よく流布している古いSEO知識について

superficial

SEOの知識ほど陳腐化の早い知識もそうそうないのではないだろうか?
ITはそもそもそういう分野であるのだが、特にSEOは陳腐化が早いと思う。

昨日の知識が間違いになってしまっているかもしれない技術分野はそうそうはない。

なので私はSEOの技術を追わず、本質を追求することをお勧めしたい。
詳しくは、正しいSEOの戦略に書いたとおりである。

Googleが目指している究極の場所は決まっているのだから、それを目指してSEOすればいい。
Googleの目指す究極の場所とは、コンテンツの価値を正しく判断して、検索意図に対する適合性の高い順番に正しく並べて表示させることである。

だから、究極的にSEOとは、

ユーザーの検索意図を洞察し、充足させるコンテンツを作ること

に他ならない。

究極的にはSEOとはそのようなものだ。
しかし、SEOのテクニカルな知識を覚えると、大きく有利になる。
究極の場所にたどり着くまでの道のりはまだまだ果てしなく遠いからだ。

だから、Googleに対して正しくコンテンツの価値を評価させるための手がかりを与える必要がある。

手がかりを与えることが現在のSEOである。
Googleはコンテンツを正しく評価したいと思っている、でもできない、だからWebマスターはGoogleに協力してやる必要がある。
正しく評価させる(過大に評価させる方法をSEOと呼ぶ人もいるが、それは最適化ではないのでSEOではない)方法をSEOと言うのだ。

さてようやく本題。

正しく評価させる方法は日々変わる。
それはGoogleが日々進化しているからだ。

昨日までは重要な手がかりであったことが、今日まったく無効になってしまっていたり、場合によっては逆効果になったりすることがある。

そんな古くなったSEO知識を書いてみる。
このブログを読む人は知っている事ばかりかもしれないのだが、世間では意外に知られていなかったりするのだ。

1.meta keywordsは重要である

これはかなり古いSEO知識。
こんなことをいまだに書いている作者や、そんなことを言っているWebコンサルタントがいたらSEOについてはド素人だと思っていい。
今だにいるのだが、まるで化石である。

実際は完全に不要である。Googleはmeta keywordsについて評価していないからだ。

むしろmeta keywordsは設定しないことを推奨したい。
私は競合サイトのSEOに対する取り組みの状況をよく調査するが、まず真っ先にmeta keywordsを見る。
競合にどのkeywordを意識しているかという情報を与えてしまうだけ損だと思うのだ。

2.meta descriptionは上位表示の重要な要因だ

これも1.と同様にかなり古いSEO知識。
まったく順位計算には関係ない。

しかし、全く必要ないわけではない。
descriptionに設定した文章は、検索結果に表示される。
検索キーワードを含めるのではなく、検索ニーズに応じた魅力的な文章を設定することでクリック率が上がり訪問者を増やすことができるため重要なのだ。

当ブログではdescriptionについても設定していない。
これは趣味で運営しているブログであるため、面倒なのでやっていない。
皆さんは是非設定してください。

1.2.についてはSEOのホワイトハットジャパンさんのMETAタグ(keywords description)の使い方に詳しいので、更に情報を集めたい方は読んでみると良いだろう。

3.ディレクトリの階層が浅いほうが上位表示する

今はそんなことはべつにない。
少々前であるが、SEOの噂を検証するという記事を書いたのでご覧いただければと思う。

4.プレスリリースはSEO効果がある

ValuePress@Pressといったプレスリリース配信代行サービスは、様々なWebの媒体にプレスリリースが掲載されることを売り物にしている。

ValuePressは提携サイト数90、@Pressは同じく86と書いてある。
これだけのサイトからリンクされるのであるから、被リンクの効果絶大と言われたものだ。

しかし、現在プレスリリースそのものにSEO効果はないと思った方がよい。
このようなプレスリリース配信サービスを利用した法人の多数のWebサイトについて、検索順位が上昇しているかを継続的に追跡したことがある。

際立った効果はなかったというのが結論である。

Googleはこのような同一の情報からのリンクについて、同一の情報であると認識しているのだろう。
効果がないだけだけだったらいいかもしれない。
しかし、プレスリリースには危険があるかもしれないのだ。

「プレスリリースは広告と同じ、リンクにはnofollowを付けるべき」とGoogleのジョン・ミューラー氏という鈴木謙一氏の先月の記事(2013/07)を読まれた方も多いだろう。

全てのプレスリリースにnofollowがつくわけもない。
そのことが即危険につながることを意味するわけではないのだが、プレスリリースはGoogleの非推奨の行為となってきたと言える。

SEO目的でのプレスリリースは効果は少なく、リスクがあるため今となってはおすすめできない施策となったわけだ。

5.重要なページにのみリンクジュースを流すためにnofollowを用いる

これは渡辺隆広氏のSEMリサーチの下記の記事に詳しい。
SEO:Google、nofollowリンクの仕様変更、「PageRankスカルプティング」無効に

簡単に例を上げて説明してみよう。
あるページの持っているGoogleの評価が100だったとする。

そのページからリンクが10本張られていれば他のページに対して、単純計算で100割る10となり、10ずつ評価が渡るってわけだ。
ところがSEOの観点から不要なページについてはnofollowにすることで、他のページに評価を多く渡せることにより、重要でないページにはnofollowをつけるテクニックだ。
5本のリンクにnofollowをつければ100割る5となり、20ずつ評価を渡せる。

ところが現在では、nofollowをつけても他のページに多く評価は渡らない。
5本のリンクについているnofollowについてリンク数に含まれるが、リンクの評価は渡らない。
つまり計50しか評価はリンク先に渡らず、残りの50の評価は消滅してしまう。


なんでこんな記事を書いたのかというと、このような古いSEO知識が流布しており、しかもそれが比較的新しい情報源に存在していたからだ。
2012年に発行された本であれば、その直前ぐらいまでのSEOの知識については間違いないと普通は思うだろう。

しかし、2012年の情報であるにもかかわらず、5.のPageRankスカルプティングが堂々と書かれていたりなんかするようだ。
だから、私は危険を喚起しておきたいのだ。

ではどうすればいいのか?

確かな情報源から情報を仕入れるしかない。

SEOのテクニカルな問題を解決するために適切な情報の入手先であるが、まずは以下の3冊の書籍をお勧めしたい。

「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書 」は非常に古いが、SEOの本質を理解するためにお勧めできる。
「WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル」は比較的新しいため、テクニカルな意味でもほとんど古くなってはいない。
初心者の人には、読みやすいので一番お勧めかもしれない。

書籍はしかし古くなるのが宿命であり、また実務で困ったときの様々な情報を得られることは少ない。
そんな時はSEOブログを読むことになるだろうが、SEOブログはまさしく嘘八百が書かれている事が多く、どんなオカルトですか?というような奇怪なSEOの知見が書かれていることもある。

そこで以下のブログをお勧めしておきたい。
自分の知りたい情報についてググった時に、これらのブログの中に書かれていることはほぼ間違いない。
また、現在も更新されており信頼出来る情報源である。
(古い記事についてはアップデートされていない可能性があるので、そこだけ要注意)

ちなみに並び順はサイト名をエクセルで自動的に昇順に並べ替えを行ったものであり特に意味はないことをお断りしておく。

1.SEOの権威が執筆しているブログ

  1. SEMリサーチ
    SEMリサーチ
    企業で働くウェブマスター向けに、インターネット検索やSEOの専門的な話題を扱います
  2. SEO Japan
    アイオイクスのSEOコンサルティングサービス|SEO Japan
    SEO Japanは2002年設立のアイオイクスが運営する海外の最新SEO対策・CRO情報ブログです。 海外の著名なWEBマーケティング情報サイトと提携し、最新記事・注目記事を翻訳してお届けしています。 また定期的にWEBマーケティング関連の海外イベントに参加し、レポートを配信しています。
  3. SEO 検索エンジン最適化 – 自分で施策するための最新SEO情報サイト
    SEO検索エンジン最適化
    SEOを中心に、中小企業が社内でサイトを内製運用するための方法や知識を掲載しているほか、忙しいWebサイト運用担当者に最適な最新ニュースも配信しています。
  4. web>SEO | SEO辻正浩のブログ
    web > SEO
    SEO(Search Engine Optimizer)辻正浩の個人ブログ。いろいろ気になったことを書いています。
  5. パシのSEOブログ
    パシのSEOブログ
    SEO対策について初心者の方にも分かりやすく解説するSEOブログ。Yahoo!とGoogleの上位表示やSMO(ソーシャルメディアの活用)により、企業サイトや個人サイトのアクセスアップを図る方法を紹介します。
  6. 海外SEO情報ブログ
    海外SEO情報ブログ
    海外発の検索エンジン最新情報を配信するSEOブログ

2.Googleによる公式発表

  1. Google Webmaster Central 日本版 公式ブログ
    Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA]
    Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報

3.有用なSEOブログ

  1. Re:very
    Re:very | あらゆるコトを少しずつ。
  2. SEMアドバイザーの揺さBrain!
    SEMアドバイザーの揺さBrain!
    SEO情報や商売・マーケティングのヒントを発信。目的は貴方の脳(=brain)を揺さぶる事です。セルフSEOとアイデア出しをお手伝いします!
  3. SEO Imagination
    SEO Imagination!ブログ - 北海道札幌からSEO情報を配信
    SEO Imagination!ブログは、札幌で活動するフリーのSEOディレクター伊藤公助のブログです。SEOやSEMなどの情報を配信していきます。
  4. SEOだけじゃない Web集客コラム
    SEOだけじゃないかもWeb集客コラム
  5. SEOとその周辺
    SEOとその周辺
    昔のSEOのブログです
  6. SEOのホワイトハットジャパン
    SEOのホワイトハットジャパン
    ロングテールでスモールキーワードを狙い、完全にホワイトハットな施策でアクセスを増やす集客方法を解説します。
  7. SEOまとめ
    http://www.seo-matome.jp/
  8. Webutubutu!
    WEBUTUBUTU
    Web Design and Others.
  9. WEB戦略ラウンドナップ
    Web戦略ラウンドナップ アーカイブ - 全国対応・中小企業専門【ラウンドナップ・Webコンサルティング】
    うわべではなく、ビジネスの所から相談して進めたい、だけど、Webコンサルは敷居が高く感じる…とお悩みの企業の方へ
  10. アフィリエイト野郎
    アフィリエイト野郎!
    このサイトは、アフィリエイトとは?という方のためのサイトです。アフィリエイト野郎では、これからアフィリエイトを始めようという方や初心者の方に、どのようなサイトを作っていけば良いのかを解説していきます。アフィリエイトは社会不適合者の最後の希望です。誰でも簡単に利益が出せるようなテクニックはありませんので、コツコツとサイト...
  11. クロスウォークのSEOブログ
    クロスウォークのSEOブログ
  12. バカに毛が生えたブログ
    バカに毛が生えたブログ(バカ毛)
    スマホ・AMP・SSL対応した 4th season
  13. ムラウェブドットネット
    ムラウェブドットネット
    SEOとかSEM、Googleアナリティクスなどを中心にWebマーケ関連の事を書いてみるブログです
  14. 世界へボカン通信
    コラム
    英語圏の越境ECに特化したWebマーケティングを&#3...
  15. 葬儀社のためのSEO
    鎌倉新書のグループサイト

※手前みそで恐縮です・・・。


最後にPRであるが、日本人対象の唯一のSEOのGoogle+上のSEOの公開コミュニティ、SEO同好会メンバー募集中である。
初心者歓迎のゆるーいコミュニティを目指して運営中。
現在120名を超え、活発に発言するメンバーが増えてきて盛り上がってきていて面白い感じである。

興味のある方は是非ご参加下さいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました