イメージ画像

SEOにおける戦術と戦略


今回のテーマであるが、

SEOにおける戦術と戦略

について語ってみたいと思う。

「戦術」と「戦略」という言葉の違いである。

2つの違いが何事においても大切だと私は考えている。
実は元々軍事の用語である。

戦略というのは目的を達成するための大枠を定めること。

例えば、日米開戦の時に日本の考えた戦略はだいたいこんな感じらしい。
(ものすごく大雑把)

日本に対しては当時石油を輸出を止められていたから、石油を確保するためインドネシア方面を確保しなくてはならない。
その次に石油を確保できたとしても日米の国力差は余りにも大きいので、短期で戦争を終結させないとならない。
そのためには、太平洋上の島々を占領し航空基地を作り、航空基地網の中に入り込んだ米国の艦隊に対し、空母を中心とした戦力を集結させ決戦により壊滅させ、米国の戦意を奪い有利な講和に持ち込む。

このように大局的な目的に至るまでの道筋を立てることを戦略という。

それに対して、戦術というのは個々の戦闘において勝利するための作戦のことである。
例)
何でわざわざこんなことを書いたのかというと、これが言いたかったからである。

戦術の成功によって、戦略の失敗をつぐなうことはできない

これが原則だ。
戦略という大枠の考え方を間違えてしまった場合は、個々の戦闘で勝利したとしても最終目的を達成することはできない。

  • 国家が持っている生産力を何にどれだけ割り振るか?
  • どんな目的をもった兵器を開発するか?
  • 部隊の編成はどのようにするか?
  • 個々の兵員に対しどのような訓練を施すか?
  • どの地域を重点的に強化し輸送路を確保するか?

といったことが戦略によって決まってくる。
戦略が間違えると、これらが全て間違えるため取り返しがつかないのである。

実は軍事だけではなく全てのビジネスに戦略と戦術は存在する。

当然のことながらWebサイトの運営にも戦略と戦術が存在する。
実は、Googleの公式ウェブマスターフォーラムの質問を見ていて思うことがあって、今回のテーマを書くことにしたのだ。

多くのWebサイトにおいて、

  • 戦略そのものがない
  • 戦略が根本的に誤っている

と、感じているのである。

SEOはあくまで戦略の一部分である。
それそのものが目的ではない。
ここを誤ることによってそもそもの戦略そのものが間違う。
下の枠囲みの1~3は私が見た典型的な、間違った戦略の例である。

1.キーワードの上位表示そのものが目的となっていて、それさえ叶えば目標が達成できるという勘違い

大多数のキーワードは、そのキーワード一つが上位表示を成し遂げたとしても、それほど大きな集客には繋がらない。

言い換えれば、個々のキーワードでの勝利は戦術における勝利と言える。
でも、大した成果が得られない。
戦略が誤っているとこういうことになる。

2.ペラサイトを大量に作れば、何らかのキーワードで上位表示されるから集客できる

※ペラサイトとは1ページ程度しかページがなく、かつ数時間以内程度で作れる程度のサイトのこと。

個々のペラサイトを作り方は戦術と言えよう。
非常に検索回数の少ないキーワードであれば、集客できることは確かであり、戦術的には小さな勝利を積み重ねることができる。
しかしながら、検索結果からページに誘導されてきても、直後に離脱される確率が高い。
また、検索エンジンからの評価をいつ失うか分からないというリスクがある。

こんな手間をかけるぐらいなら一つのサイトに手間をかけたほうが財産となって残るのでよっぽどいいと思う。

3.ナチュラルリンクを大量に集めているサイトに対し、用意できるリンクで勝とうとする

ナチュラルリンクを集めているサイトは、SEOのみならずソーシャルによる集客や他のサイトからの集客もある。
かつ検索エンジンからの評価も高い。
このようなサイトに対して、力づくで勝とうとしても難しいし、また自作自演被リンクからはアクセスも集められない。
更に言えば、検索エンジンからの評価を失うというリスクとも背中合わせだ。
有料ディレクトリの採用というやり方も、あくまで一戦術に過ぎず効果は限定的だ。

ナチュラルなリンクを得ることを中心とした戦略に転換する必要があるだろう。


どのように集客して、どのようにコンバージョンするか?

大枠といえる戦略が大切で、戦略が決まれば個々の戦術に落としこむのが本来の姿である。
戦略がないというのは論外であり、また戦略が間違っているばあいは全ての戦術が徒労に終る。

吟味して正しいと考えられる戦略を立て、戦術を淡々と実行していくのがSEOのみならずWebサイトで目的を達成する方法である。

最後になるが、日本は米国に対し敗北したことは皆さんご存知だろう。
それも結局戦略が間違っていたからである。
前述の戦略をご覧になって、ずいぶん大雑把だし、運良くこのとおりうまくいったとしても戦争に勝利できないと感じるだろう。

実際に、日本軍には勝利するための戦略がなかったと考えられている。
戦う前に既に負けていたと言える。
防衛省 防衛研究所論文:太平洋戦争開戦時の日本の戦略


参考URL
SEO Japan「初心者ウェブ担当者のためのSEO戦略ガイド

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ