SEOにおいて金で解決できることとできないこと


世の中金が全てだという人はさほど多くはないだろう。
少なくとも私の周辺には存在しない。
しかし、そういう意見を持っている人はある一定数は存在しているはずである。

私はどうかというとお金には執着しない質だ。
しょせん、お金では値札がついているものしか買えないのである。
(まあ、大富豪といったレベルになれば、話も変わってくるだろうがまあ一般的な話としてだ)

自分が欲しいと思っている物事はそれなりにあるが、自分自身あるいはその周辺の人々の努力でしか手に入らないものばかりである。

SEOの知識や技術とか、プロジェクトを円滑に回すことができる能力とか、上手に文章を書けるようになることとか・・・、

色々たくさんある。これらのうちのたった一つでもお金では買えない。

SEOについて考えてみよう。

基本的には同じである。
日常の運用の全ては人の手を通じて実現される。

誰かの努力によってのみ達成される

と言い換えてもいいだろう。
金で解決できることとはでは何だろう。

これは実は簡単である。

ほとんどの場合個人が実現したいことは、自分自身の力によって達成したいという前提がつく。
しかし、サイトの運営で達成すべき目標というものは誰が行ったとしても何ら問題ない。

もし、金にモノを言わせて外部から優秀な人物を招聘すれば全て解決することができるはずだ。

しかし、これは考えないこととする。
金だけで解決できる問題は何か?
と問題を限定したい。

現実問題としてある程度潤沢に金は使えるプロジェクトはあっても、人を自由にできるプロジェクトはほとんど存在しないだろう。
人に関しては原則的に現有メンバーでプロジェクトを遂行するしかないのが通常は前提である。

さて、やっと本題に入ることができるのだ。

SEOで行うべきことを分解して金で何とかなるのかならないのかを一つ一つ考えてみたいのだ。

  1. 検索エンジンにやさしいサイト作り
    唯一SEOのテクニカルな側面であり、狭義のSEOとはこれを指すといってよい。

    強調したいキーワードを検索エンジンに伝える。
    クローラビリティを高める。
    論理的な構成を検索エンジンに分かりやすくする。

    といった実装をそのサイトに即してどのようにするのが最善かを考える仕事である。
    これを行わないと元々は100伝えるべき内容が、検索エンジンには20とか40ぐらいしか伝わらないといった状況になる。

    SEOに詳しい担当者がいない場合は、この部分だけは外部コンサルタントの助力をあおぐことが正解であることが多い。
    サイトの規模が大きく検索エンジンからの集客がビジネス上重要であれば、金を払って依頼するべきだ。
    このようなコンサルタントの報酬は安くはないが、費用対効果は悪くないのでお金で何とかすべき問題であると言える。

  2. コンテンツの作成
    コンテンツの作成がSEOなのか?というと難しい問題である。
    良いコンテンツこそが検索エンジンから評価されるというのが原則なので、検索エンジンからの集客には良いコンテンツが欠かせない。
    コンテンツはSEOと不可分なのだが、そのものはSEOではないと言えよう。

    テストでいい点を取ることを目的としていなくても、普段から勉強をしている人はテストでいい点が取れるのと一緒だ。
    コンテンツ作成は勉強であり、テストの点数は検索順位に譬えればよかろう。
    勉強をせずにいい点数だけ取ろうというのはズルをしなければ不可能であり本来のあり方ではない。

    コンテンツとSEOが不可分であるというのはこういうことである。

    コンテンツを作るのは外注が可能だ。
    ただし、企画といった部分のコントロールはある程度自分たちで行わねばならないだろう。

  3. 被リンクを得ること
    なんだかんだと言いながらも現在もまだリンクである。
    リンクが全くないサイトの順位が上がることは少ない。

    これは「はい」でもあり「いいえ」でもある。
    リンクと言うものは一種の人気投票のようなものだが、金を払ってサクラを動員するって方法、つまり人工リンクは金で買えるからである。

    しかし、あくまでサクラはサクラなので、サクラであることがバレてしまったら逆に人気が失墜するという現象が起きる。
    これがペナルティと呼ばれる現象だ。

    本当の人気は金では買えない。これが答えである。

  4. 検索エンジンからの集客戦略の立案
    そもそも論の話である。

    どのようなユーザーを集客するべきなのか?
    どうすればそのようなユーザーを検索エンジンから集客できるのか?
    集客しただけでは成功とは言えない。どうやってコンバージョンにつなげるかといった道筋はどうするか?

    といった諸々を考える必要がある。
    外部のコンサルタントに依頼することもできるだろうが、アドバイスの域を出ない。
    自社の商品、サービス、顧客を知っているのはあくまで自社の担当者だけである。

    これは金で部分的にしか買えない部分である。

さて、ここまで書いてきたが結局のところ、多くの部分は金で買えるが買えない部分もあり、買えない部分が重要なポイントでもある。

という非常に月並みな結論に落ち着いた。

とは言え、SEOサービスを購入するのはその会社なり担当者なりの力量を見抜く力が必要である。
品質の悪いSEOサービスをとんでもない金額で販売している会社もあり、高ければいいというものでもない。
ここが難しいところで、見極めがとても難しく自信がなければ、金を払うという選択肢は除外したほうがいいと思うのである。

タグ

2014/12/02 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:essence

このページの先頭へ