SEOの観点から危険性のあるサービスの見分け方


私はSEO的な観点からダメになってしまうサービスを予言するのが結構得意である。
(残念ながらうまくいくサービスを予言するのは外れることが多いのが残念である)

うまくいくサービスを見抜くのは非常に難しい。
しかし、将来的にダメになるサービス、特に検索エンジンからの集客が大きなウエイトを占めているサービスについては結構当たる自信がある。

その見抜き方について今まで誰にも語ったことはないのだが非常に簡単だ。
秘密にしていたのではなく単に語る機会がなかっただけなので書いてみようと思う。

それは、

検索エンジンから嫌われるようなことをしているか否か

私が理解しているのは、細かな原則というよりももっと大くくりである。
大くくりの考え方を理解しておけば、SEOを非常に容易くとらえることができるようになるだろう。
その意味で今回の記事は役立つかもしれない。

大くくりの考え方としてよく言われることは、

有用なページを作ればよい

と言われる。
しかし、これだけではまだ全然Googleの本質を捉えているとはいえない。
Googleの考える有用なページと、世の中の一人ひとりが考える有用なページには当然のことながら差異がある。

Googleが考える有用なページとは何ぞや?

なのである。
以前も書いたことがあるのだが、優秀なSEO担当者はシステムエンジニア出身といった人は少なくて、営業担当者といった対人スキルが求められる職業の人が多い印象がある。
これが正しいのであれば、一つ有力な仮説が導かれると私は考えている。

営業担当者といった職業についている人は、相手の思考を先回りして先手を打って対応することが求められる。

こんなことを言ったら、彼はこんなことを思うだろうなとか、
こんな時だったら、彼女はこんなことを言いそうだな、

といったことを予測したり、想定したりすることがスキルとして必須だ。
SEOはこれに似ている。

Googleを人格として理解すると非常に腑に落ちるというか、とても納得が行くと私は常々感じている。
Googleとはこんな人というイメージを完全に伝えることができれば、少なくとも私がたどり着いたレベルまでは誰でも来れるはずだ。

イメージを言葉にして伝えるのは難しいが、そこを頑張って言葉にしてみたい。

一言で表現するならば、精神の貴族という言葉がふさわしいように思う。
ノブレス・オブリージュという言葉がある。高貴な人は地位に応じた高い義務を負うという意味だ。

Googleは私利私欲で動いていると解釈すると、SEOは理解できないだろう。
私利私欲から離れた責任感がある高貴な人物と考えると非常に分かりやすい。
ではもっと具体的に掘り下げてみよう。

第一にGoogleは公平である。
誰に対しても基本的にはえこひいきをしない。
基本的にという留保がつくのは、余りにも反社会的であるといった場合はごくたまに罰を下すことがある。といったケースだ。

第二にGoogleは無私である。
自らが権力であることを自覚しているが、その権力を自分のために使うことは絶対にない。

第三にGoogleは自らを騙そうとするものを嫌う。
公平ではあるのだが、自らを騙して便宜を図らせようとするようなものに対しては、毅然として罰を与えるべきといつも考えている。
しかしこのような罰を与えるのは、自らの力が強大であることを知っているゆえに、慎重であるべきでルールに従って厳格に運用されねばならないと常に自重している。

第四にGoogleは人間の労苦を出来る限り尊重しようとする。
人間が苦労して作り出した一次情報を尊重する。
コピーしたり、ちょっと加工したり寄せ集めただけの二次情報なんかにはさしたる価値はないと思っている。

こんな人柄である。
そこからどんな結論が帰結されるか。


第四が人々の解釈と大きく違うところだろう。
情報を加工したり、寄せ集めて見やすくしたりするだけではGoogleは評価しない。
この種のサービスはあるが、いずれは評価されなくなるはずである。

まとめるのではなく創造しなければならない。
現時点においてはまとめただけのページでも上がっているものも多数ある。
しかし、いずれはただまとめただけのページなのか?創造されたページなのか?を見極める厳格なルールを自分で見出してそれに従うはずだ。
ルールがなければ、恣意的に扱ったりしない。
一律に全員に適用でき、罰することが可能になるルールを見出した時に初めて実施する。

今は良くても、そのうち駄目になるまとめが多数発生するだろう。

もう一度書くのだ。

このような罰を与えるのは、自らの力が強大であることを知っているゆえに、慎重であるべきでルールに従って厳格に運用されねばならないと常に自重している。

ここが重要であると思うのだ。
ルールを自らに課して厳格に運用する。
つまり目についたからといって場当たり的に罰したりすることは基本的にはやらない。
何か新たな不正が発生した場合などには、それを手あたり次第に罰していくのではなく、その種の不正をルールとして定めて統一的に扱えるようにして初めて罰を下す。

こう考えると今はわかった上で泳がされていると思えるサービスもいっぱいあると解釈される。

今の状況はGoogleにとって是なのか?単に泳がされているだけなのかの判断は比較的容易なのではないか?と思うのである。


ちなみにブログのネタ募集中である。最近は特にネタ切れでしんどいのである。
もし、こんなことについて見解を教えて欲しいといったことがあれば、是非問い合わせフォームやtwitter、Google+などでお伝えくださいませ。

タグ

2014/12/15 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:essence

SEOにおいて金で解決できることとできないこと


世の中金が全てだという人はさほど多くはないだろう。
少なくとも私の周辺には存在しない。
しかし、そういう意見を持っている人はある一定数は存在しているはずである。

私はどうかというとお金には執着しない質だ。
しょせん、お金では値札がついているものしか買えないのである。
(まあ、大富豪といったレベルになれば、話も変わってくるだろうがまあ一般的な話としてだ)

自分が欲しいと思っている物事はそれなりにあるが、自分自身あるいはその周辺の人々の努力でしか手に入らないものばかりである。

SEOの知識や技術とか、プロジェクトを円滑に回すことができる能力とか、上手に文章を書けるようになることとか・・・、

色々たくさんある。これらのうちのたった一つでもお金では買えない。

SEOについて考えてみよう。

基本的には同じである。
日常の運用の全ては人の手を通じて実現される。

誰かの努力によってのみ達成される

と言い換えてもいいだろう。
金で解決できることとはでは何だろう。

これは実は簡単である。

ほとんどの場合個人が実現したいことは、自分自身の力によって達成したいという前提がつく。
しかし、サイトの運営で達成すべき目標というものは誰が行ったとしても何ら問題ない。

もし、金にモノを言わせて外部から優秀な人物を招聘すれば全て解決することができるはずだ。

しかし、これは考えないこととする。
金だけで解決できる問題は何か?
と問題を限定したい。

現実問題としてある程度潤沢に金は使えるプロジェクトはあっても、人を自由にできるプロジェクトはほとんど存在しないだろう。
人に関しては原則的に現有メンバーでプロジェクトを遂行するしかないのが通常は前提である。

さて、やっと本題に入ることができるのだ。

SEOで行うべきことを分解して金で何とかなるのかならないのかを一つ一つ考えてみたいのだ。

  1. 検索エンジンにやさしいサイト作り
    唯一SEOのテクニカルな側面であり、狭義のSEOとはこれを指すといってよい。

    強調したいキーワードを検索エンジンに伝える。
    クローラビリティを高める。
    論理的な構成を検索エンジンに分かりやすくする。

    といった実装をそのサイトに即してどのようにするのが最善かを考える仕事である。
    これを行わないと元々は100伝えるべき内容が、検索エンジンには20とか40ぐらいしか伝わらないといった状況になる。

    SEOに詳しい担当者がいない場合は、この部分だけは外部コンサルタントの助力をあおぐことが正解であることが多い。
    サイトの規模が大きく検索エンジンからの集客がビジネス上重要であれば、金を払って依頼するべきだ。
    このようなコンサルタントの報酬は安くはないが、費用対効果は悪くないのでお金で何とかすべき問題であると言える。

  2. コンテンツの作成
    コンテンツの作成がSEOなのか?というと難しい問題である。
    良いコンテンツこそが検索エンジンから評価されるというのが原則なので、検索エンジンからの集客には良いコンテンツが欠かせない。
    コンテンツはSEOと不可分なのだが、そのものはSEOではないと言えよう。

    テストでいい点を取ることを目的としていなくても、普段から勉強をしている人はテストでいい点が取れるのと一緒だ。
    コンテンツ作成は勉強であり、テストの点数は検索順位に譬えればよかろう。
    勉強をせずにいい点数だけ取ろうというのはズルをしなければ不可能であり本来のあり方ではない。

    コンテンツとSEOが不可分であるというのはこういうことである。

    コンテンツを作るのは外注が可能だ。
    ただし、企画といった部分のコントロールはある程度自分たちで行わねばならないだろう。

  3. 被リンクを得ること
    なんだかんだと言いながらも現在もまだリンクである。
    リンクが全くないサイトの順位が上がることは少ない。

    これは「はい」でもあり「いいえ」でもある。
    リンクと言うものは一種の人気投票のようなものだが、金を払ってサクラを動員するって方法、つまり人工リンクは金で買えるからである。

    しかし、あくまでサクラはサクラなので、サクラであることがバレてしまったら逆に人気が失墜するという現象が起きる。
    これがペナルティと呼ばれる現象だ。

    本当の人気は金では買えない。これが答えである。

  4. 検索エンジンからの集客戦略の立案
    そもそも論の話である。

    どのようなユーザーを集客するべきなのか?
    どうすればそのようなユーザーを検索エンジンから集客できるのか?
    集客しただけでは成功とは言えない。どうやってコンバージョンにつなげるかといった道筋はどうするか?

    といった諸々を考える必要がある。
    外部のコンサルタントに依頼することもできるだろうが、アドバイスの域を出ない。
    自社の商品、サービス、顧客を知っているのはあくまで自社の担当者だけである。

    これは金で部分的にしか買えない部分である。

さて、ここまで書いてきたが結局のところ、多くの部分は金で買えるが買えない部分もあり、買えない部分が重要なポイントでもある。

という非常に月並みな結論に落ち着いた。

とは言え、SEOサービスを購入するのはその会社なり担当者なりの力量を見抜く力が必要である。
品質の悪いSEOサービスをとんでもない金額で販売している会社もあり、高ければいいというものでもない。
ここが難しいところで、見極めがとても難しく自信がなければ、金を払うという選択肢は除外したほうがいいと思うのである。

タグ

2014/12/02 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:essence

このページの先頭へ