしやるべきことである。

しかし、残念なことにGoogleは不正リンクと、自然リンクを正しく見分けることができていない。

ではいつになったら、見分けられるようになるのだろう?

私は永遠にならないと思っている

コンピューターの処理能力やアルゴリズムが進歩するとスパムの検出精度は向上するが、あくまで検出精度が上がるだけである。
スパムをゼロにすることは不可能だ。

私が子供の頃、天気予報は当たらないものの代名詞だった。

しかし、現代では天気予報はかなり信頼されており、確かに当日、翌日の天気予報はかなり当てになると思っている人が多いだろう。
これも気象予測のアルゴリズムの進歩、コンピューターの処理能力の向上によるものだ。

これを突き詰めていけば、天気予報は100%的中するようになるのだろうか?

答えはNOである。

この問題にスパムの検出は似ている。

結局は確率や可能性でしか判断できないからだ。

これは不正リンクのチェックをしたことがあればよくわかるだろう。
ウェブマスターツールから被リンクをダウンロードして、一本一本全てのリンクを目視で精査する。

明らかにSEO業者による不正リンクであると判別できるケースは多い。
しかし、判別が難しいものがあまりに多いことに気がつくだろう。
このようにグレーな被リンクは、人間が見ても不正リンクかどうかわからない。

全く同じようなリンクであっても、あるものは不正リンク、あるものは自然リンクだったりする。
そもそもリンクを貼った動機が、

リンクポピュラリティの上昇を狙ったものなのか?
純粋にリンク先のページを紹介したいと思っているのか?

なんてことは神でもなければわかるわけはないのである。
ましてやアルゴリズムで正しく判断するということは不可能だ。

しかし、私は今まではリンクを貼った動機を問う必要はないと思っていた。
何故ならば、そのリンクに価値があるならば、そのリンクは正しいリンクであるからだ。

言い換えてみよう。

  • リンクが存在するサイト自体に何らかの価値がある
  • リンクが存在するページにも何らかの価値がある
  • リンク自体をクリックする意味がある

この3つをクリアするリンクには正しいリンクであり、正しいのであればそれがリンクポピュラリティの上昇を狙ったものであろうがあるまいが関係ない。
という考え方でよいはずだ。

また、私は原則的にSEOをWebマスターは意識する必要はないと思っている。
一般のWebマスターは取り立ててSEOを考えなくても、サイトの運営を続けていれば検索エンジンからそれなりに評価を得られるはずである。

しかし、誰もがSEOにおける危険性を考慮しなければならなくなってきたのだ。

それはなぜか?

いくつかのGoogleの公式発表から危険性を列挙してみる。

  1. ブログパーツからのリンクに危険性
    WEB戦略ラウンドナップの中山氏のこの記事を紹介したい。

    ブログパーツ(ウィジェット)内のリンクはnofollowをつけるべきとGoogleが回答

    当ブログでも現時点においてZenbackというブログパーツを導入してる。



    私はこのZenbackというブログパーツを導入するにあたって、危険性はほとんどないと判断した。
    Zenbackからリンクされる記事と、当ブログの記事には高い関連性があり、ユーザーにとっての利便性がある。
    私の記事を読んで物足りない場合、Zenbackのリンクをクリックしてより深い情報を得ることもできる。
    実際に私もZenbackから広い知見を得ることができているのだ。

    このようなリンクは正しいリンクだ。

    それにもかかわらず、nofollowであるべきというGoogleの発表には納得がいかない。

  2. プレスリリースの危険性
    海外SEO情報ブログの鈴木氏の記事を紹介する。
    「プレスリリースは広告と同じ、リンクにはnofollowを付けるべき」とGoogleのジョン・ミューラー氏

    プレスリリースももしそれが有名なWebの媒体でなされたものであれば、そのページを見て来訪する人もたくさんいるかもしれない。
    それであれば、そのリンクには評価すべき価値があるといってよかろう。
    そうでなければ、そのリンクは価値がないとGoogleが評価すべきである。

    アンカーテキストにSEO対象のキーワードが含まれなければ問題ないということではあるのだが、それでも危険は回避できるとは言えない。
    プレスリリースを配信する際にサイト名や企業名やURLを情報として提供するが、サイト名や企業名にSEO対象の文字列が入っていることも往々にある。

    例えば、私が「新鮮カニ通販サッポロ屋」という屋号で通販をやっているのであれば、アンカーテキストに「カニ通販」なんて文字列が入ってくる危険性がある。

    そんなわけで、プレスリリースにもnofollowをつけるべきだというのだが、実際には無理だ。
    プレスリリースは様々なインターネット媒体が勝手に配信するものなのだから、自分のコントロール下に置くことは不可能である。

    唯一の安全策はプレスリリースを発信しないこととなってくるかもしれない。これってどうなんでしょう・・・。

  3. リンクの否認について
    リンクの否認ツール:Q&A のご紹介
    ここから引用しよう。

    Google では、各サイトの掲載順位が他のウェブマスターによって操作されることのないよう対策に努めています。しかしながら、そのような第三者からの悪意のあるリンクがサイトの評価に悪影響を及ぼしていると思う場合は、リンクの否認ツールを使用して、それらのリンクを無視するよう Google に指定することができます。繰り返しになりますが、Google では独自のアルゴリズムを開発してネガティブ SEO へ対策を実施していますので、ほとんどのウェブマスターの皆さまはネガティブ SEO について心配する必要はありません。

    なんだか今ひとつ歯切れが悪い。

    「そのような第三者からの悪意のあるリンクがサイトの評価に悪影響を及ぼしていると思う場合は、リンクの否認ツールを使用して、それらのリンクを無視するよう Google に指定することができます」
    ではなく、
    「そのような第三者からの悪意のあるリンクがサイトの評価に悪影響を及ぼしていると思う場合では、リンクの否認ツールを使用する必要はありません」
    と言い切って欲しいものだ。

    それもそのはずで、誰の意思で不自然リンクを付けたかなんてことはリンクをつけた人以外わからないからだ。

不自然リンクをペナルティの大きなファクターとして計算するペンギンアップデート以降、私はリンクについてWebマスター側に責任を負わせすぎていると感じている。

  1. 不自然リンクによってペナルティを課すようになった
  2. 無実のサイトにもペナルティが発動する
  3. アルゴリズムで精度を上げようとするも限界に
  4. Webマスター側に対応を依頼するしかない状況に・・・

こんな感じである。
そもそもリンクが人工か天然か?誰が貼ったのか?なんてことはわかりっこないので、それをペナルティの大きな判断基準にしようという考え方にそもそも無理がある。その無理を承知でそのまま何とか運用しようとすることが現在の状況を招いていると思う次第だ。

そもそもスパマーが存在しなければ、こんなことをしなくてもいいのだろうが、スパマーのために善良なWebマスターまでまきぞいになるのは正直勘弁して欲しい。
そうはいっても、まきぞいになるわけにはいかないので自衛するしかないと思う。

ブログパーツの導入は慎重に
プレスリリースの導入も慎重に
リンクは定期的にできればチェックする

といった自衛策は考えなければならない。

最後に、「バカに毛が生えたブログ」さんの記事を紹介して終わりたい。

リンクにnofollowが付与されていない。「風立ちぬ」の公式サイトにGoogle苦言

最近のGoogleの何でもかんでもnofollow入れろという雑な対応をなんか表現できないかなと思って

と書かれていたが、本当にその通りだとしみじみ思う。


※追伸

当ブログを始めてから早いものでもう2年になりました。
どこまでやれるかわかりませんが、とりあえず3年を目指して頑張ります。
応援いただけると幸いでございます。

タグ

2013/08/19 | コメント/トラックバック(2) |

カテゴリー:superficial

「当社のSEO施策は安全です」は本当か?


某有名SEO会社であるがWebからの申込時に危険性をでかでかと表示している。
こういうインフォメーションを行う会社は非常に良心的だと思う。

問題は、

「当社のSEO施策は安全です」

と言い切るSEO業者である。
実際に業者による安全なSEO施策というものは存在しないわけではないのだが、専門家ではない限り安全性を判断するのは難しい。

今回の記事は、SEOの専門家ではなくても、ある程度業者のセールストークの中から危険を察知し、回避できるようにするためのものである。

当該SEO業者はGoogleのガイドラインに対してどう考えているか?
技術はどのレベルにあるか?ということによって危険性は変わってくる。

危険性には4つのレベルがある

  1. Googleのガイドライン違反を全く冒さない
  2. Googleのガイドライン違反を行うが、警告を受けた場合の対応策がある
  3. Googleのガイドライン違反を行うが、違反であることを極力隠す
  4. Googleのガイドライン違反を行うし、違反であることを隠しもしない

という4つだ。
いわゆる普通のSEO業者によるSEO業者施策は上記の2~4のいずれかに該当する。
では上のレベルから順番に説明することにしよう。

1.Googleのガイドライン違反を全く冒さない

ガイドライン違反を冒さずに、いかに検索エンジンからの評価を高めるかに焦点を当てている業者である。
このような業者は少ない。
コンサルティング型の業者が多く、サイト内部の改善・外部リンクの精査・ナチュラルリンクを集めるための企画運営といった手間のかかる業務を行う。
成果達成基準といったものはたいていは設定されておらず、月額数十万円~といった固定料金がかかり大体において高額である。

2.Googleのガイドライン違反を行うが、警告を受けた場合の対応策がある

多くのSEO業者にとって今現在時点において、現実的に実現可能な対応である。

不自然なリンクの警告がGoogleから送られてきた。
特定キーワードでの検索順位が大きく下落した。

といったような状況になった場合に、

  • 外部リンクをすべて剥がすことができるように準備しておく。
  • リンクはクライアントのトップページには張らずに、特定の下層ページに張ってあり当該ページのURLを変更するだけで全てリンクを無効化できるようにする。
  • クライアントのサイトに直接リンクを張らずに、SEO業者が制作した少数のサテライトサイトに多数のリンクを集めて、このサテライトサイトからリンクをする。
    といったクッションを設けた2段階の人工リンクを用意する。
    クライアントがペナルティを受ける可能性は大きく減少し、また最悪のケースでもサテライトサイトからのリンクを取れば回避できる。

主に上記の3つのうちのいずれかの対応策をあらかじめ講じておく。
施策にかかるコストが上昇するため、提供価格が高くなることもあるが比較的安心できる施策である。

それでもリスクがないわけでもないことを明記しておきたい。
リスクは3つあり、リスクの及ぼす影響の高い順番に列挙してみる。

  1. 当該SEO業者の施策だけでなく他にもGoogleのガイドライン違反を疑われる施策を行なっていた場合が大きな問題が生じる。
    ペナルティはコップの水が溢れるのと同じである。
    小さなガイドライン違反であっても積み重ねることによって、ある一定ラインを超えると発動するケースが多い。
    当該SEO業者の施策が原因で一定ラインを超えてしまったという場合は、当該SEO業者のリンクを剥がすだけでは元に戻らないかも知れない。
  2. 当該SEO業者が施策前に戻しても完全に評価が元に戻らない可能性がある。
    施策前の検索エンジンからの評価が10だったとすると、ペナルティを受けて2になり、施策前に戻して再審査リクエストを行なった後、8に戻るというような感じである。
  3. 一時的な評価の下落は避けられない。
    再審査リクエストによって評価が戻ったとしても、その間の1・2ヶ月程度の期間は評価が下落したままである。
    その時期が繁忙期と重なったりすると、ビジネスチャンスを逃してしまうかもしれない。
    例えば、タラバガニを通販で売っているサイトであれば、11月12月が評価が下がったままだと、お歳暮という最大の販売チャンスを失ってしまう。

とは言え、これらのリスクがあることを勘案して、それでもそのSEO業者に施策を依頼するという選択肢は、倫理的な問題はともかくおいておけばビジネス的にはありだ。
ビジネスにはどのような選択肢にも全てリスクがある。

何もしないという消極的な選択肢にも、ビジネスチャンスをものに出来ないリスクがある。

結局どの選択肢をとってもリスクがあるのだから、

リスクとメリットを勘案して最も望ましい選択肢

をSEO業者と一緒に判断してクライアントの責任において実施するのはありだろう。
リスクとメリットについて誠実に判断してくれるSEO業者であれば、付き合う価値があると私は思う。

3.Googleのガイドライン違反を行うが、違反であることをGoolgeに極力隠す

こういうSEO業者も数多くある。
というか、非常に多いといったほうがいいかもしれない。
このような業者の言い分はこんな感じだ。

「当社ではサーバーを多数持ち、IPを分散させているので大丈夫です。」
「高品質なリンクなので大丈夫です。」
「オーソリティの高いサイトからリンクされるので大丈夫です。」

いろいろなバラエティがあるがだいたいこんな感じだろう。
まあ、これらの言い分を鵜呑みにしてはいけない。

「大丈夫です。」

って言っている時点ですでに大丈夫ではない。
前述のような大丈夫の根拠も言うなれば「無根拠」と同義語である。

飲酒運転を常にする人がいて、その人にそんなのは危ないから止めろよ。
と注意をした時に、

「大丈夫だよ。俺はね、ビール2本ぐらいじゃ全然酔わないの。だからへーきへーき。」

っていうぐらいの根拠だ。何が平気なのかさっぱり分からないが、前述のようなSEO業者の言い分もどうして大丈夫なのか意味がわからない。
素人を騙せればいいっていうことだろう。
大丈夫というSEO業者は疑えってことだ。

4.Googleのガイドライン違反を行うし、違反であることを隠しもしない

こういうSEO業者もある。

「Googleなんてしょせん私企業なわけじゃないですか。何でそんなところの定めたルールに従わなくっちゃいけないんですか?」

って言い切ったり。

「大丈夫大丈夫、Googleはそんなに賢くないしわかんないんですよ。気にする必要なんてないです。」

このようなことはありえないし、危険この上ないので関わりあいになってはいけない。


まとめてみよう。

SEO業者の言う安全にはレベルが4つある。

全くリスクを冒さない1番だけは本当に安全である。
2番の業者はクライアントに対して誠実であり、かつ回復可能な策を講じているためまあ安全と言っていい。
3番と4番は安全ではない。
それにもかかわらず、SEO業者が安全だと強弁するならば、危険であることを隠しており不誠実で危険以外の何物でもないのである。

タグ

2013/08/05 | コメント/トラックバック(1) |

カテゴリー:superficial

このページの先頭へ