SEO担当者は誰に向かって仕事をしているのか


今日もSEOの技術とは全く関係がない話題である。

最近思うことがある。

悪だと言われまくっているSEO業者であっても、中で働いているSEO担当者は悪とは限らないということを言っておきたいのだ。
結局は誰を自分の主人だと考えて仕事をしているのか?
という問題である。

SEO業者に勤務している担当者には4つの主人が考えられる。

  1. 自分の担当するクライアント
  2. 検索エンジンそのもの
  3. 担当者自身
  4. SEO業者の経営者もしくは上司

今風の言葉で言うならば、
「誰得?」
っていう話だ。

1.自分の担当するクライアント

私は全てのビジネスマンは自分のクライアントの利益を再優先に考えるべきだと思う。

私が考える本来あるべき姿は1番目の自分の担当するクライアントだと思う。
これはクライアントの要望に無条件に従うだけではない。
クライアントの利益を再優先に考えるならば、クライアントよりも更に高い視点、広い視野から見る必要がある。
クライアントのためにならないことは、その理由を説明し、対案を提示して説得する義務を負うだろう。

「被リンクで手っ取り早く上げてくれ」

って言われたら、私がSEO業者の担当者ならクライアントの利益にかなわないことを説明する。
対案は常に持っておく必要がある。
内部改善?ロングテールSEO?PPC?
といった2の矢、3の矢を持って初めて説得力を持つだろう。

それらもコスト的、期間的に見合わないと判断した場合にのみ、出来る限りリスクを回避する方法で被リンクを貼るといった対応がベストだと私は考えている。
被リンクのリスクを出来る限り回避する方法はこちらを参照のこと

また実際のところ担当者はクライアントを第一に考えているかもしれないが、そうできないという事情も多々あったりする。
このあたりの事情は最後の4で書く。

2.検索エンジンそのもの

SEO業者の社内のR&D部門(Research&Development:研究開発)などに所属する人は、検索エンジンそのものだけを見ているといった場合もある。
しかしごく稀であり、大手のSEO業者であっても研究専門の人員を抱えていることはほぼない。

とは言え、検索エンジンだけをひたすら見ているといった担当者は存在してはいる。
こういう生き方っていうものは面白そうだと思うが、私自身はあまりSEOそのものにはそこまでの興味がない。
SEOってものはビジネスにおける一つのレイヤーにしか過ぎないっていうのが私の気持ちだ。

それで生きていけて、楽しいと感じるのであればそれはそれで自分の生き方であり、他人がとやかくいう筋合いではないだろう。
とは言え、SEOはビジネス全体からは言うに及ばず、Webの集客手法の一部にしか過ぎない。
生涯一つのスキルで食っていけるか?たいていの職業において微妙だが、SEOもその例外ではない。
SEOのスキルしかなかったらまったくつぶしがきかない。だから個人的な意見としてはSEOのみに執着することは避けたほうがいいと思う。

参考記事:SEOはいつ死ぬのか?

3.担当者自身

自分の美意識で仕事をする担当者である。
職人気質というか、自分の納得する仕事をすることが最も大切という価値観だ。
これはSEO業者に所属している場合でも、インハウスでSEOを担当している場合でも難しい。

会社は利潤を追求するために存在しているわけで、自分の美意識と利潤の折り合いをつけなければならない。
なので、このタイプの担当者はいずれ独立して価値観に共感してくれるクライアントの仕事だけを請け負うフリーのSEOエンジニアになるか、価値観を第一優先から外して普通のSEO担当者としてやっていくかのいずれかを選択せねばならない。

4.SEO業者の経営者もしくは上司

結局雇われている限り仕方がないっていう話だ。
私が一番書きたかったのはこの担当者のことである。

1~3を大切にしたいという価値観を持っていても、実際は会社員として雇われている限りはままならない。
誰から給料をもらっているか?
本来はクライアントからなのだが、しかし自分に給与を払ってくれるのは会社であり、人事権を持っているのは上役や経営者だ。

自分の良心と会社の命令をどこで折り合いをつけるか?という問題はサラリーマンにとって宿命的につきまとう。
どうやって折り合いをつけるか?なのだが、

  • 抱えている案件が少ないのであれば会社の命令に従いつつも、もっとクライアントに対し手厚くフォローする。
  • 自分で会社をコントロールする。

恐らくはこの2つしか選択肢はない。
そして、前者も後者も中小零細SEO業者しかとりえない選択肢だと思う。
特に評判が芳しくないのは大手SEO業者であり、そのような会社にいる限りはどちらも難しい。

大手だとクライアントに相対しているのはSEO担当者ではなくて営業担当者だし、組織全体を変えることも、組織のトップの考え方を変えようと試みることもほぼ無理だ。

そもそも、SEOというビジネスを大手がやろうとするならば、コンサルタントの手がかかるような営業形態はとりえない。

SEO業というビジネスモデルという記事で過去に書いたが、大手はどうしても人的コストの掛かるSEO施策は行い得ないのだ。

大手SEO業者に勤務している心あるSEO担当者は日々苦悩している。
その業者にいる限り出口のない顧客軽視のトンネルを彷徨う。

自分の力量と人脈に自信があれば独立してフリーのSEOエンジニアになるなり、大手Webサイトを運営する会社にインハウスSEO担当者として転職する道もある。

しかし、今まで怪しい被リンクの構築ばっかりやってきたのであれば、自分のスキルに自信も持てないだろう。
家族がいれば食わせなければならない。

とは言え、辞められないと信じこんで可能性を断つのは早計だ。

大体のサラリーマンは小さな杭でつながれた象のようなものだ。

象を最初に捕まえた時は、大きな木につないで逃げられないようにする。
これを繰り返すと、象はつながれている限り逃げられないものだと思うようになる。
小さな杭につながれているだけなのに逃げなくなるのだ。

自分をつないでいたのはこんなちっぽけな杭に過ぎなかったのか?

と気がつけば、逃げられる、あるいは逃げる準備をすることができる。

もし、自分の良心と現在の仕事の折り合いがつかないのであれば、自分は小さな杭につながれた象なのではないか?
と一度考えてみて欲しいのである。

タグ

2013/12/24 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:essence

競合サイトのSEOの状況を詳細に分析する方法(難解なのでコンサルタント・SEO担当者向け)


今回のテーマは競合サイトがどのようなキーワードで集客しているかを調査する手法である。
私はこうやっていますっていうだけではあるが、この手の情報が出回っているのを全く見たことはないので参考になる方もいらっしゃると思う。
わりと難解でかつ面倒、そしてGRCを持っていないとできないため、一般のWebマスターには無縁の内容である。
難解で面倒でもやってみたいと考え、かつGRCを持っている(あるいはこれから買ってもいいと思う)人のみが対象となる記事だ。
それ以外の人は時間の無駄なので、直帰することをお勧めする。

さて、

競合サイトのSEO分析で難しいのが
「どのようなキーワードで集客しているか」

である。

SEOというものは結局のところ、

キーワードを介してWebサイトに
ユーザーを集めるマーケティング活動のことである

従って、SEOの観点からサイトを分析するためにはどのようなキーワードから集客しているかを把握しなければならない。
しかし、自サイトであれば完全ではないもののWebマスターツールやAnalyticsから把握が可能だが、競合のWebサイトがどのようなキーワードから集客しているかを知ることは非常に難しい。
どのキーワードで集客しているかを分析しない限りは、SEOの観点からの分析としては不十分であり意味をなさない。

ビッグキーワードでの上位表示の技術の有無がこれまでであればSEOにおける競合分析であった。
既存のSEO系の分析ツールはだいたいそんな感じである。

しかし、SEOの主戦場はロングテールキーワードに移りつつあり、ビッグキーワードを含めた様々なキーワードでどれだけ集客できているか?
といったはるかに難しい分析が必要になってきている。
既存のツールではまず対応できない。

さて、前置きが長くなった。
その手法である。当然ながらあくまで完全なものではないが、ある程度は役に立つはずである。
当サイトを解析の例としてやってみることにしよう。

1.Yahoo!検索で100件表示で
  ページの一覧を取得する

site:minnano-seo.com

※あくまでもYahoo!検索で、100件表示でなければならない。
ページ送りをして全ての検索結果のページのURLを取得する。

  • 検索結果1ページ目(1位~100位)

    http://search.yahoo.co.jp/search?p=site%3Aminnano-seo.com&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=

  • 検索結果2ページ目(101位~200位)

    http://search.yahoo.co.jp/search?p=site%3Aminnano-seo.com&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&pstart=1&fr=top_ga1_sa&b=101

  • 検索結果3ページ目(201位~300位)

    http://search.yahoo.co.jp/search?p=site%3Aminnano-seo.com&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&pstart=1&fr=top_ga1_sa&b=301

  • 検索結果4ページ目(301位~400位)

    http://search.yahoo.co.jp/search?p=site%3Aminnano-seo.com&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&pstart=1&fr=top_ga1_sa&b=401

といったように、検索結果の全ページのURLを取得してメモ帳などに貼り付けておく。
(最後の順位を表す数字の部分だけを変えても可)

2.取得したURLを
  キーワードプランナーにかける

キーワードプランナーでYahoo!検索のURLを解析した結果
※クリックすると拡大します

ダウンロードボタンを押し、CSVファイルを取得する。
この操作を1.で取得したURLを全て行う。

3.CSVファイルを全て足しあわせて
  一つのCSVファイルにする

出来上がったファイルがこれだ。
全部を1つのCSVにまとめたもの

4.重複キーワードを省く

重複キーワードの省き方は私だったらExcelを使って、

1)キーワードで並べ替える

2)ダブりチェック用の列を作り(ここではB列とする)、A列がキーワードだとしたら
B2にこんな関数を入れてやる。
=if(a2=a1,”ダブリ”,”OK”)
その後、これを下までコピーしてやる。
すると、ダブっているキーワードはダブリと表示されるので、これをオートフィルタをかけて削除する。
※その際に、再計算が自動になっていると1行消されるたびにワークシート全体再計算がかかってしまうため、いつまでたっても終わらないかも知れない。
なので念のため、再計算は手動にしておく。

5.ビッグキーワードを取り出す

Googleのキーワードプランナーは良いのだが、ビッグキーワードを見出しにくい欠点がある。
2語の複合キーワードを分割して1語を見出してやる必要がある。

A列がキーワードだとしたら
C列にこんな関数を入れてやる。
=LEFT(A2,SEARCH(” “,A2)-1)
D列には
=MID(A2,SEARCH(” “,A2)+1,99)

こうすることでスペースで区切られた前後のキーワードを分離することができる。
これで取り出したE列とF列をExcelに貼ってやり、4と同様にダブリを消す。

本当は3語のパターンもこれと同様に処理してやるのだが、今回は面倒なので省略する。

6.キーワードプランナーで取得できなかった
  複合キーワードを見出す

キーワードプランナーは万能ではない。
しかし、幾つかの操作を加えてやることで、隙間を埋める事が可能になる。
これはその操作である。

4.と5.で取得したキーワードをキーワードプランナーの、
「キーワードのリストを組み合わせて新しいキーワード候補を取得」
を行い、掛け合わせパターンを作る。

私は使い勝手がいいのでAdWords Editorを使って、キーワード候補を見出している。
キーワード候補
※クリックすると拡大します

サイトテーマと無関係のキーワードが多く見出されるが、これを目視で省いてもよいのだがその必要は基本的にはない。
例)「求人 転職」「無料 アプリ」「中国 ブログ」

7.CSVファイルを全て足しあわせて
  一つのCSVファイルにする

4.5.6.で取り出したキーワードを全て足し合わせる。
足し合わせるとこんな感じ

8.キーワードプランナーで全キーワードの検索数を取得する

これが実に面倒くさいことにキーワードプランナーでは検索数は一度に800キーワードまでしか取得させてくれない。
(まあ、リスティングで使うためのツールだから仕方ない・・・)
検索数を取得する処理
※クリックすると拡大します

この画面から必要な回数だけ処理を行い、何度もダウンロードして、CSVファイルを足し合わせる必要がある。

出来上がったファイルがこれだ。

検索数取得済

9.GRCに投入できるようにデータを整えGRCにかける

GRC投入データ

こんな感じに整えたら、GRCにかけてブン回してやる。

どんなビッグキーワードで上位表示しているのか?
どんなページがランクインしているのか?
想定外の集客がされているキーワードは何か?

といったことがかなり事細かにわかる。

完成したものはこちらである。

最後まで読んでいただくとほとんどがExcel上の作業であることがわかるだろう。
とは言えExcelである必要はなく、文字列の処理ができるプログラミング言語を使って処理しても全く構わない。
(実際はプログラミングで自動化したほうがいいと思う)

この手法の最重要ポイントは大量のキーワードデータを処理することにある。
データによるアプローチがこれからのSEOにとっては最重要であると私は考えているのである。


ウェブマスターツールやAnalyticsで得られるデータと照合してみるとわかるが、この方法はそれほど精度が高く出るわけではない。
実際にこの方法でも取りこぼす重要キーワードが数多くあるし、Yahoo!検索の結果は1000件までしか表示されないので、そういった制約もある。
またあまり大規模なサイトに対しては適応させるのは難しい。
※大規模なサイトに適用する場合は、クローラーを作ってtitle、meta keywords、meta description、hnを取得し形態素解析で単語を抜き出すといった処理が必要になってくる。

もっと精度を上げるなら、更にもうちょっと工夫と手間が必要になる。
特に手間は重要で、手間をかければどんどん精度は挙げられる。

しかし、基本的な考え方はこんな感じであり、他サイトを直接見る方法はないため、現状において非常に有力な手法であると考えている。

タグ

2013/12/09 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:essence

SEO世界を根底から揺るがす新アルコリズムを勝手に予想してみる


今回のテーマであるが、Googleにこれから導入されると私が思うアルコリズムを予想してみた。
まあ、あくまでも予想だが案外実現する可能性は低くはないという気はしている。

1.アフィリエイトタグを元に
 同一のWebマスターのサイトを紐付けるようになる

現時点でも技術的には実装は可能だろうが、冤罪が発生する可能性が大変高いためあえて実装していない、あるいは実験中かもしれない。

アフィリエイトタグを手がかりにして同一管理者のWebサイトを特定する。
あるサイトがペナルティを受けた場合に、ネガティブ評価の一つのシグナルとして使う。
このことだけで他のサイトがいきなりペナルティを受けるというわけではなく、他のネガティブな要素と組み合わさったらペナルティが発動するといった使い方になるだろう。

なぜ冤罪が発生するのかというと、例えば、
他人のブログのコメント欄や掲示板にアフィリエイトタグを貼る。
無料ブログなどでは自分が貼っていないアフィリエイトタグが自動的に貼られる。
といったことが起こるからだ。
でもこのような問題があるが、技術的にはクリアできそうな感じもするし、ペナルティ発動の小さなシグナルとして使うのであれば問題なさそうな気がする。

2.まとめの自動作成

現在NAVERまとめといったキュレーション系のサービスが大流行である。
確かにこれらのサービスは便利である。
その大きな原因は検索エンジンの機能がまだ足りないことにある。

現在の検索エンジンは一つのページを探すという目的のために作られている。
しかし、これでは用が足りないことが多い。

日本近海で採れるカニの種類を調べたいとする。

このような調べ事をしたい場合は、検索エンジン単体ではまったくもって無理である。
そのような知識をまとめたページを検索エンジンを使って探すことになる。

このようなことをネットで調べたいといったケースは大変多いため、NAVERまとめといったサービスには需要がある。

また現在の検索エンジンで最も不便だと思う点の改善にもつながる。
検索上位は同じような情報のページが占めてしまい、必要な情報が探せないことがある。
もし、類似情報を全て一つにまとめてくれれば、ページを数多く送って探す必要がなくなるかもしれない。

私のイメージとしてはこんなインターフェースである。
「日本近海で採れるカニ」
と検索すると、

日本近海で採れる蟹のSERPsから未来の検索を占う

こんな感じで表示される。むちゃくちゃ便利じゃないだろうか?
目的の情報へのアクセスのしやすさからいずれはこのようなまとめをGoogleが自動的につくるようになるのではないか?

と私は思ったりしている。
実際に現在でも下記のようなカルーセルと呼ばれる検索結果が導入されているので、まとめ機能をGoogleが実装する日は遠くないと思う。

「高倉健が出演した映画」と検索すると、こんな検索結果が出現する。

高倉健が出演した映画
※クリックすると拡大します。

3.範囲指定の導入

例えばショッピングといった分野では金額から検索することができる。
「液晶テレビ」とショッピング検索すれば、価格で絞り込むことができる。

これがもっと拡大されるのではないか?
と私は思っている。
現時点においては、ウェブマスターがタグ付けすることによってGoogleは金額などを見出している。
しかし、いずれはそんなことをせずとも文脈解析・図形認識などによって、

「この数字は横幅だろう」
「これは製品の色だろう」

といったことがいずれは自動的にわかるようになると思う。
そうすると、自分は木目調の家具で部屋をコーディネートしていたとする。
そんな場合に隙間に入る丁度いいサイズの木目調の家具とかを探せるようになる。

現在はこのようなインターフェースはECサイトなどにもないので、一気にGoogleはECサイトの実装すべき機能を先取りして実装しちゃうかもしれない。
そんな気がちょっとしている。

4.ランキング表示機能

「日本の高い山 順番」

と検索すると、富士山、北岳、奥穂高岳・・・といったように順番に表示されるって機能はできそうな気がする。

「日本 高い山」

と検索すると、検索2位に注目いただきたい。

なんとなくそんな感じである。
これを拡張したら多分イケるだろう。

5.文章のオリジナリティを解析する

私は今日のブログでは実はこれが一番書きたかったことである。
現時点においてコンテンツの価値を計る重要な要素は今でもリンクである。

リンクは比較的容易にスパマーから操作されてしまう欠点がある。
しかし、リンクを評価から外すことはあり得ない。Google登場前のスパムサイトのオンパレードの検索結果に逆戻りするだろう。
リンクに替わる評価基準はないだろうか?

私は一つあると思っている。
リンクを評価基準から外すのではなく、別の大きな評価基準を作るのである。

それは、一次情報がどれだけ存在するか?

である。
AはBである。
という関連性をコンテンツを解析して大量に抜き出す。
その関係性が初めて記述されたページをオリジナルとして認識して、一次情報とする。
このアルコリズムを実現することは非常に難しいが、原理的には不可能ではない。

現在の検索エンジンは基本的には共起語の有無によってしかコンテンツの内容の良否を判断できない。
ところがこのアルコリズムの導入によって、コンテンツの内容の正否と一次情報が判別できるようになる。

「タラバガニキャンディー」はタラバガニのキチン質の甲羅を使って作られた、新時代の健康志向のキャンディーである。
という文章が、田村製菓という小さい町の洋菓子店のホームページにあったとする。

タラバガニキャンディーはキャンディーだ。
タラバガニキャンディーはタラバガニによって作られている。
タラバガニキャンディーはキチン質が含まれる。
タラバガニキャンディーは健康に役立つ。

ますは田村製菓のホームページから上記のような関連性を見い出す。
この時点ではまだ評価としては未定だ。
正しいか?どれだけ評価すべきかわからないからだ。タラバガニキャンディーなるものは存在しないかもしれない。

その後それが楽天などに掲載された場合や、アフィリエイターや、はたまたテレビで取り上げられて様々に引用されたとする。
すると、上記のような関連性が様々なページ上に掲載される。
それによって、上記の関連性は正しいものとしてGoogleに認識されて、田村製菓のページの情報が一次情報として評価される。

こんなアルコリズムである。
ページのオーソリティが高い二次情報の方が上位表示されてしまったり、類似情報に一次情報が埋没してしまうことを防ぐことができる。

一次情報を加工した二次情報が氾濫しており、どれが正しい情報なのかさっぱりわからない状況が多々発生している。
私は少々二次情報の氾濫には以前からうんざりしているのだ。同意見の方もいらっしゃると思う。
真に貴重な一次情報を特定できるようになるのだ。

構文解析や、リアルタイムのインデックスといった非常に難易度が高いハードルがあるが、このアルコリズムが導入されればコンテンツの正当性を測る指標としてのリンクは価値を大きく減じるだろう。
SEOの常識を揺るがすアルゴリズム変更になるだろうが、みなさんはどう思われるだろうか?

タグ

2013/12/02 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:superficial

このページの先頭へ